メインメニューを開く

D』(ディー)は、1999年に製作された実写特撮オリジナルビデオ作品。その後、「東京ファンタスティック映画祭」での上映や、2000年には映画館での上映も行われた。

D
監督 岡部暢哉
脚本 岡部暢哉
お~いとしのぶ
笠井晶次朗
撮影 柴主高秀
製作会社 ビルドアップ
公開 日本の旗 2000年2月19日
上映時間 30分×3話
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

登場人物編集

登場メカニック編集

  • コンバットスーツ
    • ソ連により製作された機動兵器。試作品を含め、Cタイプまで製作された。装着することにより戦車並の装甲と戦況に応じて様々な兵装をつけることができる。また、生体コードを登録しておかなければならない。装着者以外の人間が装着すると自動的に爆発する。川俣たちがソ連から強奪し、日本に亡命する際、作りあげたのが世界に一台しかないDタイプである。兵装は右腕にワイヤーが常備されている。主に遠距離用の武器がほとんどである。

武器編集

  • グレネードランチャーMM-1
    全装弾を6秒で発射できる擲弾発射器。最大射程は120mであるが比類なき破壊力を持っている。40mmの特殊グレネードランチャー弾を使用している。全長546mm、重量9,000g、弾は12発まで装弾できる。
  • AK-47 カスタマイズド Kawamata Special
    ロシアAK-47カラシニコフ自動小銃)を川俣が独自に改造したものである。使用する弾は特殊弾頭の小型銃弾である。5.45mm×39弾を使用している。全長940mm、重量3,420g、弾は30発まで装弾できる。
  • アンチ・マテリアルライフル バートレット M-82A1
    連続射撃可能のセミ・オートマチック。最強の大口径狙撃銃徹甲弾焼夷弾、焼夷徹甲弾他、貫通性の高い弾丸、爆裂性の高い弾薬などを戦況に応じて使い分けられる。12.7mm×99APFESDS弾を使用している。全長1,447mm、重量12,900g、弾は10発まで装弾できる。
  • U.S.M60 GPMG
    アメリカ軍の分隊支援火器として採用された名銃である。車両やヘリコプターにも搭載されており自由な射撃性能を誇っている。7.62mm×51弾を使用している。全長1,105mm、重量10,500g、メタルリンクで装弾は無限大であり、発射速度は毎分550発。
  • ロケットランチャー AT-4
    有効射程距離300m、厚さ450mmの装甲をも貫通するHEAT弾を発射する対戦車兵器。Dには2門装備されている。84mm滑空弾を使用している。全長1,000mm、重量6,700g、装弾は1発のみ。

外部リンク編集