F1パドック殿堂(エフワンパドックでんどう、: F1 Paddock Hall of Fame)は、自動車レースフォーミュラ1(F1)関係者に関する表彰の一つ。2018年に創設された。2019年現在の表彰者は計42名[1]

概要編集

2018年現在F1を運営するリバティメディアが、F1に対し長年(概ね25年以上)貢献してきた関係者を表彰するために創設したもので、第1回の表彰は2018年イタリアグランプリを開催中のモンツァ・サーキットにて行われた[2]。第1回の選考はロス・ブラウンチャーリー・ホワイティングマウリツィオ・アリバベーネマーティン・ブランドルの4名による委員会によって行われ、計33名が選出された[2]。年1回程度のペースで同様の選考を行い表彰を行う方針であり、第2回は2019年9月に発表された[1]

類似するFIA殿堂(FIA Hall of Fame)が原則としてF1やFIA 世界耐久選手権(WEC)のドライバーズチャンピオン経験者を対象としているのに対し、主にメディア関係者やF1チームの広報担当者、F1を長年取材するジャーナリスト自動車評論家)、カメラマンなどを対象としているのが大きな違い。だが、デビッド・クルサードデイモン・ヒルのような元F1ドライバーも(テレビのF1中継解説者としての立場で)表彰を受けている。

2019年現在、日本からは川井一仁が唯一対象者に選ばれている[3]

表彰者編集

2018年編集

  •   Fredrik Af Petersen
  •   Gianpiero Agosti
  •   Pino Allievi
  •   Bernard Asset
  •   Ralf Bach
  •   Marie-Claude Beaumont
  •   Roger Benoit
  •   Stefania Bocchi
  •   Ann Bradshaw
  •   Agnes Carlier
  •   Ercole Colombo

2019年編集

  •   Mike Doodson
  •   Andrew Green
  •   Modesto Menabue
  •   Steve Nielsen
  •   Suzanne Simmonds
  •   Steve Smith

脚注編集

[脚注の使い方]