メインメニューを開く

FN F2000は、FN社が2001年に開発したブルパップ方式アサルトライフルである。5.56x45mm NATO弾 (SS109) を使用する。

FN F2000
Pripadnik Slovenske vojske.jpg
F2000を装備したスロベニア軍兵士
FN F2000
種類 小銃
製造国 ベルギーの旗 ベルギー
設計・製造 FNハースタル
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 400mm
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
装弾数 30発(箱型弾倉
作動方式 ガス圧利用(ショートストロークピストン式)、ロータリーボルト
全長 694mm
重量 3,600g
グレネードランチャー装着時:4,600g
発射速度 850発/分
銃口初速 900m/秒
有効射程 500m
歴史
配備先 ベルギー軍スロベニア軍サウジアラビア軍パキスタン軍リビア軍
バリエーション F2000 タクティカル
F2000S
FS2000
FS2000 タクティカルブラック
テンプレートを表示

目次

概要編集

モジュール式を採用したブルパップ式アサルトライフルで、独自の前方排莢機構を持つ。アメリカOICW[注 1]の対抗として開発された。将来的に火器統制装置 (FCS) を装備する必要性が生じた場合に対応できるように部品(モジュール)を交換することができる。

スタンダード型は上部に1.6倍スコープを搭載しているが、F2000 タクティカルは取り外し可能なフロントサイトと折りたたみ可能なリアサイト、ピカティニー・レールを搭載しているために、ダットサイトなども装着が可能。また、操作性に優れたGL1 グレネードランチャー(EGLM:Enhanced Grenade Launcher Module、発展型榴弾発射モジュール)を装備することができる。マガジンSTANAG マガジン。ただし、防塵用のパッキンがついているため、M16と違いマガジンキャッチを押しただけではマガジンは抜けず、マガジンキャッチを押しながらマガジンを引き抜く必要がある。

 
GL1 グレネードランチャー
 
F2000S

民間用にセミオートのみで、バレルが少し延長されたFS2000がある。FS2000の他、F2000 スタンダード型に酷似したFS2000 スタンダード[1]やF2000 タクティカルに酷似したFS2000 OD グリーン・タクティカル・セミオートカービン[2]や光学サイトの代わりにピカティニー・レールが装備され、ハンドガードを取り外した代わりに3面ピカティニー・レールが装備されたFS2000 タクティカルブラック[3]がある。

設計編集

同社製のブルパップ式サブマシンガンP90同様、人間工学に基づいた設計がなされている。銃口付近から前方に排莢されるため、左利きでも取り回しが容易であるだけでなく、状況に応じ左右どちらでも構えることができる。 また、ブルパップ式で言及されることの多い「構造上、レシーバーと射手の顔が近く、作動音や硝煙が射手の健康を害する」という欠点に対しても一定の配慮がなされており、密閉性を高めたレシーバーから発生した作動音と硝煙が前方へ逃げるように設計されている。

また、この方式では、空薬莢がレシーバーから排莢口までの長い通路を通過する間に撃発直後の熱がある程度冷却されてから排出されるため、自動小銃を用いた集団戦闘などで懸念される「排莢された熱い空薬莢」が同僚に火傷を負わせたり集中力を削いだりする事態を未然に防ぐことが期待できる。

一方で、この構造は薬室と排莢口が大きく離れていることから、弾詰まりなどのトラブルに対処しづらくなる。そのため、薬室付近に「インスペクションポート」というハッチを備え、薬室にアクセスしやすくなっている。インスペクションポートを開けると、空薬莢を排莢口に送るためのメカニズムを見ることができる。排莢口には開閉式の蓋がついているが、閉めていても1発撃つだけで空薬莢に蹴られて開くため、射撃するためにわざわざ開ける必要はない。

採用国編集

ベルギー軍で制式採用小銃としてSCARが選定され、アメリカ軍がF2000よりSCARに興味を示している事もあって、主力小銃として採用しているのはスロベニア軍のみである。

F2000S(Sはスロベニアを表す)と称されるこのモデルは、レシーバー上部[注 2]ピカティニー・レール[注 3]が取り付けられ、スコープやエイムポイント社製ダットサイトが装着できる。2006年に6,500丁を購入し、2012年までに14,000丁を導入する事が決定した。これは、EU並びにNATOの所属となるのに併せて、弾薬規格を東側から西側に切り替える行動の一環であり、40mm擲弾を使用するEGLMも既に配備されているようだ。これ以外では、サウジアラビア軍が50,000丁を発注しているほか、インドパキスタンも発注している。

登場作品編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 現時点[いつ?]では、XM29 OICWのみ。
  2. ^ レシーバー上部の製造はFN社ではなくスロベニアのAREX社。
  3. ^ F2000 タクティカルとは異なり、キャリングハンドルも兼用する。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集