メインメニューを開く

G210国道(G210こくどう/国道210線、G210線)は中華人民共和国内モンゴル自治区包頭市から広西チワン族自治区南寧市を結ぶ全長3097kmの中国の国道である[1]。包頭より南に向かい、内モンゴル自治区、陝西省四川省重慶市貴州省、広西チワン族自治区の六つの自治区直轄市を通り中国大陸を南北に縦貫して南寧に至る[2]。簡称は包南線(ほうなんせん)である[3]。包頭からオルドスまでは包神線中国語版に、楡林から綏徳県田荘鎮までは包西線に、延安市宝塔区李渠鎮から黄陵県龍首鎮までは西延線中国語版に、達州市万源市から通川区までは襄渝線に、重慶から貴陽までは川黔線に、貴陽から貴定までは湘黔線に、貴定から河池までは黔桂線中国語版に沿っている。

中国の国道
Kokudou 210(China).svg
G210国道
G210国道
路線延長 3,097km
起点 内モンゴル自治区包頭市
主な
経由都市
陝西省
四川省
重慶市
貴州省
終点 広西チワン族自治区南寧市
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

里程表編集

主な接続路線編集

内モンゴル自治区編集

陝西省編集

四川省編集

重慶市編集

貴州省編集

広西チワン族自治区編集

関連項目編集

註釈・参考資料編集