メインメニューを開く

メンタルバランスチョコレート GABA(メンタルバランスチョコレート ギャバ)は、は、江崎グリコが販売しているチョコレートである。

GABA
販売会社 江崎グリコ
種類 チョコレート
販売開始年 2005年[1]
完成国 日本の旗 日本
外部リンク https://cp.glico.com/gaba/index.html
テンプレートを表示

2016年9月より機能性表示食品化されている[1]

概要編集

チョコレートに機能性を付加することを目的に開発されたチョコレートであり、一時的や心理的なストレスを低減する機能があると言われるGABA(γ-アミノ酪酸)が通常より多く含まれている。チョコレートの原料のカカオにもとから含まれているγ-アミノ酪酸をさらに増加させるため、GABAにはγ-アミノ酪酸を濃縮したGABAパウダーを投入し、チョコレート100gあたり280mgのγ-アミノ酪酸を含有させている。事務的なストレスをかかえやすいビジネスシーンを想定して開発されたチョコレートであり、手にべたつかないひと口サイズであったり、デスクの上を転がりにくくするようにサイコロ型にするなどといった工夫がなされている。発売当初の容器は机に置きやすいアルミ缶と携帯するのに便利なパウチを採用したが、2009年にアルミ缶のものを現在のスタンドパウチのものに変更している[2][1]

GABAパウダーを入れるとチョコレートの風味に影響が出ることが懸念されたが、香料の組み合わせ等を試行錯誤した結果、解消している[2]

商品ラインナップ編集

2019年現在

  • スタンドパウチ<ミルク>
  • スタンドパウチ<ビター>
  • フォースリープ<まろやかミルク>
  • ちょい食べパック<ミルク>

関連項目編集

  • LIBERA - 同じ江崎グリコが販売している機能性表示食品のチョコレート。

脚注編集

  1. ^ a b c “グリコ「GABA」がオフィスチョコの立役者になるまで”. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2016年12月3日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/195016 2019年10月10日閲覧。 
  2. ^ a b 商品開発研究所で聞いた「メンタルバランスチョコレートGABA」人気の理由”. 【公式】江崎グリコ(Glico). 2019年10月10日閲覧。

外部リンク編集