GWINKO

日本の女性歌手、女優

GWINKO(ぎんこ、1973年6月4日 - )は、日本歌手沖縄県出身。

GWINKO
出生名 金城吟子
別名 美良樹みらい吟呼ぎんこ
生誕 (1973-06-04) 1973年6月4日(49歳)
出身地 日本の旗 日本 沖縄県
ジャンル J-POPR&Bファンク
職業 歌手
活動期間 1987年 - 1994年, 2020年 -
レーベル CBS・ソニー→Sony Records
1987年 - 1991年
メディア・レモラス1994年
事務所 CSアーティスツ
1987年 - 1993年
共同作業者 西村麻聡,大沢誉志幸,久保田利伸
プリンス

2020年現在、喜納昌吉とともに、「KINA&GWINKO WORLDCHAMPLOO」で活動中。

経歴編集

GWINKOは沖縄アクターズスクール第1期生。1986年CBS・ソニーのオーディションに合格後、上京する。アクターズスクール出身アーティストの先駆けとなる。

1987年9月2日にシングル「STAR SHIP-I'm going high-」、同月21日にアルバム『「YESTERDAY TODAY FOREVER』(CBS・ソニー)でメジャーデビュー。デジタルサウンドを前面に押し出したR&Bをややハスキーで伸びやかなボーカルで歌い、シャープなダンスでキメるスタイルは、のちのアクターズスクール出身歌手のひな型となった。

1988年夏、CBS・ソニー創立20周年記念コンサート『NEW BLOOD 88-89』に参加。同年秋、大沢誉志幸プロデュースのEPIC・ソニー創立10周年記念クリスマス・アルバム及びライブ『Dance To Christmas』の参加で注目を集める。

1989年夏、『NEW BLOODS』の一員[1]として全国7ヶ所を巡るライブツアー『NEW BLOODS presents Funk a Hips Live Show』に参加。同年10月から音楽番組『ヒットスタジオR&N』で古舘伊知郎と共にMCを務め、ザ・タイマーズFM東京事件(1989年10月13日深夜)にも遭遇している。

1990年、『FUNK A HIPS ALL STARS』名義で8cmCD「OUR SONG」をリリース。

1991年、アルバム『東京UKIUKI GIRL』発表直後に沖縄に拠点を置いて活動[2]

1994年初夏、所属事務所とレコード会社を移籍。同年9月、アルバム『Princess Moon』 (メディア・レモラス)を発表。

2003年3月19日リリースの鉄腕アトムトリビュート・アルバムMUSIC FOR ATOM AGE♪』に「GWINKO(吟呼)」で参加。

2020年現在、喜納昌吉と「KINA&GWINKO WORLDCHAMPLOO」として活動中。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  1. STAR SHIP-I'm going high- (1987年9月2日)
  2. GWINKO'S CHRISTMAS CAROL(SWEET HEART REMIX)/DREAMIN' KISS(BOY MEETS GIRL MIX)/SCRAMBLE MOON(DANCE REMIX)(1987年11月21日、12インチ)
  3. GET ON (1988年4月2日)
  4. "us" (1990年1月21日)『ヒットスタジオR&N』エンディングテーマ
  5. よくばりなウィークエンド (1990年7月21日)
  6. DOWNTOWN GAME(1991年4月25日)『シティーハンター '91』オープニングテーマ
  7. ブーゲンビリアを抱いて笑って/夏の後悔(1994年7月21日)

アルバム編集

  1. YESTERDAY TODAY FOREVER (1987年9月21日)
  2. TEENAGE BEAT (1988年6月1日)
  3. EVERY GIRL (1989年6月21日)
  4. I'M IN (1990年7月21日)
  5. 東京UKIUKI GIRL (1991年5月22日)
  6. Princess Moon (1994年9月21日)

参加作品編集

テレビ編集

ヒットスタジオR&N(1989年-1990年) - 司会

ラジオ編集

FMリクエストアワーNHK-FM名古屋

映画編集

短編集 STEP OUT(1990年) - 監督:小松壮一郎
ハートブレイカー 〜弾丸より愛を込めて (1992年) - 監督:小松壮一郎

舞台・ミュージカル編集

スターマイツ (1991年)
下町のショーガール (1992年)
姫ちゃんのリボン (1993年)
ザ・シンギング (1994年)

脚注編集

  1. ^ 『NEW BLOODS』のメンバーは久保田利伸バブルガム・ブラザーズAMAZONS富樫明生等。『NEW BLOOD 88-89』とは一部メンバーが異なっている。
  2. ^ 片岡義朗のブログ2005年10月5日に当時の思い出話が綴られている。