大澤誉志幸

日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー(1957-)

大澤 誉志幸(おおさわ よしゆき、1957年10月3日 - )は、日本歌手作曲家音楽プロデューサー。本名同じ。東京都杉並区高円寺出身。駒澤大学卒業[2]。身長170cm。血液型AB型。1999年(平成11年)までは大沢誉志幸(読みは同じ)名義で活動していた。ソルチ・ミュージック・エンタテインメント所属[1]。2歳違いの兄が1人いる[3]

大澤 誉志幸
出生名 大沢誉志幸
生誕 (1957-10-03) 1957年10月3日(62歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都杉並区高円寺
学歴 駒澤大学
ジャンル J-POP
ロック
AOR
R&B
プログレッシブ・ロック
ソウル
ファンク
ボサノヴァ
職業 歌手
作曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
活動期間 1978年 - 現在
(ソロ歌手:1983年 - 1999年,
2002年 - 現在)
レーベル EPICソニー
イーストウエスト・ジャパン
コンチネンタル・スター
事務所 渡辺プロダクション(独立前)
ソルチ・ミュージック・エンタテインメント[1]
共同作業者 柳川英巳(クラウディ・スカイ)
銀色夏生
小滝みつる
公式サイト ★yoshiyuki ohsawa official website

経歴編集

学生・アマチュア時代編集

中学生の頃から兄がグループ・サウンズを聴いていたことから音楽に興味を持ち、ボブ・ディランオーティス・レディングなどを聴き始め、高校の学園祭でバンドを結成して音楽活動を始める。駒澤大学在学中、初期はブルーグラスをやっていたが、のちにR&Bに傾倒。大学3年の1978年(昭和53年)にロックバンド「クラウディ・スカイ」を結成(大沢はボーカルギター担当、当時大沢はギタリストを希望していたがボーカル担当者がいなかったため大沢がボーカル・ギターの双方を担当)。

卒業後の1981年(昭和56年)4月にビクターからレコード・デビューするが、結束力が弱いため、ヒット曲を出すこともできずバンドの方向性を巡って他のバンドメンバーとトラブルになったことから、アルバム1枚(『明日はきっとハレルヤ』)とシングル2枚(「悲しきコケコッコ」「私は蝉になりたい」)を残すのみで同年末に解散。バンド解散直後の1982年1月、大沢は印税を前借りしてその金で単身渡米する。ニューヨークのクリストファー・ストリート近辺のロフトで約1年間過ごし、他のアーティスト(特にアイドル歌謡曲)へのプロデュースおよび楽曲提供の傍ら、アポロシアターやジャズクラブ・美術館等に入り浸る日々を送っていた。

作曲家&ソロ活動編集

帰国後、エピックのディレクターに才能を見出され、ミュージシャン契約を結び、当時のロック・ミュージシャンとしてはかなり珍しいタイプで「アイドルへの積極的楽曲提供とプロデュース」[4]で一躍売れっ子作曲家として注目を浴びる。楽曲提供活動と並行しながらソロ活動を始め、1983年(昭和58年)6月22日に「大沢誉志幸」名義でシングル「彼女には判らない (Why don't you know)」、アルバム『まずいリズムでベルが鳴る』でソロデビュー。

1980年代は作詞家銀色夏生とタッグを組み、「そして僕は途方に暮れる[5]「恋にjust can't wait」「ゴーゴーヘブン」などのシングルヒット、アルバム『Serious Barbarian』のシリーズ三部作やオムニバスアルバム『Dance to Christmas』の企画などで、鈴木雅之佐野元春TM NETWORK渡辺美里大江千里等と並びエピック黄金時代の稼ぎ頭として活躍していた。

1989年(平成元年)の「STOP&ギミーラヴ」前後から、音楽性がスタイリッシュなAORサウンドへと移行し始め、1995年(平成7年)にワーナーに移籍すると『Love Healing』『Loveduce』『Love Life』の「LOVE3部作」を発表した。1998年(平成10年)末にレーベルの枠を越えた2枚組ベストアルバム『ID Y BEST COLLECTION』を発表した後、1999年(平成11年)3月5日、「悦楽の15年 最後のシャウト」(東京国際フォーラム ホールC)を以って、大沢誉志幸としての歌手活動を終了、その後数年間は作曲家やプロデューサー活動に専念する。

近年の活動編集

2002年(平成14年)にボサノヴァ等のブラジル音楽を基調にしたサウンドを打ち出し、「大沢誉志幸」から「大澤誉志幸」に改名して歌手復帰。2003年(平成15年)には古巣のエピック25周年記念のイベント「LIVE EPIC 25」にも出演し、ソロデビュー20周年盤『Y』をエピックから発表した。2004年(平成16年)からは自身のレーベルSORTEに腰を据え、『Favorite』を軸にした活動を行っている。

2011年(平成23年)にはフジテレビ系列僕らの音楽』に出演し吉川晃司とのツインボーカルで「LA VIE EN ROSE」(実際は「LA VIE EN ROSE 2011」)を披露し、のちに吉川のベストアルバム『SINGLES+』に収録される。またFNS歌謡祭にも出演し、同曲と「そして僕は途方に暮れる」を吉川とのツインボーカルで披露した。

2012年(平成24年)からは、「渡り鳥ツアー」というアコースティックツアーを開始。日本全国を回っている。

2013年(平成25年)からは、山下久美子とアルバム制作やライブを行うなど、精力的に活動。

2018年(平成30年)の3月に東京から始まった「SASURAI TOUR 2018」で日本全国を巡業し、10月・11月には、東海・信州・北陸を中心にライブを行っている。1月には、デビュー35周年記念のライブDVDを発売した。

人物編集

  • 作曲は全て本人が行い、作詞は他の作詞家が担当することが多いが、楽曲によっては作詞作曲の双方を本人が担当する場合もある[6]。また、大澤の楽曲にはリカットシングルも比較的多く、特にエピック在籍時代は『SCOOP』『LIFE』『SCRAP STORIES』を除いてリカットシングルが必ず一曲存在している[7]
  • ボブ・ディランやオーティス・レディング等からの影響を受けたハスキーなボーカル、R&Bやソウルミュージックを巧みに取り入れたスタイリッシュなロックサウンドを特徴としており、特に初期の楽曲はロックサウンドを前面に打ち出した楽曲が多い。また、独特のコーラスワークやスキャットも特徴としている。その一方、ファルセットは出せず、全て大澤自身の地声で歌っている。
  • かつて同じレーベルに所属していた鈴木雅之鈴木聖美佐野元春岡村靖幸バブルガムブラザーズや大澤がプロデュースを手掛けた相手の一人として渡辺プロダクション時代の後輩だった吉川晃司等と親交が深い。特に鈴木姉弟、岡村、バブルガムブラザーズとは1987年と1988年に大澤がプロデュースを手掛けたジョイントコンサートやオムニバスアルバムで共演している。また、大澤と同じ大学出身で、かつミュージシャンである後輩として久保田利伸等がいる。
  • 高円寺出身であることから、毎年夏季に行われる高円寺阿波踊り祭りにも興味が強く、青年時代には必ず参加していたという。阿波踊りで一番大事なコツは、腰よりも“顔”で、「顔が作れない人はヘタ。人をおもしろおかしくさせるために踊るんだから、百面相してください。次は“手”。年代によって、切れ味をねらうか、もしくは円を描くような、枯れた境地に入るか。若いうちは、ピシッピシッっと切れがよくないと絵にならないね」[3]という持論をもつ。
  • 「誉志幸」の名前の由来は、生まれた病院名が「美誉志病院」だったのと、父親の名前「幸康」からとられたという[3]。父は東芝勤務のサラリーマンだったが、大澤が小学生の頃、東芝が三億円事件に巻き込まれ、ボーナス無しの貧しい生活を余儀無くされていた[3]
  • スーツ姿をトレードマークとしており、CD等のジャケットにもスーツジャケットを着用していることが多い。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

# 発売日 タイトル B面 規格 規格品番
EPICソニー
大沢誉志幸 名義
1st 1983年6月21日 彼女には判らない (Why don't you know) 宵闇にまかせて EP 075H-164
2nd 1983年10月21日 e-Escape プラトニック・ダンサー EP 075H-179
3rd 1984年1月21日 ハートブレイク・ノイローゼ ゲームを教えて EP 075H-188
4th 1984年4月1日 その気××× (mistake) CAB DRIVER EP 075H-194
5th 1984年9月21日 そして僕は途方に暮れる FREE WAYまで泣くのはやめろ EP 075H-212
6th 1985年4月21日 彼女はfuture-rhythm 熱に浮かされて EP 075H-243
1985年6月21日 彼女はFuture-rhythm (Special Dance Mix) そして僕は途方に暮れる (Special Dance Mix) 12inch 12・3H-167
7th 1985年9月21日 恋にjust can't wait 最初の涙 最後の口吻 EP 075H-265
8th 1986年5月21日 クロール Time passes slowly EP 075H-292
9th 1987年9月2日 ゴーゴーヘブン 終りのない傾き EP 075H-374
10th 1988年1月21日 君の住む街角 ダンスをしようぜ EP 075H-406
8cmCD 10-8H-3009
EPIC/SONY RECORDS
大沢誉志幸 名義
11th 1989年3月21日 Stop & ギミーラブ 海辺のVision EP 075H-3085
8cmCD 10-8H-3085
12th 1989年6月21日 Standard Lover A Dog in Blue 〜Toughな夢見て〜 8cmCD 10-8H-3119
13th 1989年9月21日 G I WANT YOU 8cmCD 10-8H-3160
14th 1989年12月1日 REAL ACTION 天使の微笑 8cmCD ESDB-3055
15th 1990年9月1日 月と密林ジャングル 遠い約束 8cmCD ESDB-3179
16th 1990年11月21日 ずっと甘い口唇 瞳のパラレル 8cmCD ESDB-3132
Epic/Sony Records
大沢誉志幸 名義
17th 1992年4月8日 忘れられなくて ついてこいよ 8cmCD ESDB-3283
18th 1992年9月21日 naïve/虹を越えて 8cmCD ESDB-3325
19th 1993年5月21日 初恋 Reverse 〜君だけは離せない〜 8cmCD ESDB-3384
20th 1993年10月1日 Angelic Baby 夕やけ 8cmCD ESDB-3411
21st 1993年11月21日 涙のかわりに 愛のカリスマ 8cmCD ESDB-3446
Epic/Sony Records
大沢誉志幸 with カメレオンズ 名義
22nd 1994年7月21日 1/2の神話 ラ・ヴィアンローズ 8cmCD ESDB-3487
Epic/Sony Records
大沢誉志幸 名義
23rd 1994年10月21日 ガラス越しに消えた夏(シングルストリングバージョン) プライベートホテル 8cmCD ESDB-3533
イーストウエスト・ジャパン
大沢誉志幸 名義
24th 1995年6月25日 愛する能力ちから 〜明日へ、未来へ〜 君がそばにいてくれたら それだけでいい 8cmCD AMDV-6135
25th 1995年8月25日 甘い関係 Sunshine Love 8cmCD AMDV-6142
26th 1995年12月10日 せつない時は僕がいる 〜素晴らしい世界〜 ('95 Winter Heart Warm Version) 天使が消えた夜 8cmCD AMDV-6152
27th 1997年2月10日 Lovejenic Babyrose 8cmCD WPDV-7104
28th 1998年3月25日 トパーズ 固いくちびる 8cmCD WPDV-7133
レントラックジャパン
大澤誉志幸 名義
29th 2002年9月18日 Summer Breeze 〜心が還る場所〜 vanity of life[愛を伝えよう] Maxi STLH-0005
突き刺さる太陽-remind- (Remix version)
30th 2005年9月5日 夏の終わりの午後 PARADISE Maxi
夏の終わりの午後 (Bossa Mix)
PARADISE (Soul Mix)
UNIVERSAL SIGMA
大澤誉志幸 名義
31st 2008年5月7日 そして僕は途方に暮れる (25th ver.) 丘の上の恋 CD+DVD UMCK-9217
CD UMCK-5204

12inch 2枚組シングル編集

# 発売日 タイトル 収録曲一覧 フォーマット 規格品番
EPICソニー
大沢誉志幸 名義
1st 1986年3月12日 FO(u)R-TUNE 12inch 20・3H-201/2

未発売シングル編集

発表年 タイトル B面 規格 規格品番 備考
EPICソニー
大沢誉志幸 名義
1988年 かるい気持ち かるい気持ち(CMバージョン) CT ファンクラブ会員のみにカセットテープで配布。

コラボレーションシングル編集

名義 発売日 タイトル c/w 規格 規格品番 発売元
大沢誉志幸 Presents 1988年10月21日 Dance To Christmas (extended super promotion version) Dance To Christmas(カラオケ) EP QY 5H-90039 EPIC/SONY RECORDS
Dance To Christmas 〜B-Boy Dance Mix〜 8cmCD 10 8H-3070

デュエットシングル編集

名義 発売日 タイトル c/w 規格 規格品番 発売元
大沢誉志幸・かの香織 1996年11月30日 キャンドルを消さないで たったひとりの君を 8cmCD WPDV-7101 ワーナーミュージック・ジャパン
かの香織・大沢誉志幸 ファミリア SRDL-4309 Sony Records
大澤誉志幸 with DIE 2013年7月17日 ピンク スパイダー Alien Summer Maxi TECG-47 テイチクエンタテインメント / コンチネンタル・スター
ケセラセラヴィ
ピンク スパイダー / Club version

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
EPICソニー
大沢誉志幸 名義
1st 1983年6月22日 まずいリズムでベルが鳴る LP 28-3H-92
2nd 1984年2月25日 SCOOP LP 28 3H-113
3rd 1984年7月10日 CONFUSION LP 28 3H-113
1984年8月1日 CD 35 8H-22
4th 1984年7月10日 in・Fin・ity LP 28 3H-160
CD 35 8H-32
5th 1987年9月21日 SCRAP STORIES LP 20 3H-237
CD 32 8H-78
EPIC/SONY RECORDS
大沢誉志幸 名義
6th 1989年4月7日 Serious Barbarian LP 32 3H-5083/4
CD 32 8H-5083
7th 1989年10月8日 Serious Barbarian II CD ESCB-1001
8th 1990年10月21日 楽園 Serious Barbarian III CD ESCB-1103
Epic/Sony Records
大沢誉志幸 名義
9th 1992年4月22日 NAÏVE CD ESCB-1287
10th 1993年10月1日 MASQUERADE CD ESCB-1441
イーストウエスト・ジャパン
大沢誉志幸 名義
11th 1995年9月25日 Love Healing CD AMCV-4227
12th 1997年3月10日 Loveduce CD WPCV-7401
13th 1998年3月10日 Love Life CD WPCV-7421
Epic Records
大澤誉志幸 名義
14th 2003年11月19日 Y CD ESCL-2446

ミニ・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
EPICソニー
大沢誉志幸 名義
1st 1986年8月1日 LIFE LP 20 3H-237
CD 32 8H-78
SORTE MUSIC ENTERTAINMENT
大澤誉志幸 名義
2nd 2004年12月15日 Favorites CD SORTE-001
テイチクエンタテインメント / コンチネンタル・スター
大澤誉志幸 名義
3rd 2012年2月22日 明日はきっとハレルヤ CD TECG-18060

セルフカヴァー・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
Epic/Sony Records
大沢誉志幸 with カメレオンズ 名義
1st 1994年7月21日 Collage CD ESCB-1499
UNIVERSAL SIGMA
大澤誉志幸 名義
2nd 2008年5月28日 Season's greetings 〜春〜 CD+DVD UMCK-9218
CD UMCK-1248
3rd 2008年10月15日 Season's greetings II 〜夕凪〜 CD+DVD UMCK-9228
CD UMCK-1267
テイチクエンタテインメント / コンチネンタル・スター
大澤誉志幸 名義
4th 2011年5月25日 水月鏡花 CD TECG-30047

ベスト・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
EPICソニー
大沢誉志幸 名義
1st 1984年11月21日 Frenzy CD 30 8H-25
2nd 1985年12月21日 Frenzy2 CD 32 8H-56
Epic/Sony Records
大沢誉志幸 名義
3rd 1992年10月21日 Y -naïve collection- CD ESCB-1331
4th 1998年12月12日 I.D Y BEST COLLECTION CD ESCB-1933/4
Sony Music Houce
大沢誉志幸 名義
5th 2002年6月19日 GOLDEN☆BEST 大沢誉志幸 I.D Y II Y COOOL BEST COLLECTION (水の中のナイフ) CD MHCL-129/30
Epic Records
大澤誉志幸 名義
6th 2003年1月1日 THE LEGEND CD ESCL-2361
Sony Music Direct / GT music
大沢誉志幸 名義
7th 2010年4月21日 TraXX -Yoshiyuki Ohsawa Single Collection- CD MHCL-129/30
- 2013年11月27日 FRENZY / Frenzy2 CD MHCL-30190/1
テイチクエンタテインメント / コンチネンタル・スター
大澤誉志幸 名義
8th 2017年2月22日 大澤誉志幸 Song Book CD TECG-35117

ライブ・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
イーストウエスト・ジャパン
大沢誉志幸 名義
1st 1998年10月25日 The Night CD WPCV-7441

オーディオブック編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
レントラックジャパン
大澤誉志幸 名義
1st 2002年9月1日 Nova-Bossa nova ムック+CD STLH-0003

コラボレーション・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
EPICソニー
Various Artists 1988年11月2日 Dance To Christmas CD 28-3H-92
テイチクエンタテインメント / コンチネンタル・スター
山下久美子 & 大澤誉志幸 2013年3月20日 &Friends CD TECG-30076
2014年5月21日 &Friends II CD TECG-30098

タイアップ編集

曲名 タイアップ 収録作品
その気××× (mistake) 資生堂1984サマーキャンペーン・イメージソング シングル「その気××× (mistake)
そして僕は途方に暮れる 日清食品カップヌードル』CFソング シングル「そして僕は途方に暮れる
クロール Asahi三ツ矢サイダー』CFソング シングル「クロール
ゴーゴーヘブン 読売テレビ系全国ネットテレビアニメーションシティーハンター』オープニングテーマ曲 シングル「ゴーゴーヘブン
馬が行く 関西テレビふるさとZIP探偵団』オープニングテーマ アルバム『SCRAP STORIES
君の住む街角 SUZUKIADDRESS』イメージソング シングル「君の住む街角
かるい気持ち SUNTORY CMソング 未発売シングル「かるい気持ち」
naïve ミズノ スキーウエア『インパルス』TVCMソング シングル「naïve/虹を越えて
虹を越えて ローソン「あなたを見ているから」キャンペーンイメージソング
初恋 アニメ映画『ぼのぼの』主題歌 シングル「初恋
愛する能力ちから 〜明日へ、未来へ〜 武田薬品工業アリナミンV'95』CMソング シングル「愛する能力ちから 〜明日へ、未来へ〜
甘い関係 読売テレビ・日本テレビ系『ダウンタウンDX』エンディング・テーマ シングル「甘い関係
せつない時は僕がいる 〜素晴らしい世界〜 日本テレビ系『スーパーテレビ情報最前線』エンディング・テーマ シングル「せつない時は僕がいる 〜素晴らしい世界〜 ('95 Winter Heart Warm Version)」
Lovejenic テレビ朝日系『邦子がタッチ』エンディング・テーマ シングル「Lovejenic
テレビ東京系『TOWER COUNTDOWN』エンディング・テーマ
stand by me 三洋信販『ポケットバンク』CMソング ミニアルバム『Favorites』

楽曲提供編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

  • 八代亜紀
    • AKI'S HOLY NIGHT
  • 山下久美子
    • Don't Delay
    • 時代遅れの恋心
    • ジェラシィ・ミサイル
    • 涙がとまらない
    • LOVER MAN
    • こっちをお向きよソフィア
    • ちょいまちBodyなごりのキスが
    • アニマ・アニムス
    • NEW YEAR'S EVE
    • 秘密が足りない
    • 今宵かぎりのcheek to cheek
    • 夜遊びの記憶

プロデュース編集

映画出演編集

ドラマ出演編集

未放送ドラマ編集

出版本編集

  • Curve in New York(CBS・ソニー出版、1987年1月)
  • Curve in Spain(CBS・ソニー出版、1987年1月)- 写真集(撮影:岩岡吾郎。詩:銀色夏生
  • ラブ・ライフ(アスキー、1998年5月)

脚注編集

  1. ^ a b ソルチ・ミュージック・エンタテインメント|芸能事務所”. オーディションサイトnarrow. 2020年7月15日閲覧。
  2. ^ 在籍していた学部は不明。
  3. ^ a b c d 大沢誉志幸『Curve in New York』(CBS・ソニー出版、1987年1月)
  4. ^ 中森明菜沢田研二などが特に有名。ジャニーズ関係の仕事では、アイドルの楽曲とは思えないような曲やアレンジに仕上げていた。
  5. ^ アルバム『CONFUSION』からのシングルカットだが、シングル版とアルバム版ではアレンジが異なる。
  6. ^ 例・「CONFUSION」「彼女はfuture-rhythm」、大澤がプロデュースした相手の一人であるビートたけしの楽曲「ハードレインで愛はズブヌレ」等は作詞作曲共に大澤が担当している。
  7. ^ 例・「そして僕は途方に暮れる」(アルバム「CONFUSION」から)、「Standard Lover」(アルバム「SERIOUS BARBARIAN」から)、「naive」(アルバム「NAIVE」から)等
  8. ^ FC会報『Fun』Vol.39
  9. ^ FC会報『Fun』Vol.36

関連項目編集

外部リンク編集