沖縄アクターズスクール

沖縄アクターズスクール(おきなわアクターズスクール)は、1983年4月にマキノ正幸沖縄県に開校した、芸能養成スクールである。数多くの歌手、アイドル、タレント、モデルを輩出している。

株式会社沖縄アクターズスクール
Okinawa Actors School Co., Ltd.
設立 1983年4月
業種 芸能養成スクール
代表者 代表取締役 牧野正幸(マキノ正幸
関係する人物 出身者を参照
テンプレートを表示

来歴編集

1983年4月、那覇市泊にて開校。他の芸能養成スクールとは一線を画した独特の教育スタイルを持つ。

1995年、安室奈美恵のブレイクにより一躍その名が知られることとなった。 その後規模を拡大し、1998年、東京大阪名古屋福岡札幌の5大都市にて、「全国オーディション」を開催。 2000年に大阪校・りんくう校、2001年には横浜校を開校していた。 また、グローバルな人材育成を目的としたインターナショナルスクールドリームプラネット・インターナショナル・スクール」も開設していた。

インストラクターは元SUPER MONKEY'S (スーパー・モンキーズ)の牧野アンナ新垣寿子など。

2008年10月8日に沖縄県に本店を置くキャタリスト証券を主幹事として日本証券業協会グリーンシートエーマージング銘柄に登録された[1]が、2009年7月期の会社内容説明書が提出期限までに完成しないことを理由として、2009年11月30日にグリーンシート銘柄指定の取消が発表された[2]。市場での最終売買日は2009年12月30日となる。

現況編集

東京の大手芸能事務所ライジングプロ・ホールディングス平哲夫代表取締役)による取り組みで、マキノ正幸が指導した最後の生徒「三浦桔梗(ききょう)」が現在、平代表プロデュースの下、デビューを予定している。[3]

出身者編集

その他関連者編集

黒木メイサはアクターズスクール在学中にスカウトされ芸能界入り。 安座間美優仲程仁美千田愛紗比花知春等も、アクターズスクール卒業後、別会社のオーディションを経てデビュー。

全国オーディション編集

1998年、東京大阪名古屋福岡札幌の5大都市にて、「全国オーディション」を開催。 最終審査の日本武道館にて「田野アサミ」、「川田由起奈」、「上原香代子」が合格。4年間のトレーニング期間を経て2002年、ボーカル&ダンスユニット「BOYSTYLE」としてデビュー。フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』のオープニングテーマソングでブレイクした。


また「BOYSTYLE」のメンバーに選ばれなかったオーディション合格者「菅崎茜」、「misono」、「LiSA」は、各自別レコード会社のオーディションを経てデビュー。 「木下優樹菜」、「枡田絵理奈」等もスカウト等により芸能界入り。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集