メインメニューを開く

経歴と人物編集

2008年JAM日本アニメ・マンガ専門学校ビジュアルデザイン研究科を卒業後、東京のデザイン会社「ウズ」で『涼宮ハルヒの憂鬱』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』、「初音ミク」などのフィギュア、パッケージデザインなどに携わる[1]

2007年から自らのサイト「読解アヘン」で、オリジナルのウェブ漫画堀さんと宮村くん』の公開を開始。同作は2008年にスクウェア・エニックスから書籍化され、2011年12月現在、10巻まで発売、完結されている。一方ウェブでの公開は現在も続けられており、2008年3月に本編完結後も「おまけ」として不定期に更新が続けられている。また、同サイトでは『宮増君と道玄坂さん』という、『堀さんと宮村くん』のキャラクターはそのままで、話のみオリジナルにした作品も掲載されていたが、2013年5月現在は掲載を中止している。

他に、2008年からウェブコミックサイト『ガンガンONLINE』にて『浅尾さんと倉田くん』を連載。また、4コマ漫画専門雑誌『まんがタイムラブリー』にも不定期で『ちはる日和』を掲載していた。

2010年には、Twitterを舞台とした漫画『7と嘘吐きオンライン』をpixivにて公開、「ツイッター漫画」として注目を集めた[2]。同作の人気をきっかけに、pixivで発表されたそのほかの短編漫画を集めた『7と嘘吐きオンライン-HERO個人作品集-』に始まる短編集も刊行されている。

漫画やイラストを描くのに使用しているソフトはPhotoshopSAI

2016年10月には『世にも奇妙な物語』で「レッテルのある教室」を原案としたドラマが放送された。

作品リスト編集

漫画編集

  • ちはる日和 - 『まんがタイムラブリー』2010年掲載
  • はじめのちひろ - 『まんがタイムラブリー』2011年連載
  • 青春離婚 - 原作:紅玉いづき、『最前線』2011年 - 2012年連載。星海社COMICS(講談社)2012年9月10日発売 ISBN 978-4-06-369507-6
  • 堀さんと宮村くん - 公式サイト連載中、全10巻・「おまけ」既刊12巻
    • ホリミヤ - 作画:萩原ダイスケ、『月刊Gファンタジー』連載中、既刊12巻・ファンブック1巻
  • 浅尾さんと倉田くん - 『ガンガンONLINE』2008年 - 2014年連載、全8巻
  • HERO個人作品集 - 公式サイト掲載の短編を収録。ガンガンコミックスONLINE(スクウェア・エニックス)既刊9巻
  1. 7と嘘吐きオンライン - 表題作他「レッテルのある教室」「臆病色にひかるキャンパス」収録。2010年10月22日発売 ISBN 978-4-7575-3045-4
  2. 交感ノートは喋らない - 表題作他「僕のロスト日記」「微熱ディスプレイの世界」収録。2011年8月22日発売 ISBN 978-4-7575-3329-5
  3. パターンその1 駄目人間 - 表題作他「マリアと過ごした3日間」「クロッカスの咲く、中庭にて」収録。2011年12月22日発売 ISBN 978-4-7575-3441-4
  4. すべての希望にエールを - 表題作他「リトルガールの放課後」「箱庭の寒がりハイジ」収録。2012年4月21日発売 ISBN 978-4-7575-3560-2
  5. アパートに澄む少年 - 表題作他「一人で欠いたクラスメイト」「姫と机上のファンタジー」収録。2013年1月22日発売 ISBN 978-4-7575-3859-7
  6. 浮世メモの夢に、鬼 - 表題作他「舞った意識はゼログラム」「視界の端のアリス」収録。2013年10月26日発売 ISBN 978-4-7575-4110-8
  7. 褪せないシアンの少女A - 表題作他「駆り立てられた見張りのトラは」「飛ばないヒナのなきごえ」収録。2014年6月21日発売 ISBN 978-4-7575-4335-5
  8. うつむく音はリンとして - 表題作他「くれない夕日のブラインド」「知らずのカゴは冷々と」収録。2015年5月27日発売 ISBN 978-4-7575-4660-8
  9. 夜明けはキズのあと - 表題作他「女王と射たハート」「あらわのスキマに忍ぶ毒」収録。2015年11月27日発売 ISBN 978-4-7575-4821-3
  • 雨水リンダ - 『ガンガンONLINE』2015年 - 2017年連載、全4巻
  • さよなら、ヒビ割れ硝子 - 公式サイト掲載
  • モノクロームをなぞる晴天 - 公式サイト掲載
  • うつつの影とレプリカ - 公式サイト掲載

イラスト編集

その他編集

脚注編集

外部リンク編集