メインメニューを開く

HUMANITY

THE MAD CAPSULE MARKETSのアルバム

HUMANITY』(ヒューマニティ)は、日本バンドTHE MAD CAPSULE MARKET'Sのファーストアルバム

HUMANITY
THE MAD CAPSULE MARKET'Sスタジオ・アルバム
リリース
録音 1990年5月
山中湖スタジオ
ジャンル ハードコア・パンク
パンク
時間
レーベル INSECT NOISE
プロデュース THE MAD CAPSULE MARKET'S
THE MAD CAPSULE MARKET'S アルバム 年表
HUMANITY
(1990年)
P・O・P
1991年
EANコード
EAN 4988002344796
テンプレートを表示

1990年10月1日にインディーズレーベルであるINSECT NOISEよりリリースされた。

背景編集

1985年、ボーカルのKYONOとギターの室姫深を中心に、前身となるバンド「BERRIE」(ベリー)が結成され、後にベースとして紅麗剛市(上田剛士)が加入する。

1989年にはデモテープ『毒的革命 BERRIE'S REVOLUTION』をリリース、1990年にはレッド・ホット・チリ・ペッパーズの来日公演の前座を務めるなど、活動は順調に見えたが、3月にドラムスの亜気が脱退する。メンバーはオーディションを実施し、新たなドラムスとしてMOTOKATSUが加入し、4月にはバンド名を「THE MAD CAPSULE MARKET'S」に改名する。

メンバーチェンジと改名から間もない5月より、本作品のレコーディングが開始された。

録音編集

レコーディングは1990年の5月より山中湖スタジオで収録された。

メンバーによると、レコーディング期間はおよそ3週間程度であるという[1]。バンド再編後にすぐに曲作りが始まり、山中湖で合宿の形で1か月間ほどで全曲が制作され、その後レコーディングが開始された[1]。メンバーは山名湖付近で遊びながら楽しんでレコーディングをしていたという[1]。当時のレコーディング風景はプライベートビデオに収録されており、ドラムスのMOTOKATSUは何故か上半身裸でレコーディングしているため、後にメンバーは爆笑しながらビデオを閲覧したという[1]

この時同時にシングル「GOVERNMENT WALL」も収録している[1]

音楽性編集

アルバムには特にコンセプトなどはなく、演奏したい曲だけを演奏し、それをただ収録しているという[1]。上田はこの時のことを「勢いが一番っていう感じだった」と語っている[1]

また、本作が発売された時の心境として、上田は「自分らの作品が自分らの演奏で初めてカタチになって聴けるっていう、それがすごい新鮮だったし嬉しいし、驚いたし。それだけですげえ楽しかった」と語っている[1]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「ADKを喚起させるハード・パンク」と記している[2]

音楽情報サイト『ローチケHMV』では、「ハードで男らしいパンクサウンド」と記している[3]

リリース編集

インディーズ盤の初回盤には「摩怒新聞(マッド新聞)」という新聞が特典として付属されていた。12トラック目に20秒間のシークレットトラックが収録されているが、この新聞には、そのシークレットトラックの歌詞が記載されている。

1996年12月18日ビクターエンタテインメントInvitationレーベルから再リリースされた。その際、1曲目の「三秒間の自殺」のタイトルが「三秒間の■■」と一部伏字にされ、さらに過激と思われる歌詞の一部が修正されている。また、再発版は、歌詞カードが付属しておらず、ジャケットの中身は写真と曲目、スタッフ名が載っているだけのものになっている。

収録曲編集

全編曲: THE MAD CAPSULE MARKET'S。
#タイトル作詞・作曲時間
1.三秒間の自殺[4]KYONO
2.あやつり人形紅麗剛市
3.LIFE GAME紅麗剛市
4.ギラギラKYONO
5.讃美歌室姫深
6.HUMANITY紅麗剛市
7.カンヅメの中KYONO
8.どうしようもない人の唄紅麗剛市
9.Dear歩行者天国の皆様紅麗剛市
10.ラ・ラ・ラ(僕がウソつきになった日)紅麗剛市
11.だんだん紅麗剛市
シークレットトラック
#タイトル作詞・作曲時間
12.20秒[5]紅麗剛市
合計時間:

曲解説編集

  1. 三秒間の自殺
    再発売版は一部のボーカルが削除されている。
  2. あやつり人形
    後のメジャーデビューシングルのタイトル曲(その際、再録されている)。また、アルバム『P・O・P』(1991年、メジャーでのシングル版とは更に異なるバージョン)、ベストアルバム『1990-1996』(2004年、このアルバムのバージョンのリミックスを収録)など、このバンドの中では一番多くCDやDVDなどのメディアに収録されている曲となっている。
  3. LIFE GAME
    再発売版は一部のボーカルが削除されている。
  4. ギラギラ
    後にシングル「カラクリの底」(1991年)のカップリング曲として収録された。
  5. 讃美歌
    室姫深の脱退後もMADのライブでは何度か演奏されている。室姫がその後加入したバンドDIE IN CRIESと共演したイベントでも演奏された。
  6. HUMANITY
    タイトル曲。後に再録音され、シングル「WALK! -JAPAN MIX-」(1996年)のカップリングに収録された。
  7. カンヅメの中
  8. どうしようもない人の唄
    ルースターズの曲「どうしようもない恋の唄」(1981年)からタイトルを引用している。後にシングル「あやつり人形」のカップリング曲として収録された。
  9. Dear歩行者天国の皆様
    ベースの紅麗剛市(後のTAKESHI UEDA)がボーカルを担当している。
  10. ラ・ラ・ラ(僕がウソつきになった日)
    後にシングル「ギチ」のカップリング曲として、またセルフカバーアルバム『THE MAD CAPSULE MARKET'S』(1996年)にも収録されている。
  11. だんだん
  12. 20秒

スタッフ・クレジット編集

参加ミュージシャン編集

スタッフ編集

  • 亜気 - スペシャル・サンクス
  • 北岡一浩 - 写真提供
  • 辻砂織 - 写真提供
  • FOOL'S MATE - 写真提供

リリース履歴編集

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1990年10月1日 INSECT NOISE CD MAD-1001 -
2 1996年12月18日 ビクターエンタテインメントInvitation CD VICL-23121 - 一部の曲タイトルと歌詞が修正されている

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 鹿野淳 (fact-mag.com)「FROM 1990 TO 2005 PERFECT MAD WORLD!!! - 3MEMBERS SELF LINERNOTES」『THE MAD CAPSULE MARKETS MAGAZINE!!』vol.1、ビクターエンタテインメント東京都港区北青山3-6-7、2005年3月30日、 8 - 25頁、 ISBN 4988002452644{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。
  2. ^ ザ・マッド・カプセル・マーケッツ / HUMANITY [再発][廃盤]”. 音楽出版. 2017年1月8日閲覧。
  3. ^ HUMANITY : Mad Capsule Markets”. ローソンHMVエンタテイメント. 2017年1月8日閲覧。
  4. ^ ※注:再発売版はタイトルが「三秒間の■■」
  5. ^ ※注:JASRAC登録名より。

外部リンク編集