IMI 120mm戦車砲 (英語: IMI 120 mm gun) は、イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ (IMI) が設計・製造を行っている44口径滑腔戦車砲である。この戦車砲はラインメタルL44 120mm戦車砲ライセンス生産品であると誤解されているが、実際にはイスラエル国防軍メルカバ Mk 3主力戦車のために1983年から1988年にかけてIMIによって独自開発された戦車砲である。105mm戦車砲の搭載を前提として設計されたメルカバやM60パットンの砲塔でも搭載可能なように設計されている。

  • IMI 120mm MG251 戦車砲
  • IMI 120mm MG253 戦車砲
MG253 tank gun.jpg
MG253 戦車砲
種類 戦車砲滑腔砲
原開発国 イスラエルの旗 イスラエル
運用史
配備期間
  • MG251: 1989年[1] -
  • MG253: 2003年 -
配備先 運用国を参照
開発史
開発期間 1983年 - 1988年
製造業者 IMIシステムズ
製造期間 1988年 -
派生型
  • MG251
  • MG253
諸元
重量 2,900 kg (6,400 lb)[2]
全長 5.3 m (17 ft)[2]

口径 120 mm (4.7 in)[2]
反動
  • MG251: 300 mm (12 in)[2]
  • MG253: 430 mm (17 in)[2]
テンプレートを表示

1989年にメルカバ Mk 3の主砲としてその存在が明らかにされた。1990年、イスラエル独自の戦車砲の設計・製造を実現したことによってIMIにイスラエル防衛賞英語版が授与された。

設計編集

この戦車砲はドイツレオパルト2アメリカ合衆国M1エイブラムス韓国K1A1及び日本90式戦車に搭載されているラインメタルの44口径120mm戦車砲と非常によく似ている。しかしながら、この戦車砲は最適化された同心英語版リターダ空圧復熱装置英語版で構成されたリコイル英語版システムが装備されており、メルカバ Mk 1及びMk 2、M60パットンの主砲であるロイヤル・オードナンスの105mmライフル砲の全長を超えないようになっている。

バージョン編集

IMI 120mm戦車砲には2つのバージョンが存在する。

MG251
ビシェイ・インターテクノロジー英語版 (英語: Vishay Intertechnology) によって開発されたサーマルスリーブ英語版と、実際のスリーブを邪魔することなく保守ができる排煙器が装備されている。
MG253
VIDCO・インダストリーズ (英語: VIDCO Industries) によって開発されたサーマルスリーブと新しい圧縮ガス式リコイルシステムが装備されている。

IMIによって開発された一連の弾薬や、必要に応じてフランス、ドイツ及びアメリカの120mmNATO弾の発射が可能である。また、LAHAT対戦車ミサイルを発射することもできる。

運用国編集

 
IMI 120mm戦車砲を運用中の国が青で示されている

現在の運用国編集

MG251

  イスラエル

MG253

  イスラエル

  トルコ

脚注編集

  1. ^ a b Israel Military Industries 120 mm smoothbore tank gun MG251 (Israel)”. Jane's Information Group. 2010年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e 120mm L44 (MG251/3) Smoothbore Tank Guns”. IMI Systems. 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月26日閲覧。

関連項目編集