メインメニューを開く

JLSLチャレンジリーグ

日本のサッカーリーグ

JLSLチャレンジリーグ(‐ちゃれんじりーぐ)は、かつて存在した女子サッカーリーグ。日本女子サッカーリーグ(当時はJLSL、現在の「なでしこリーグ」)に参加を希望するチームにより結成され、JLSL(L・リーグ)の最下位との入れ替えもあったが、参加チームの減少などにより廃止となった。

JLSLチャレンジリーグ'92編集

リーグ戦編集

  • 開催期間: 1992年11月1日‐1993年2月14日
順位 チーム 勝点
1位 シロキFCセレーナ 10 5 0 1
2位 浦和本太レディースFC 7 3 1 2
3位 清水第八スポーツクラブ 5 2 1 3
4位 OKIレディーサンダース 2 1 0 5

1992-93入替戦編集

チャレンジリーグ1位 結果 JLSL最下位
シロキFCセレーナ 1回戦0-0
2回戦2-1
田崎神戸レディース

※シロキFCセレーナのJLSL昇格と田崎神戸レディースのチャレンジリーグ降格が決定。

JLSLチャレンジリーグ'93編集

リーグ戦編集

  • 開催期間: 1993年11月7日‐1994年2月11日
順位 チーム 勝点
1位 浦和本太レディースFC 9 4 1 1
2位 田崎ペルーレFC 8 4 0 2
3位 清水第八スポーツクラブ 5 2 1 3
4位 OKIレディーサンダース 2 1 0 5

※JLSLの日産FCレディースが廃部となるため浦和本太レディースFCの昇格が決定。

JLSLチャレンジリーグ'94編集

リーグ戦編集

  • 開催期間: 1994年9月11日‐1995年2月11日
順位 チーム 勝点
1位 田崎ペルーレFC 15 7 1 0
2位 清水第八スポーツクラブ 6 2 2 4
3位 OKIレディーサンダース 3 0 3 5

1994-95入替戦編集

チャレンジリーグ1位 結果 JLSL最下位
田崎ペルーレFC 1回戦2-1
2回戦3-1
浦和レディースFC

※田崎ペルーレFCのL・リーグ(JLSL改め)昇格(復帰)と浦和レディースFCのチャレンジリーグ降格が決定。

JLSLチャレンジリーグ'95編集

リーグ戦編集

  • 開催期間: 1995年12月3日‐1996年2月17日
順位 チーム 勝点
1位 OKIレディーサンダース 6 3 0 1
2位 浦和レディースFC 6 3 0 1
3位 清水第八スポーツクラブ 0 0 0 4

※1位と2位は得失点差により決定
※L・リーグのTOKYO SHiDAX LSCが廃部となるためOKIレディーサンダースの昇格が決定。

JLSL・チャレンジマッチ'96編集

チャレンジマッチ編集

浦和レディースFC 1回戦2-0
2回戦1-0
飽田FCレディース

1996-97入替戦編集

チャレンジマッチ勝利チーム 結果 L・リーグ最下位
浦和レディースFC 1回戦1-3
2回戦0-3
OKI FC Winds

※OKI FC WindsのL・リーグ残留決定

1997-98入替戦編集

L・リーグ参入希望チーム 結果 L・リーグ最下位
マザーズ熊本レインボーレディース 1回戦0-12
2回戦0-14
宝塚バニーズレディースサッカークラブ

※宝塚バニーズのL・リーグ残留決定

その後編集

不況や2000年シドニーオリンピックの出場権獲得が果たせなかったことにより、1999年第11回大会の参加チームが10から8に削減されたことなどから、2部リーグ相当の大会は2003年まで一時中断(その間の新規参入チームは加盟希望の地域リーグチームの中から審査により決定)となったが、2004年第16回から実力別の1・2部制を完全採用するようになった。

また、2010年から1部を「プレナスなでしこリーグ」、2部を「プレナスチャレンジリーグ」と改組されたさい、「チャレンジリーグ入れ替え戦」の制度が取り入れられ、加盟希望の地域リーグチームの中からの審査でチャレンジリーグ加盟が相当と決定した出場チームにより「チャレンジリーグ入れ替え予備戦」を行い、予備戦の上位2チームとチャレンジリーグの下位2チームが「チャレンジリーグ入れ替え戦」に進出してチャレンジリーグ参入を目指す方式が採用されるようになった。また、なでしこリーグへの昇格はチャレンジリーグでの成績上位、なおかつなでしこリーグ準加盟を認められたチームのみに与えられる方式に変更された。