メインメニューを開く

TASAKIペルーレFC(タサキペルーレエフシー)は、かつて存在した女子サッカーチーム。兵庫県神戸市を本拠としていた。

TASAKIペルーレFC
原語表記 TASAKIペルーレFC
愛称 TASAKI
クラブカラー     ロゼ
創設年 1976年
解散年 2008年
ホームタウン 兵庫県神戸市
ホームスタジアム 加古川運動公園陸上競技場ほか
収容人数 15,275
公式サイト (リンク切れ) 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

1976年に創立した神戸フットボールクラブ(神戸FC)のレディース部門を母体とし、1991年田崎真珠へチームを移管した[1]

所属選手は田崎真珠の社員として午前中は仕事をし[1]、午後は社用地にあるグラウンドで練習をする、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)では数少ない「企業チーム」であった。最盛期は選手のレベルも高く、日本女子代表や各年代での代表選手や経験者が数多く在籍していた。

女子サッカー選手の就職先という面もあるといえ、実際に下小鶴綾阪口夢穂が就職を機に加入、川上直子が退職により退部、また柳田美幸鈴木智子は就職による加入と退職による退部をした。ただし常に社員のみであったわけではなく、2006年以降は大学生も在籍していた。

2008年9月、田崎真珠はかねてからの深刻な経営危機により練習場として利用していた研修センターや寮など社用地売却を発表。2008年10月10日にはなでしこリーグ2008及び第30回全日本女子サッカー選手権大会を最後に休部し、なでしこリーグから退会することが発表された[2]

これにより、リーグでは10月14日に臨時評議会を開き、ペルーレの退会とそれに付帯する事項等を審議し、退会が承認された。その際、11月23日を期限として移管先が決定した場合は、成績面の条件に関係なく2部に所属(降格)することとなったため、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のヴィッセル神戸などと交渉するも、選手数が不足するなどの問題が浮上したことから休部(退会)が決定。

リーグ最終戦となった11月23日の日テレ・ベレーザ戦(駒沢)、チームとして最後の試合となった全日本女子選手権準決勝のINACレオネッサ戦(西が丘)は、ともに1-4のスコアでの敗戦であった。

2009年1月16日、田崎真珠は5名の引退を発表。1月30日と2月20日には残りの選手の移籍先などが発表された。

歴史編集

  • 1976年
神戸FCに女子部「神戸FCレディース」創立
  • 1989年
この年に始まる日本女子サッカーリーグ(JLSL:当時の略称)参加に際し田崎真珠株式会社がスポンサーとなり、チーム名を田崎真珠神戸レディースとする
  • 1991年
第3回日本女子サッカーリーグから運営も田崎真珠に移管し、チーム名を田崎神戸レディースとする
  • 1992年
第4回日本女子サッカーリーグで最下位となり、JLSLチャレンジリーグ首位のシロキFCセレーナとの入れ替え戦にも敗退
  • 1993年
JLSLチャレンジリーグに降格。社内公募によりチーム名を田崎ペルーレFCに改称
  • 1994年
JLSLチャレンジリーグで首位となり、JLSL最下位の浦和レディースFCとの入れ替え戦に勝利
  • 1995年
L・リーグ(JLSL改め)復帰
  • 1999年
第54回国民体育大会成年女子の部優勝 (兵庫県代表として)
  • 2000年
第21回全日本女子サッカー選手権大会優勝
第12回L・リーグ 西日本リーグ1位により上位リーグに参加し3位
  • 2001年
第22回全日本女子サッカー選手権大会準優勝
第13回L・リーグ 西日本リーグ1位により上位リーグに参加し準優勝
第56回国民体育大会成年女子の部3位 (兵庫県代表として)
  • 2002年
第23回全日本女子サッカー選手権大会準優勝
第14回L・リーグ 西日本リーグ1位により上位リーグに参加し準優勝
第57回国民体育大会成年女子の部優勝 (宝塚バニーズの2選手を含む兵庫県代表として)
  • 2003年
第24回全日本女子サッカー選手権大会優勝
第58回国民体育大会成年女子の部優勝 (宝塚バニーズの4選手含む兵庫県代表として)
第15回L・リーグ 西日本リーグ1位により上位リーグに参加し、初優勝
  • 2004年
第25回全日本女子サッカー選手権大会優勝
チーム名をTASAKIペルーレFCに改称
第59回国民体育大会成年女子の部準優勝 (兵庫県代表として)
2004(第16回)L・リーグ1部(L1)3位
第26回全日本女子サッカー選手権大会ベスト4
  • 2005年
第60回国民体育大会成年女子の部準優勝 (兵庫県代表として)
2005(第17回)L・リーグ1部(L1)2位
  • 2006年
第27回全日本女子サッカー選手権大会準優勝
第2回なでしこスーパーカップ優勝
2006(第18回)なでしこリーグ1部(Div.1)3位
  • 2007年
第28回全日本女子サッカー選手権大会優勝
第3回なでしこスーパーカップ準優勝
2007(第19回)なでしこリーグ1部(Div.1)2位
  • 2008年
第29回全日本女子サッカー選手権大会準優勝
2008(第20回)なでしこリーグ1部(Div.1)4位
第30回全日本女子サッカー選手権大会ベスト4

成績編集

年度 チーム名 リーグ チーム数 試合 勝点 順位 皇后杯 監督
1980 神戸FCレディース 3位
1981 1回戦
1982 準々決勝
1983 準々決勝
1984 準々決勝
1985 3位
1986 4位
1987 3位
1988 準々決勝
1 1989 田崎真珠神戸レディース JLSL 6 10 8 3 2 5 3位 3位 田嶋昭策
2 1990 6 15 5 2 1 12 6位 準々決勝
3 1991 田崎神戸レディース 10 18 17 7 3 8 6位 準々決勝 高田泰樹
4 1992 10 18 4 0 4 14 10位 2回戦 天野泰男
C 1993田崎ペルーレFC JLSLチャレンジリーグ 4 6 8 4 0 2 2位 準々決勝 -
C 1994 3 8 15 7 1 0 優勝 準々決勝
7 1995 L・リーグ 10 18 -- 8 -- 10 8位 準々決勝 山根誠
8 1996 10 18 -- 7 -- 11 7位 準々決勝
9 1997 10 18 -- 9 -- 9 5位 準々決勝 仲井昇
10 1998 10 18 -- 5 -- 13 7位 3位
11 1999 8 14 32 10 2 2 3位 優勝
12 2000 9 14 26 7 4 3 3位 準優勝
13 2001 10 14 35 11 2 1 2位 準優勝
14 2002 11 10 25 8 1 1 2位 優勝
15 2003 13 20 55 18 1 1 優勝 優勝
(16) 2004 TASAKIペルーレFC L・リーグ1部(L1) 8 14 28 9 1 4 3位 3位
(17) 2005 8 21 51 16 3 2 2位 準優勝
(18) 2006 なでしこリーグディビジョン1 8 17 33 10 3 4 3位 優勝
(19) 2007 8 21 52 17 1 3 2位 準優勝
(20) 2008 8 21 34 11 1 9 4位 3位
  • 1991年まで「勝ち点制」(勝ち2、引き分け1、負け0)を採用
  • 1992年と1993年は入替戦(別項参照)によりチャレンジリーグ所属
  • 前後期制を採用した1994年から1999年までの成績は年間順位
  • 予選(地区)リーグと決勝リーグを採用した2000年から2003年までの成績は年間順位、チーム数は両地区の合計チーム数
  • 1999年から「勝ち点制」(勝ち3、引き分け1、負け0)を採用
  • 2004年から二部制に移行。チーム数は所属リーグのみ
  • 2003年まではシーズン名に「第○回」と表記されていたが、2004年からは西暦年で表記
  • 2006年は8チーム2回戦総当たりの「レギュラーリーグ」(RL)後、その順位に基づき上位と下位の各4チームによる1回戦総当たりの「プレーオフ」(PO)を実施、試合数はRLとPOの合計で、成績は年間順位

タイトル編集

チーム名変遷編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) ロゼ ロゼ ロゼ
FP(2nd) シャンパンカラー シャンパンカラー
GK(1st)
GK(2nd) グレー グレー グレー
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd
  • 1976年(創部)- 1988年 神戸FCレディース
  • 1989年 - 1990年 田崎真珠神戸レディース
  • 1991年 - 1992年 田崎神戸レディース
  • 1993年 - 2003年 田崎ペルーレFC
  • 2004年 - 2008年 TASAKIペルーレFC

チームカラー編集

選手編集

最終年に所属していた選手編集

数字は背番号。カッコ内は休部後の動向。

GK

DF

MF

FW


*1 シカゴ・レッド・イレブン英語版アメリカUSL Wリーグ
*2 FCインディアナ英語版(アメリカ・USL Wリーグ)
*3 神村学園高等部教員

かつて所属していた選手編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 早草紀子 (2008年11月21日). “強豪TASAKI休部の衝撃、今後の行方 なでしこジャパン飛躍の陰で”. スポーツナビ. 2017年11月3日閲覧。
  2. ^ “TASAKI ペルーレ FC の休部及び「日本女子サッカーリーグ」からの退会に関するお知らせ” (プレスリリース), 田崎真珠, (2008年10月10日), https://www.tasaki.co.jp/wp-content/uploads/pdf/2008/whats045.pdf 2017年11月3日閲覧。 
  3. ^ セレッソ大阪下部組織のコーチ。その後、現役復帰しスペランツァF.C.高槻に入団。
  4. ^ その後現役復帰、静岡県女子リーグの島田プリンセスに入団。平成21年度国民体育大会 第30回東海ブロック大会プログラムより
  5. ^ 京都精華女子中学校・高等学校コーチに就任
  6. ^ サッカー競技プログラムより。改姓について明確な言及はされていないが、松下が田崎在籍中のL・リーグ公式プログラム中のプロフィールと対比すると、生年月日やポジションなどが同一であり、同一人物である可能性が非常に高いと思われる

外部リンク編集