バニーズ京都SC

かつて存在した日本の女子サッカークラブ

バニーズ京都SC(バニーズきょうとエスシー、Bunnys Kyoto SC)は、 かつて存在した日本の女子サッカークラブ。京都府京都市を中心に活動していた。

バニーズ京都SC
原語表記 バニーズ京都SC
愛称 バニーズ
クラブカラー  
創設年 2006年
解散年 2020年
ホームタウン 京都府
ホームスタジアム #スタジアム・練習場を参照
運営法人 特定非営利活動法人BUNNYS京都[1]
代表者 佐々木喜一
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
特定非営利活動法人BUNNYS京都
国籍 日本の旗 日本
格付 NPO法人
法人番号 8130005006690 ウィキデータを編集
設立日 2008年5月26日[2]
活動地域 京都府
主な事業 サッカークラブの運営他[1]
郵便番号 〒604-0857
事務所 京都府京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町265-2 SCGビル5F[2]
主な加盟組織 日本女子サッカーリーグ
特記事項 決算期は1月[2]
テンプレートを表示

歴史編集

旭国際バニーズ編集

ルーツとなるチームは、大阪市西区靱公園を中心に活動していた、大阪FCレディース。 理事会で承認され、1990年1月にゴルフ場運営会社の旭国際開発株式会社による女子サッカー部として、大阪FCレディースを基盤とする形で創設され、初代監督に大阪FCレディース監督の河本雅彦が就任した。またクラブ名は、当時の社長であった辻本卯太郎の干支と、社内で用いられていたウサギのキャラクターをもとにして河本が役員会で提案し、ACCバニーズと改称された。また大阪FCレディースの選手で、ACCバニーズにも参加したゴールキーパーの大向真紀がウサギのキャラクターをデザインし、エンブレムの一部として採用された。 その際、旭国際開発が経営するゴルフ場の本社が所在する兵庫県宝塚市に社員寮を用意し、練習場を伊丹スポーツセンターでスタートした。 この年、関西女子サッカーリーグに所属し、また第12回全日本女子サッカー選手権大会に出場した。この成績を基に翌1991年から日本女子サッカーリーグ日興證券ドリームレディース松下電器LSCフジタ天台SCマーキュリーとともに旭国際バニーズとし参戦した。

宝塚バニーズレディースサッカークラブ
クラブカラー     水色
創設年 1990年
解散年 2006年
ホームタウン 兵庫県宝塚市
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

宝塚バニーズ編集

1995年、旭国際バニーズの運営権は旭国際開発子会社であるジェイ・アンド・ジーに移行され、それに伴いクラブ名称も宝塚バニーズレディースサッカークラブと改名された。この頃から地域密着を掲げての活動を開始。日本代表選手だった水間百合子野田朱美や外国人選手が在籍し、そのほかの選手も競技に専念。年間2億円以上の運営費により勝利給も支給されていた。1997年は年間順位最下位で入れ替え戦に回ったが、熊本に2戦2勝で残留した(第9回日本女子サッカーリーグ#1997-98入替戦を参照)。

1999年、ジェイ・アンド・ジーが運営から撤退。1999年からは「自立」のスローガンを掲げて、選手・コーチ陣・クラブスタッフの有志を中心に勉学・仕事とサッカーの両立を目指すこととし、2000年には完全な市民クラブとなり、宝塚市民、後援会員、選手の家族などの支援が活動が中心となった。2003年にはL1参入決定戦で2位に入り1部昇格を決めた(第15回日本女子サッカーリーグ#2004 L1参入チーム決定戦参照)。

仕事や学業を終えた夜間に練習を行うが練習場の確保もままならず、遠征費も選手たちが自費で捻出するなど経営は非常に厳しく、そのため遠方での試合にもバスによる移動を強いられていた。 そのような中で京都府サッカー協会への移管交渉が進められていった。

バニーズ京都SC編集

2006年、宝塚バニーズを解散の上、選手はバニーズ京都または他チームと契約するという形を取った。また下部組織チームについて、当時京都府サッカー協会女子委員長であった宮宇地昭が監督を務めていた女子サッカークラブ、FC SPIELENと合併の上、同クラブを下部組織化 (旧宝塚バニーズジュニアをこれに伴い独立クラブ化) する形を取り、2006年2月にバニーズ京都サッカークラブが誕生した[1]。監督として、アルビレックス新潟レディース元監督の牛浜真が就任した。 一方でスポンサー企業探しも行われ、多くの選手はスポンサー企業での就業を斡旋されるなど、競技環境は大幅に改善されることになった。

下部組織は「バニーズ京都SC SPIELEN」、「バニーズ京都SC SPIELEN Jr.」とがある。前者はU-15以上の世代に属する選手が、後者はU-12世代の選手が所属。2009年度より、チーム名を「バニーズ京都SCガラシャ」と改名の上、旧SPIELENをサテライトチーム化し、O-19でトップチーム登録外の選手やレギュラーを獲得していない選手が所属できるようにした。

2008年5月13日、クラブ運営団体はNPO法人の認証を受け「特定非営利活動法人BUNNYS京都」を設立。2017年に入れ替え戦に勝利してなでしこ2部に昇格した(2017 日本女子サッカーリーグ#なでしこリーグ2部とチャレンジリーグ参照)。

2020年12月21日、2021年シーズンについて、トップチームの運営を群馬FCホワイトスターへ移管して活動を継続、新名称はバニーズ群馬FCホワイトスターとなることが発表された[3][4]

年度別成績・歴代監督編集

年度 チーム名 リーグ チーム数 試合 勝点 リーグ順位 リーグ杯 皇后杯 監督
3 1991 旭国際バニーズ JLSL 10 18 10 4 2 12 8位 - ベスト16 河本雅彦
4 1992 10 18 14 6 2 10 6位 ベスト16
5 1993 10 18 -- 5 -- 13 7位 ベスト16
6 1994 L・リーグ 10 18 -- 5 -- 13 9位 2回戦敗退 鎌田俊司

高田泰樹

ヘルムート・コスメル

7 1995 宝塚バニーズレディース
サッカークラブ
10 18 -- 1 -- 17 10位 2回戦敗退 ヘルムート・コスメル

野田朱美

→ 河本雅彦

8 1996 10 18 -- 8 -- 10 6位 GL敗退 1回戦敗退 河本雅彦
9 1997 10 18 -- 3 -- 15 10位 GL敗退 2回戦敗退 渡部博尚
10 1998 10 18 -- 10 -- 8 6位 GL敗退 ベスト16
11 1999 8 14 15 5 0 9 6位 4位 ベスト16
12 2000 9 14 13 4 1 7 7位 - ベスト16 田中真由美
13 2001 10 14 19 6 1 6 8位 ベスト16 高藤順
14 2002 11 11 19 6 1 3 5位 2回戦敗退
15 2003 13 20 20 6 2 8 9位 2回戦敗退
(16) 2004 L・リーグ1部
(L1)
8 14 12 4 0 10 6位 ベスト16 高藤順(7月まで)

島田素英(9月から)

(17) 2005 8 21 4 1 1 19 8位 1回戦敗退 島田素英
(18) 2006 バニーズ京都
サッカークラブ
なでしこリーグ
ディビジョン2
8 21 16 5 1 15 6位 - 3回戦敗退 牛浜真
(19) 2007 8 21 24 7 3 11 6位 GL敗退 2回戦敗退 宮宇地昭
(20) 2008 9 16 13 4 1 11 6位 - 3回戦敗退
(21) 2009 バニーズ京都SC 8 21 17 4 5 12 6位 1回戦敗退
(22) 2010 チャレンジリーグ

WEST

6 15 26 8 2 5 2位 - 1回戦敗退
(23) 2011 6 15 16 5 1 9 5位 (中止) 予選敗退 山田蔵
(24) 2012 チャレンジリーグ 12 22 12 3 3 16 10位 - 予選敗退
(25) 2013 16 22 26 7 5 10 12位 - 予選敗退
(26) 2014 16 22 13 3 4 15 15位 - 予選敗退 中三川哲治(11月まで)

千本哲也

(27) 2015 チャレンジリーグ

WEST

6 15 19 5 4 6 4位 2回戦敗退 千本哲也
(28) 2016 チャレンジリーグ 6 15 31 10 1 4 2位(WEST) - 2回戦敗退
4 3 0 0 0 3 4位(総合) -
(29) 2017 6 15 33 10 3 2 1位(WEST) - 2回戦敗退
4 3 6 2 0 1 2位(総合) -
(30) 2018 なでしこリーグ

2部

10 18 14 3 5 10 9位 - 2回戦敗退
(31) 2019 13 3 4 11 9位 - 2回戦敗退 元井淳
(32) 2020 8 1 5 12 10位 (中止)[5] 1回戦敗退
  • 1992年まで「勝ち点制」(勝ち2、引き分け1、負け0)を採用。
  • 前後期制を採用した1993年から1999年までの成績は年間順位。
  • 予選(地区)リーグと決勝リーグを採用した2000年から2003年までの成績は年間順位。チーム数は両地区の合計チーム数。
  • 1999年から「勝ち点制」(勝ち3、引き分け1、負け0)を採用。
  • 2004年から二部制に移行。チーム数は所属リーグのみ。
  • 2003年まではシーズン名に「第○回」と表記されていたが、2004年からは西暦年で表記するようになった。
  • 2015年から3部制に移行。なでしこリーグは1部・2部となりチャレンジリーグは3部の扱い。

スタジアム・練習場編集

ホームゲームを開催するスタジアムは、京都府立山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場亀岡運動公園陸上競技場京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場などである。
練習場はサンガタウン城陽・人工芝グラウンドであり[1]、2013年より使用している[6]

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

チームカラー編集

  •  

ユニホームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 備考
成基 ゴールフリー
背中 なし -
なし -
パンツ 元廣 MOTOHIRO

チーム名変遷編集

  • 1990年 (創部) - 1991年:ACCバニーズ
  • 1991年 - 1994年:旭国際バニーズ
  • 1995年 - 2005年:宝塚バニーズレディースサッカークラブ
  • 2005年 - 2008年:バニーズ京都サッカークラブ
  • 2009年 - 2020年:バニーズ京都SC

かつて所属していた選手編集

2020年シーズン所属選手編集

GK

DF

MF

  • 富井寿里菜 (つくばFCレディースへ移籍)
  • 佐賀実鈴 (静岡SSUアスレジーナへ移籍)
  • 小川くるみ
  • 松田望 (引退)
  • 林咲希 (静岡SSUアスレジーナへ移籍)
  • 渡辺彩香 (静岡SSUアスレジーナへ移籍)
  • 山田美緒和 (和泉テクノFCへ移籍)
  • 小池真理 (静岡SSUアスレジーナへ移籍)
  • 松田留光那 (バニーズ群馬FCホワイトスターへ移籍)
  • 向井彩香 (Farina高崎FCへ移籍)
  • 平坂咲希 (福岡J・アンクラスへ移籍)
  • 平原花珠
  • 浅倉琴音

FW

2019年以前に所属していた選手編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d クラブ紹介”. バニーズ京都SC. 2014年3月30日閲覧。
  2. ^ a b c NPO法人情報詳細”. 京都市文化市民局地域自治推進室. 2014年3月30日閲覧。
  3. ^ 2021年度について”. バニーズ京都SC (2020年12月21日). 2020年12月21日閲覧。
  4. ^ なでしこリーグ2部参入決定のお知らせと名称変更のお知らせ”. 群馬FCホワイトスター (2020年12月21日). 2020年12月21日閲覧。
  5. ^ 2020プレナスなでしこリーグ1部/2部リーグ開催延期 および 2020プレナスなでしこリーグカップ中止のお知らせ”. 2021年2月28日閲覧。
  6. ^ “バニーズ京都SC様 人工芝グラウンド利用について” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2013年2月13日), http://www.sanga-fc.jp/news/info_detail/20075 2013年5月22日閲覧。 

外部リンク編集