メインメニューを開く

熊本ルネサンスフットボールクラブ

熊本ルネサンスフットボールクラブ(くまもとルネサンスフットボールクラブ、Kumamoto Renaissance F.C)は、熊本県をホームタウンとする女子サッカークラブ。

熊本ルネサンスフットボールクラブ
クラブカラー     赤、     ブラック
創設年 1998年
所属リーグ 九州女子サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 熊本県
ホームスタジアム 熊本県民総合運動公園補助競技場ほか
運営法人 一般社団法人熊本ルネサンス
監督 鈴木聡
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

概要・歴史編集

前史(1983年-1997年)編集

1983年飽託郡飽田町(当時、現:熊本市南区)の飽田南小学校サッカー部の母親たちを中心とするママさんサッカークラブとして発足。1985年には中学生も加入し始めたため、1987年にママさんチームの「飽田ママ」と、のちに中高生を中心にしたチームになる「熊本レディース飽田」に分離した。

1989年には中高生チームが「飽田FCレディース」と改称。九州女子選手権大会で6連覇、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会には出場12回の実績を残し、日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)の日興證券ドリームレディース松下電器パナソニック バンビーナなどに選手を送り出した。その一方で「九州からL・リーグを」との期待を受けてJLSLチャレンジマッチ'96にも参加するが、浦和レディースFCとの対戦に敗れてしまう。

1997年、熊本県酪農業協同組合連合会(酪農マザーズ)の協賛を得ることになり、クラブ名を「マザーズ熊本フットボールクラブ」、チーム名も「マザーズ熊本レインボーレディース」と改称。シーズンオフに行われた「L・リーグ入替戦」に参加したが、宝塚バニーズとの対戦(ホーム・アンド・アウェー方式)では2戦とも「無得点2桁失点」という大差により参入に失敗した。

ルネサンス熊本フットボールクラブ(1998年-2010年)編集

1998年、マザーズ熊本レインボーレディースから主力選手が脱退し、独立した新チーム「ルネサンス熊本フットボールクラブ」を結成[注 1]。同年、九州女子サッカーリーグを創設し、これに参加。競技スポーツとしての女子サッカーの探求と、選手を主体としたチーム運営でよりよきクラブチームの再生(ルネサンス)をめざしての命名であったといわれる。

2000年、創部3年目にして念願のL・リーグ入りを果たしたが、九州リーグでの優勝もなく(最高位2位)入れ替え戦を経験せずの参入ということもあってか、なかなか勝利をあげられず、2002年10月27日のYKKフラッパーズ戦での引き分け(1-1)により、リーグ戦で初の勝ち点獲得。2003年までは一次リーグを地区別に分けたリーグ戦(西地区)であったため、田崎ペルーレ伊賀FCくノ一といった強豪クラスとの対戦では2桁失点での大敗を繰り返した。

チームの実力別に分けた2004年のリーグ戦ではなでしこリーグ2部(L2)に参加。2004年7月4日のジェフユナイテッド市原レディース戦でリーグ戦初勝利(3-1)。初勝利をあげるまで52敗2分という成績だった。[1]その後も勝利を重ね、初めて最下位を脱出することができた。しかし翌2005年には再び最下位に転落、2006年も開幕時のメンバーに高校生・中学生世代の選手が登録されるなど、他チームと比べて選手の平均年齢が低い。その後も成績は低迷。

2010年はリーグ再編によりチャレンジリーグWESTに編入。リーグ戦では未勝利で最下位(6位)となり、2010チャレンジリーグ入替戦に参加。11月14日及び21日に行われたスフィーダ世田谷FC(東京都1部リーグ所属)との入替戦で1分1敗となったため、11年間所属した日本女子サッカーリーグからの降格が決定した。なお、この年はなでしこリーグ昇格の権利を持つなでしこリーグ準加盟制度の承認を受けていたが、地域リーグ降格によりなでしこリーグ準加盟の会員資格も規定により喪失となった。

益城ルネサンス熊本フットボールクラブ(2011年-2016年)編集

2011年
長年、代表兼監督としてチームを率いてきた山形秀晴が2010シーズンで勇退。運営体制を刷新。戦いの場を九州女子サッカーリーグ1部に移し、ふたたびチャレンジリーグ、なでしこリーグ昇格を目指すこととなった。4月よりホームタウンを熊本市から隣接した上益城郡益城町へ移転。益城町の所有するスポーツ施設の優遇利用などのバックアップを受けることになった[2]。それに伴いチーム名称を「益城ルネサンス熊本フットボールクラブ」へ変更。ユニフォームスポンサーに新日本製薬(胸、袖)、五木食品(背中)を獲得[3]早稲田大学ア式蹴球部女子コーチの福田あやを監督に迎えるなど大幅にチーム体制の強化を図り、2000年の第2回以来の参戦となった第13回九州女子サッカーリーグでは9勝1敗2分の成績で同リーグを初制覇。10月に開催された第33回全日本女子サッカー選手権大会の九州予選では上位リーグにあたるチャレンジリーグWEST3位のジュ ブリーレ 鹿児島を準決勝(2-0)で破り意地を見せた。11月に行われた2011チャレンジリーグ入れ替え戦出場決定戦で、チャレンジリーグ復帰を賭けたが、1回戦は豊田レディースフットボールクラブに2-0で勝利。1回戦シードのJAPANサッカーカレッジレディースに2回戦1-3で敗れ、念願のチャレンジリーグ復帰は果たせなかった。
2012年
ユニフォームメーカーをA-LINEジャポネスポーツに変更。ユニフォームスポンサーに五木食品(胸)、杉養蜂園(背中)、お菓子の香梅(袖)、南九州ペプシコーラ販売(パンツ裾)と地元熊本で知名度の高い企業によるフルスポンサードを獲得。公式ウェアスポンサー(ジャージ、ピステ)にも地元の医療機関、益城病院のロゴが入るなど運営体制を更に強化。5月に開催された九州No1を決める第24回九州なでしこサッカー大会では決勝で神村学園高等部女子サッカー部を破り優勝。九州女子サッカーリーグでは、8勝0負3分の成績により勝点1差で2位となった。シーズン終盤には、福岡J・アンクラスより谷原ゆかりが新加入、元九州松下電器サッカー部監督、尾上賢二がコーチに就任。公式練習着にも複数のスポンサーを獲得するなどチーム基盤を強化している。11月に開催された2012チャレンジリーグ入替戦予選大会では1回戦で2010年チャレンジリーグを同じく降格となった東海リーグ所属の清水第八プレアデスと対戦するも2-3で敗戦。その後の敗者復活戦でもノルディーア北海道に0-1で敗れ、入替戦進出への最後の一枠をかけたNGU名古屋FCレディースとの試合にもPK戦の末敗れたことで、チャレンジリーグ復帰はまたも果たせなかった。シーズン終了後、福田あや監督は退任。
2013年
2013年は指導体制を一新。元INAC神戸レオネッサ監督高須理稔をエグゼクティブアドバイザー(総監督待遇)として迎え、監督に葎迫大輔という体制を発表。主力選手6名が退団となったが新規加入選手8名はジュ ブリーレ 鹿児島愛媛FCレディースなどからの移籍組と徳山大学などからの新卒組。選手層は大幅な若返りとなった。[4]昨年に引き続きユニフォームスポンサーは継続しフルスポンサードを受け、新たにオフィシャルウェアスポンサーとして地元熊本の航空会社天草エアラインからも支援を受けることになった。シーズン後半からは元INACレオネッサスペランツァFC高槻に所属した小林未央がコーチに就任[5]。九州リーグでは8勝3分0負でリーグ優勝。2013年チャレンジリーグ入替戦予選大会に進出したが1勝1負の成績で入替戦への進出は果たせなかったが、第17回 九州女子ユース(U-22)選手権大会ではアンクラス・ユースを下し優勝し、下部組織として九州タイトルを取得した。
2014年
前年、福岡J・アンクラスを指揮した八木邦靖が監督に就任。コーチ陣も一新することになり新たにウェアサプライヤーとしてヨネックスとの契約が発表された。バニーズ京都SCの主力であった亀岡夏美、中村美希が新加入。他にも愛媛FC、長野パルセイロなどから4名が加入。昨シーズンまで在籍していた選手で熊本学園大学へ在籍・入学する選手は昨年新設された熊本学園大学女子サッカー部へ移籍となり、メンバーの大半が、なでしこリーグ・チャレンジリーグの経験者となった。また、ヨネックスとの契約に合わせる形でユニフォームカラーが2001年以来のイエロー(当時はシャツ=イエロー、パンツ=ブルー)に変更となった。九州リーグでは11勝1分無失点で圧勝。昨年チャレンジリーグから降格したきたジュ ブリーレ 鹿児島をも下し2連覇、近藤夏実が得点王を獲得。地域リーグ降格以降最高の成績で2014チャレンジリーグ参入チーム決定戦に参加。第1週は新潟医療福祉大学女子サッカー部に0-1、横浜FCシーガルズ1-3で破れ自動昇格は逃したが第2週はディオッサ出雲F.C.13-0、ジュブリーレ鹿児島2-0で勝利。2014チャレンジリーグ入替戦に進出。2014チャレンジリーグ16位の清水第八プレアデスとホーム&アウェーで対戦。4-0、1-0で勝利し2010年以来の4年目にしてチャレンジリーグへの復帰が決まった。
2015年
チャレンジリーグWESTでは4勝10敗1分。得失点差で最下位(6位)となりチャレンジリーグ入替戦へ。入替戦では入替戦予選大会1位のオルカ鴨川FCと対戦。アウェイでの1戦目は0-1、ホームでの2戦目は2-1の2戦合計2-2だったが、アウェイゴールルールにより敗退。わずか1年での再度九州リーグへの降格となった。
2016年
前年からアドバイザーとして関わってきた山下恭典(前INAC神戸レオネッサGM)をGMに迎えて1年でのチャレンジリーグ復帰を目指す矢先に熊本地震が発生。益城町では大きな被害を受け選手・関係者も避難生活を余儀なくされ、リーグも前期日程が中止になる。1回戦総当たりとなった九州女子サッカーリーグでは柳ヶ浦高校との直接対決に敗れて2位で終了。2016チャレンジリーグ入替戦予選大会には不参加。

熊本ルネサンスフットボールクラブ(2017年- )編集

2017年
熊本地震の影響は運営法人にも及び、練習場の確保やスポンサーの支援が困難になり、2016年12月18日に全選手が自由契約となって2017年1月には運営法人が解散。チーム消滅の危機が訪れたが、山下GMの尽力により食品卸の木村が支援を表明[6]。「オール熊本」を掲げ、新たに運営法人「一般社団法人熊本ルネサンス」を設立した上で、チーム名を「熊本ルネサンスフットボールクラブ」に改め、チームカラーも赤と黒を基調としたものに変更。練習拠点を上益城郡嘉島町の嘉島町総合運動公園に置き、選手12名での再出発となった[7]。監督にはJAPANサッカーカレッジレディース開志学園高等学校監督の鈴木聡が就任した。2017年5月2日、元日本代表(なでしこジャパン)GKの海堀あゆみがコーチ兼任で加入(現役復帰)することが発表された[8]。本人の希望もあり、FW登録での加入となった[9]。リーグ成績は8勝4分2負の成績で3位に後退。2017チャレンジリーグ入替戦予選大会には不参加。従来の下部組織は益城ルネサンス熊本フットボールクラブの名称として別団体として活動を継続している。
2018年
引き続き九州女子サッカーリーグ1部に参戦。リーグ成績は7勝2分5負と4位に低迷。シーズン終了後には山下GM、海堀あゆみ他主力選手数名退団が発表された。地域リーグ降格以降、3シーズン、チャレンジリーグ入替戦予選大会には未参加状況が続いている。2011年~2014年益城ルネサンス熊本FC時代には4シーズンにわたり入替戦予選大会に挑戦していた実績を考えると、出場出来ないのが成績面[注 2]なのか運営体制なのかクラブから公式発表はなく不明の状態である。
2019年
引き続き九州女子サッカーリーグ1部に参戦。更新されたホームページによると4月から午前中の練習体制から夜間の練習体制に戻るとの記載がある。

チーム成績編集

リーグ戦編集

年度 チーム名 リーグ チーム数 試合 勝点 順位 皇后杯 監督
1 1998 ルネサンス熊本
フットボールクラブ
九州女子 - - - - - - 2位 予選敗退   山形秀晴[注 3]
2 1999 - - - - - - 2位 予選敗退
12 2000 L・リーグ 9 12 0 0 0 12 9位 2回戦敗退
13 2001 10 13 0 0 0 13 10位 2回戦敗退
14 2002 11 10 2 0 2 8 11位 2回戦敗退
15 2003 13 16 0 0 0 16 13位 1回戦敗退
(16) 2004 L・リーグ2部
(L2)
6 15 14 4 2 9 4位 2回戦敗退
(17) 2005 7 18 6 1 3 14 7位 1回戦敗退
(18) 2006 なでしこリーグ
ディビジョン2
8 21 5 1 2 18 8位 2回戦敗退
(19) 2007 8 21 2 0 2 19 8位 1回戦敗退
(20) 2008 9 16 9 3 0 13 9位 1回戦敗退
(21) 2009 8 21 5 1 2 18 8位 1回戦敗退
(22) 2010 チャレンジリーグWEST 6 15 1 0 1 14 6位 1回戦敗退
14 2011 益城ルネサンス熊本
フットボールクラブ
九州女子1部 7 12 29 9 2 1 1位 2回戦敗退   福田あや
15 2012 九州女子 12 11 27 8 3 0 2位 予選敗退
16 2013 12 11 27 8 3 0 1位 1回戦敗退   葎迫大輔
17 2014 13 12 34 11 1 0 1位 予選敗退   八木邦靖[注 4]
(27) 2015 チャレンジWEST 6 15 13 4 1 10 6位 予選敗退
19 2016 九州女子1部 9 9 17 5 1 2 2位 2回戦敗退   千葉弘樹
20 2017 熊本ルネサンス
フットボールクラブ
8 14 28 8 2 4 3位 予戦敗退   鈴木聡
21 2018 8 14 23 7 2 5 4位 予戦敗退   前田直樹
  • 第1回九州女子サッカーリーグ(1998年)2位、第2回九州女子サッカーリーグ(1999年)2位(九州女子サッカーリーグホームページ過去の記録より)
  • 予選(地区)リーグと決勝リーグを採用した2000年から2003年までの成績は年間順位。チーム数は両地区の合計チーム数。
  • 勝ち点は「勝ち3、引き分け1、負け0」
  • 2004年から二部制に移行。チーム数は所属リーグのみ。
  • 2003年まではシーズン名に「第○回」と表記されていたが、2004年からは西暦年で表記するようになった。
  • 九州女子サッカーリーグは2012年シーズンより2部制から1部制へ変更した。

全日本女子サッカー選手権大会(皇后杯)編集

本大会の成績のみ記載

年月日 時期 会場 スコア 対戦相手 観客
22 2001年1月7日 2回戦 博多陸 ●0-3 ジェフユナイテッド市原レディース
23 2002年1月6日 2回戦 博多陸 ●0-4 スペランツァF.C.高槻
24 2003年1月18日 2回戦 太陽が丘 ●0-8 スペランツァF.C.高槻
25 2004年1月11日 1回戦 日本平 ●1-2 アルビレックス新潟レディース
26 2004年12月4日 1回戦 上野 ○1-0 ブッチギリ
2004年12月5日 2回戦 上野 ●0-5 YKK AP東北女子サッカー部フラッパーズ
27 2005年12月10日 1回戦 神戸ユ ●1-2 吉備国際大学女子サッカー部
28 2006年12月17日 2回戦 加古川 ●0-2 吉備国際大学女子サッカー部
29 2007年12月2日 1回戦 加古川 ●0-1 日ノ本学園高等学校
30 2008年11月29日 1回戦 ひたちなか ●1-6 日テレ・メニーナ
31 2009年12月6日 1回戦 鴨池 ●1-7 JFAアカデミー福島 100人
32 2010年12月5日 1回戦 島根 ●0-3 日テレ・メニーナ 158人
33 2011年12月3日 1回戦 三木 ○2-1 仙台大学 100人
2011年12月10日 2回戦 高松 ●2-7 日ノ本学園高等学校 140人
35 2013年11月23日 1回戦 藤枝 ●0-6 JFAアカデミー福島 147人
38 2016年10月23日 1回戦 藤枝グ ○3-2(延長 常葉学園橘高等学校 232人
2016年10月30日 2回戦 佐久 ●0-6 浦和レッズレディース 310人

日本女子サッカーリーグ入替戦及び予選大会編集

年度 結果 試合詳細
JLSL・チャレンジマッチ'96 2戦2敗
JLSL参入ならず
飽田FCレディース 0 - 2 浦和レディースFC
飽田FCレディース 0 - 1 浦和レディースFC
1997-98 L・リーグ入替戦 2戦2敗
JLSL参入ならず
マザーズ熊本レインボーレディース 0 - 12 宝塚バニーズ
マザーズ熊本レインボーレディース 0 - 14 宝塚バニーズ
2010チャレンジリーグ入替戦 2戦1分1敗
チャレンジリーグから降格
ルネサンス熊本フットボールクラブ 3 - 3 スフィーダ世田谷FC
ルネサンス熊本フットボールクラブ 2 - 3 スフィーダ世田谷FC
2011チャレンジリーグ入替戦予選大会 準決勝敗退
チャレンジリーグ参入ならず
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 2 - 0 豊田レディースフットボールクラブ
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 1 - 3 JAPANサッカーカレッジレディース
2012チャレンジリーグ入替戦予選大会 7位(7チーム中)
チャレンジリーグ参入ならず
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 2 - 3 清水第八プレアデス
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 0 - 1 ノルディーア北海道
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 0 - 0 (PK8-9) NGU名古屋FCレディース
2013チャレンジリーグ入替戦予選大会 A組2位(3チーム中)
チャレンジリーグ参入ならず
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 2 - 0 ノルディーア北海道
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 0 - 2 アンジュヴィオレ広島
2014チャレンジリーグ参入チーム決定戦 参入決定戦 A組3位(3チーム中) 益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 0 - 1 新潟医療福祉大学女子サッカー部
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 1 - 3 横浜FCシーガルズ
入替戦進出チーム決定戦 1位(3チーム中) 益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 13 - 0 ディオッサ出雲F.C.
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 2 - 0 ジュ ブリーレ 鹿児島
入替戦 2戦2勝
チャレンジリーグ参入
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 4 - 0 清水第八プレアデス
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 1 - 0 清水第八プレアデス
2015チャレンジリーグ入替戦 2戦1勝1敗(得失点差0、アウェーゴール0-1)
チャレンジリーグから降格
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 0 - 1 オルカ鴨川FC
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 2 - 1 オルカ鴨川FC

表彰編集

チーム
  • フェアプレー賞:2回
    • 2005年、2006年[10]

所属選手編集

Pos No. 選手名 生年月日 前所属 備考
GK 1 牛嶋捺希 (1995-08-29) 1995年8月29日(23歳) 益城ルネサンス熊本サテライト
DF 2 峯知美 (1981-11-07) 1981年11月7日(37歳) 熊本ユナイテッドS.C
3 吉川亞希 (1993-10-09) 1993年10月9日(25歳) 武庫川女子大学
MF 6 倉原穂奈美 (1990-11-27) 1990年11月27日(28歳) 福岡J・アンクラス
8 濱田恵里奈 (1991-12-04) 1991年12月4日(27歳) ジュ ブリーレ 鹿児島
15 園山萌子 (1993-06-11) 1993年6月11日(26歳) 武庫川女子大学
20 山下悠 (1989-08-08) 1989年8月8日(29歳) バニーズ京都SC
FW 7 松野梨那 (1997-12-26) 1997年12月26日(21歳) 熊本ユナイテッドS.C
9 西田愛来 (1997-12-26) 1997年12月26日(21歳) 福岡J・アンクラス
10 木村絵梨 (1986-07-25) 1986年7月25日(32歳) 福岡大学
11 齊藤麻美 (1989-08-24) 1989年8月24日(29歳) 熊本ユナイテッドS.C
16 奥村紗代 (1982-10-28) 1982年10月28日(36歳) 益城ルネサンス熊本サテライト
19 海堀あゆみ (1986-09-04) 1986年9月4日(32歳) INAC神戸レオネッサ 日本代表GK

かつて在籍した選手編集

GK編集

MF編集

FW編集

リーグ戦出場記録編集

150試合出場達成者
100試合出場達成者

ユニフォームサプライヤー編集

チーム名変遷編集

  • 1987 - 1988年 熊本レディース飽田
  • 1989 - 1996年 飽田FCレディース
  • 1997年 マザーズ熊本レインボーレディース
  • 1998年 - 2010年 ルネサンス熊本フットボールクラブ(1998年新チームとして独立)
  • 2011年 - 2016年 益城ルネサンス熊本フットボールクラブ
  • 2017年 - 熊本ルネサンスフットボールクラブ

脚注編集

[ヘルプ]

注記編集

  1. ^ なお、マザーズはその後も存続。2001年にクラブ名を「熊本ユナイテッドスポーツクラブ」と改称し、2006年現在、女子トップチームの「フローラ」、15歳以下の女子を対象とした「エルマーナ」、12歳以下の女子・9歳以下の男女を対象とした「エーマ」、15歳以下の男子を対象とした「ベルドーラ」、12歳以下の男子を対象とした「ブローテ」の5チームを擁するクラブとなっている。
  2. ^ チャレンジリーグ入替戦予選大会参加チームは必ずしも地域リーグ優勝チームではない。(例)2012年の予選大会のケースでは九州リーグ2位の益城ルネサンスFC、6位のHOYOスカラブが出場している。
  3. ^ 2010年1節~10節、15節は緒方慎太郎副監督が指揮
  4. ^ 八木邦靖監督は2015年チャレンジWEST最下位確定後退任。同年の皇后杯九州予選、チャレンジリーグ入替戦は松井尊コーチが監督代行として指揮。

出典編集

  1. ^ “喜び爆発 ルネサンス熊本 2004日本女子サッカーリーグ 待ちに待った白星 敗因一つ一つ修正「意味があった」”. 熊本日日新聞. (2004年7月5日) 
  2. ^ “益城町(ましきまち)とのホームタウン契約についてのお知らせ” (プレスリリース), ルネサンス熊本フットボールクラブ, (2011年3月17日), オリジナルの2011年3月19日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20110319111913/http://renaissance-kumamoto.com:80/blog110307214114.html 2017年5月3日閲覧。 
  3. ^ “2011年ユニフォームスポンサーについてのお知らせ” (プレスリリース), ルネサンス熊本フットボールクラブ, (2011年3月17日), オリジナルの2011年3月19日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20110319164245/http://renaissance-kumamoto.com:80/blog110317005806.html 2017年5月3日閲覧。 
  4. ^ “2013シーズン新規加入選手のお知らせ(5名)” (プレスリリース), ルネサンス熊本フットボールクラブ, (2013年3月9日), オリジナルの2013年3月14日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20130314043333/http://renaissance-kumamoto.com:80/blog130309225653.html 2017年5月3日閲覧。 
  5. ^ “小林 未央氏トップチームコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), ルネサンス熊本フットボールクラブ, (2013年7月13日), オリジナルの2014年9月9日時点によるアーカイブ。, http://archive.fo/jKZ95 2017年5月3日閲覧。 
  6. ^ “ルネサンスが新運営体制 木村(熊本市)が支援”. 熊本日日新聞. (2017年2月17日). http://kumanichi.com/news/local/main/20170217003.xhtml 2017年5月2日閲覧。 
  7. ^ “震災契機にチーム解散のルネサンス、元INAC神戸・山下GMの奮闘で再出発”. スポーツ報知. (2017年4月13日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170413-OHT1T50299.html 2017年5月2日閲覧。 
  8. ^ “元なでしこGK海堀あゆみ 熊本ルネサンスで現役復帰へ コーチ兼任”. スポーツニッポン. (2017年5月2日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/05/02/kiji/20170502s00002000174000c.html 2017年5月3日閲覧。 
  9. ^ “元日本代表GK海堀が現役復帰 熊本ルネサンスでは得点王目指す”. デイリースポーツ. (2017年5月5日). https://www.daily.co.jp/soccer/2017/05/05/0010157520.shtml 2017年5月12日閲覧。 
  10. ^ なでしこリーグ 過去の記録

外部リンク編集