KLACK(クラック)は、日本ヴィジュアル系バンド。2003年結成。2008年に活動休止。

KLACK
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
パンク・ロック
活動期間 2003年 - 2008年
事務所 KITCHEN DUST
メンバー u(ボーカル
柳橋昌亜(ギター
神谷聖也(ギター
烈(ベース
上村隼人(ドラム
旧メンバー DENKI-MAN(ドラム

概要編集

結成時より主に関東圏を中心に活動を展開していたバンド[1]。2004年7月に発売された初のマキシ・シングル「INTIFADA 2004」はオリコンインディーズチャートで初登場第11位を獲得したこともあった(新星堂インディーズチャートでは1位)[1]

活動期間内に制作された作品の歌詞はすべて英語であった。雑誌等ではヴィジュアル系ロックバンドヴィジュアル系パンクバンドなどに分類されていたが、メンバー自身はかねてより「音楽をやっているつもりは無い」と言い放っており、演奏力に対してのこだわりを全く持っていないと吹聴していた。歌の題材としては社会を風刺していると自賛していたものが多く、「INTIFADA 2004」ではアメリカのアフガニスタン侵攻をテーマとしたアニメーションが使用され、ジョージ・W・ブッシュアメリカ大統領(当時)とウサーマ・ビン=ラーディンと見られる人物の殴り合いによって構成されていた。(その中には小泉純一郎金正日等と見られる人物も描かれた。)

メンバー当人達は過激な歌詞やパフォーマンスなどが人気を集めていると思い込んでいた節があるが、2004年12月の「#KLACK事件」(下記参照)やその後の対応での反社会的な行為が激しい非難を浴び、以降は急速に支持を失っていった。2008年に活動休止と称し事実上の解散。以来10年以上が経過しているが、その後の各メンバーは所在はおろか生死すら定かではない。

メンバー編集

  • Vocal:u(ユウ)
  • Guitar:柳橋昌亜(ヤナギハシ マサヤ)
  • Guitar:神谷聖也(カミヤ セイヤ)
  • Bass:烈(タケル)
  • Drums:上村隼人(カミムラ ハヤト)

旧メンバー編集

  • DENKI-MAN(デンキマン)
    • 結成初期から2007年までいたサポートメンバー。イラクのテロリストのマスクを被っていた。、【SEIKE WEARS THE SWIT】のPVに出演している。
    • 脱退後、LM.CのサポートVJを勤めている。

関係者編集

  • ちんこ先生

来歴編集

  • 2003年8月、前身バンドKINGを結成後、継続して活動。
  • 2004年4月4日、NAZIS CLUBにて1st GIGを行う。しかし1曲演奏した所で警察に止められてしまう。販売する予定だったKLACKのスティッカーを配布する事を余儀なくされた。
  • 2004年7月28日、1stシングル『INTIFADA2004』を発売。同日SMクラブにて2nd GIG「Khmer Rouge」を敢行。
  • 2004年7月30日、渋谷公会堂にオープニングアクトとして出演。
  • 2004年11月17日、1st DVD『TERRORISM OF RED PISS』を発売。
  • 2004年12月26日、ライブイベント「Beauti-fool's fest 04」(東京BAY NKホール)に参加。しかしスクリーンに上映した映像が問題となる。
  • 2007年6月、それまではサポート・メンバーとして参加していた上村隼人(元ガネーシャ)が正式に加入。
  • 2008年4月30日、3年半振りとなるマキシシングル「MACHINE」をリリース。
  • 2008年7月30日、マキシシングル「NO.NAME」をリリース。
  • 2008年10月3日、主催イベント「No Fun」(HOLIDAY SHINJUKU)を以って無期限活動休止となる。

事件編集

1st DVDの内容問題編集

2004年11月17日に発売された1st DVD『TERRORISM OF RED PISS』に収録された映像を巡り、議論を巻き起こした。内容はメンバーが1stシングル「INTIFADA2004」のPVを撮影のため、北朝鮮に渡航した際の映像になっていたが、この映像が東京スポーツ紙において「問題DVD」として取り上げられ、KLACKに対し批難が浴びせられた。

KLACK事件編集

KLACK史上最も有名な事件。2004年12月26日、雑誌「FOOL'S MATE」、TBSが主催したライブイベント「Beauti-fool's Fest '04」に出演。その際に5000人あまりの観客を前にイラク日本人青年殺害事件イラク武装組織アルカーイダに拉致された日本人男性が首を切られる一部始終の映像を流したというものである[2][3]

事件後、主催者のTBS及び『FOOL'S MATE』は謝罪文を発表したものの[2][4]、KLACKのメンバーからのコメントは一切なかった。

しかし、公式サイトにメンバー関係者と思われる何者かが「行動には問題がなかった」「あれは盛り上げるためだ」「抗議をする人は偽善者」などと書き込んだ為、批判を激化させた。インターネット上でも激しく批判されたうえ、公式サイトにサーバ攻撃を行われるなどしサイトはダウン、数ヶ月間復旧できない状況となった。

KLACKメンバー殺害予告事件編集

  • 2007年3月、公式サイト内のBBSにおいて、「HN/焼鳥」という人物によって「KLACKメンバー全員を目黒鹿鳴館でのGIG中に殺害する」との殺人予告が繰り返し書き込まれた事件。これを発見したBBSの閲覧者が通報し、GIG当日には会場及びその周辺に警察が出動する事態となった。
  • しかし、当のKLACK側が被害届けを提出しなかった為、逮捕者は出ていない。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  1. INTIFADA 2004 (2004年7月28日)
  2. MACHINE(2008年4月30日)
  3. No.NAME(2008年7月30日)

アルバム編集

  1. NO FEELING PHIMOSIS (2005年8月31日)

DVD編集

  1. TERRORISM OF RED PISS (2004年11月17日)

未発売曲 編集

  1. INTIFADA 2003
    初期からあった曲で「INTIFADA 2004」のリメイク前の曲。歌詞や曲も異なる。アルバム『NO FEELING PHIMOSIS』に収録されているが、「-ORCH.VER-」としてクラシックのようなボーカルなしの楽曲であった。DVD『TERRORISM OF RED PISS』ではこの歌が収録されており、聴く事が出来た。

脚注編集

  1. ^ a b ロックライブで香田さん殺害映像流す…約5分間、会場ざわめき…主催者TBS抗議”. ZAKZAK. 2011年11月6日閲覧。
  2. ^ a b コンサートで香田さん殺害映像 TBSがおわび”. 朝日新聞. 2004年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月4日閲覧。
  3. ^ Japanese Band Shows Beheading Of Hostage At Concert - Dec. 28, 2004” (英語). BLABBERMOUTH.NETen:Blabbermouth.net). 2011年11月4日閲覧。
  4. ^ お詫び”. FOOL'S MATE. 2004年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月4日閲覧。