メインメニューを開く

KNTV(ケイエヌティーヴィー)は、韓国の主要放送局(MBCSBS)の番組を中心に放送している専門チャンネル

KNTV
韓国エンターテイメント総合チャンネル
基本情報
略称(愛称) KNTV
運営(番組供給)事業者 株式会社デジタルアドベンチャー
旧チャンネル名 KNテレビジョン( - 2010年9月30日)
KNテレビジョンHD( - 2010年9月30日)
放送(配信)開始 1996年10月1日
HD放送(配信)開始 2009年11月1日
ジャンル 海外ドラマ・バラエティ・韓流
放送内容 韓国エンターテイメント総合チャンネル
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.657
放送開始 2010年12月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.331
放送開始 1996年10月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 570
eo光テレビ 331
J:COM 761
JCN 966※
その他 トコちゃんねる静岡 Ch.014
公式サイト
特記事項:
※JCN足立は現在331Ch、JCN熊本・JCNみなと新宿での配信はない。
ドリームウェーブ静岡はi-HITS導入局だが、i-HITSでは配信されておらず、自主放送設備を利用している。

目次

概要編集

(旧)KNTV株式会社
KNTV Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地   日本
107-0061
東京都港区北青山3丁目3-5
東京建物青山ビル3F
設立 1996年11月1日
業種 情報・通信業
事業内容 衛星一般放送事業
代表者 代表取締役社長 申弼淳
資本金 753,530,924円
決算期 3月31日
主要株主 SKS INVESTMENT株式会社
MBC
SBS
SBSコンテンツ・ハブ
(株)デジタルアドベンチャー
外部リンク http://www.kntv.co.jp/
特記事項:2016年に(株)デジタルアドベンチャーに吸収合併された。
テンプレートを表示

1996年10月、パーフェクTV!(現スカパー!)の開局と共に「KNテレビジョン」放送開始。

放送開始当初は一日数時間、韓国からのニュース番組を生放送するなど日本に在住している韓国人向けの放送局という意味合いが強かったが、開局後数年して韓国ドラマが日本でブームとなったため、ほとんどの韓国ドラマを日本語字幕付きで放送を行い日本人主婦層などの韓国ドラマファンの視聴者を増やしている。例えばMBCのドラマ「大長今」は、NHKで「宮廷女官チャングムの誓い」として放送される前に、KNTVで日本語字幕付きで放送されていた。

2006年、KBSが自ら日本法人を設立し「KBS WORLD」の放送を開始したため、KBSの番組はほとんどKBS WORLDに移行し、それ以降のKBSの番組は現在も外部が製作したドラマのみを放送している。このため、MBC・SBSのコンテンツを中心とした放送を行っている。2008年には、MBC・SBSがKNTVに出資している[1]

また、毎日20時から放送している「SBS8ニュース[2]は韓国からの生放送であるにも関わらず、日本語字幕(2006年12月以降)を入れて放送を行っている。

2009年11月、ひかりTVにてハイビジョン放送(チャンネル名は「KNテレビジョンHD」)を開始した。

2010年3月、JCNグループ局(除く熊本局)にて放送開始。

2010年10月1日、チャンネル名を「KNTV」に変更。

2010年12月、スカパー!HD、CNCIグループ局にてハイビジョン放送「KNTV HD」を放送開始した。

2010年代以降に開局した新聞社系列の総合編成チャンネルの番組も当社が放送されているが、CJ E&Mの系列が製作した番組は一部ドラマのみを扱っており、それ以外のジャンルの番組は、同系列のMnetが日本で初めて放送されている。

2016年5月、 KNTV株式会社が株式会社デジタルアドベンチャーに吸収合併された。

2016年12月1日、スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者がスカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。

放送時間編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集

  • KNTV KNTV公式サイト