メインメニューを開く

LFX-300(エルエフエックス - )は、近畿車輛が開発した、架線蓄電池併用式100%超低床式路面電車の試作車[1]。愛称名は「AmeriTRAM」。日本向け発表では低床LRVとしている。

LFX-300
基本情報
製造所 近畿車輛
主要諸元
編成 3車体2台車連接固定編成
軌間 1,435 mm
電気方式 架線集電式直流750ボルト
最高運転速度 80 km/h
全長 約20,000 mm
全幅 約2,650 mm
全高 約3,800 mm
台車 独立車輪式台車
テンプレートを表示

概要編集

車体幅2.65m、編成長約20mの3連接・100%超低床構造の車体を持ち、JTRAM5連接車をベースに3連接化した形態となっているが、アメリカ向けLRVの技術や思想が流用され、先頭形状はシアトル・Sound Transit向け70%低床LRVそのものであり、衝突時の安全基準や車体強度はアメリカ基準を満たすとしている。また、台車には油圧サスペンションが採用されている。

一番の特徴は、車体にリチウムイオン二次電池を搭載し、架線のない平地区間では10km程度の距離を走行できる性能を有することである。架線のある区間で充電ができ、発電ブレーキによる回生電力を蓄えることもできる。

2010年7月21日に同車を開発・製作した旨のプレス発表が行われた。本車両はアメリカ市場向けとして開発され、市街地など一部区間において景観重視のため架線を廃止し、郊外では架線給電を行うといった需要を想定している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、メーカーサイトでは営業先行車とアナウンスされている。

関連項目編集

外部リンク編集