メインメニューを開く

モラーヌ・ソルニエ M.S.406

D-3801 (改良型M.S.412をスイスでライセンス生産したモデル)

D-3801
(改良型M.S.412をスイスライセンス生産したモデル)

モラーヌ・ソルニエ M.S.406(Morane-Saulnier M.S.406)は、第二次世界大戦初期のフランス戦闘機である。

概要編集

1934年7月のフランス戦闘機の近代化計画で採用された。1935年8月8日に初飛行したM.S.405の改良型として、1938年大量生産が開始された。低翼単葉・引き込み脚・密閉風防を採用しているが、胴体後部は羽布張りの構造である。第二次世界大戦開戦時に約600機がに引き渡されており、P-36 ホークとともにドイツ空軍機と戦った。

エンジン馬力不足による低速、機関砲他のシステムの信頼性不足により劣勢であったものの、1940年6月8日に、ロベール・ウィヤム大尉が操縦するM.S.406は、3機のBf 109を15秒で撃墜した。 フランスにおける戦闘で合計150機のM.S.406が撃墜されたのに対し、ドイツ空軍機191機を撃墜し、おそらく89名が死亡した。 上記とは別に約100機のM.S.406が地上で撃破され、他の50機は敵の手に落ちるのを防ぐため、パイロットによって破壊された。

フランス以外でもスイスフィンランドトルコなどで運用され、特にフィンランド空軍で使用された機体は、継続戦争時にソ連空軍から鹵獲した同じイスパノ・スイザ系のM-105P エンジン(出力1,100hp)に換装され、最大速度522km/h、実用上昇限度12,000mと性能が向上し、「メルケ・モラーヌ(Mörkö Morane、メルケとはフィンランド語で「お化け」の意)」また、LaGG-3と同じエンジンだったことから「ラグ・モラーヌ」と呼ばれ、ソ連相手に奮戦した。

スイスでは、D-3800の名称でEKW社でライセンス生産が行われた他、フランスで試作に終わった改良型のM.S.412もD-3801としてスイス・ドルニエ社→ドフルク社で生産され、これらは輸入機のBf 109Eとともに第二次世界大戦中のスイス空軍の主力戦闘機となった[1]。ドフルク社では発達型のD-3802の開発も進められたが、完成は戦後となった[2]

スペック(MS.406)編集

 
MS 406

出典:航空情報編集部「仏・伊・ソ軍用機の全貌」酣燈社1965年[3]

登場作品編集

アニメ編集

終末のイゼッタ
エイルシュタット公国の主力戦闘機として登場。

ゲーム編集

R.U.S.E.
フランス戦闘機として登場。

出典編集

  1. ^ 飯山幸伸 『中立国の戦い』 光人社、2005年、ISBN 4-7698-2463-7、pp.107-108・p129
  2. ^ 飯山幸伸 『中立国の戦い』 光人社、2005年、ISBN 4-7698-2463-7、p144
  3. ^ 航空情報編集部「仏・伊・ソ軍用機の全貌」酣燈社1965年
  • デルタ出版刊 隔月刊『ミリタリーエアクラフト』通刊17号「第二次大戦フランス/イタリア機」雑誌コード08495-11

外部リンク編集