MTV Video Music Awards 2009

MTV Video Music Awards 2009(MTVビデオ・ミュージック・アワーズ 2009)は、MTVによる音楽授賞式で2009年の授賞式は9月13日、アメリカ合衆国ニューヨーク市ラジオシティ・ミュージックホールにて開催された。授賞式はコメディアンのラッセル・ブランドが前年に引き続いて2度目の司会を務めている[1]。番組は合計で900万人の視聴者を獲得し、これは2008年の視聴者数を17%上回っただけでなく、2004年以来となる最多視聴者を獲得する結果となった。ラジオシティ・ミュージックホールでの授賞式開催は2006年のVMA以来2年ぶりとなっている[2][3]

2009 MTV Video Music Awards
日時 2009年9月13日
会場 ラジオシティ・ミュージックホール
司会者 ラッセル・ブランド
放送局 MTV / VH1

株式も恒星のシンガー・ソングライターのシャキーラ、テイラー・ロートナー、アメリカ人は、とりわけ、ケイティペリー特色にした。

ノミネート作品は、2009年8月4日に発表された。この中でビヨンセレディー・ガガは互いに最多となる9部門でノミネートを受け、続いてブリトニー・スピアーズが7部門でノミネートされた[4]

授賞式は事前に出演が予告されていなかったマドンナによる同年6月に死去したマイケル・ジャクソンについてのスピーチで幕を開け、続いてマイケルの妹であるジャネット・ジャクソンによるトリビュート・パフォーマンスも行われた[5]。また最優秀ビデオ賞をビヨンセの「シングル・レディース(プット・ア・リング・オン・イット)」が受賞した。ビヨンセはその他、最優秀振付賞、最優秀編集賞の2部門も受賞し、3冠を達成している。他にも同じくレディー・ガガが最優秀新人アーティスト賞を含む3部門で受賞、グリーン・デイも最優秀ロックビデオ賞など計3部門で受賞を果たしている[6]

ノミネート作品編集

受賞作品は太字で表示[7][8]

最優秀ビデオ賞編集

最優秀男性アーティストビデオ賞編集

最優秀女性アーティストビデオ賞編集

最優秀新人アーティスト賞編集

最優秀ポップビデオ賞編集

最優秀ロックビデオ賞編集

最優秀ヒップホップビデオ賞編集

ブレイクスルー・ビデオ賞編集

最優秀監督賞編集

最優秀振付賞編集

最優秀特殊効果賞編集

最優秀アートディレクション賞編集

最優秀編集賞編集

最優秀撮影賞編集

最優秀ビデオ賞(That Should Have Won A Moonman)1編集

1 過去、VMA受賞を逃した作品で、今回オンライン投票で最も優れていると評価されたビデオに贈られる賞[8]

パフォーマンス編集

プレゼンター編集

ハプニング編集

最優秀女性アーティストビデオ賞を受賞したテイラー・スウィフトがスピーチを行っている際に、カニエ・ウエストが突如乱入する事件があった[9]。この件に関してカニエはブログやメディアを通じて謝罪した他テイラーに電話で直接謝罪した[10][11][12][13]

また、Jay-Zアリシア・キーズのパフォーマンス中にリル・ママが突然ステージに登場するハプニングも起こった[14]

脚注編集

外部リンク編集