メインメニューを開く

Marie (ロックミュージシャン)

Marie(まりー、1951年8月19日- )は、沖縄県中城村出身のハードロックミュージシャン

ハードロックバンド「Marie with MEDUSA」のヴォーカリストとして、ベトナム戦争時代の沖縄米兵の人気を集め、オキナワン・ロックの女王といわれた。父親がイタリア系アメリカ人で母親が日本人のハーフ。

「喜屋武マリー」(きゃんマリー)として、ミュージカル女優としても活躍した。現在は、芸名を「Marie(マリー)」として、沖縄市を拠点に《Marie's Band》などのユニットで活動している。

目次

経歴編集

Marie with MEDUSA結成まで編集

1979年CBSソニーより歌手デビュー。

1981年、上京後、大阪厚生年金会館でのライヴを収録したアルバム『Marie FIRST LIVE』(CBSソニー)発売。挫折して、沖縄に再び拠点を戻す。

1986年、ハードロックバンド《Marie with MEDUSA》結成[1]

喜屋武マリーの青春と映画化編集

1986年8月、「琉球新報」に利根川裕のルポルタージュ「喜屋武マリーの青春」が連載される。同年11月、単行本として出版。

1988年1月、「喜屋武マリーの青春」ちくま文庫として再刊。

1989年6月9日、「喜屋武マリーの青春」をベースにした崔洋一監督の映画『Aサインデイズ』公開[2]。(キャスト=中川安奈石橋凌広田玲央名、主題歌は、喜屋武マリー「愛は限りなく」)

ミュージカルと映画出演編集

1991年11月、ミュージカル「Blood Brothers」(共演=柴田恭兵三田村邦彦、サンシャイン劇場・制作=松竹)で、ミュージカル女優としてデビュー。主役のジョンストン夫人役を演じる。1992年に再演、1995年にも再々演。

1992年、MEDUSAとしての活動は停止し、拠点を東京へ移す。

2003年、日韓共同制作『アジアの歌』(BSフジ)に出演。この頃から東京の音楽学校の講師[3]

2005年4月23日、出演したドキュメンタリー映画『シャウト・オブ・アジア』(玄真行監督、忌野清志郎も登場する)が渋谷シネ・ラ・セットで公開[4]

沖縄──原点からの再出発編集

2005年、沖縄に本拠地を戻し、「Marie MusicOffice」を設立する。同年4月からFMコザRBCで、ラジオパーソナリティーを担当。

2006年、沖縄市にミュージックバーをオープン。7月2日第24回ピースフルラブロックフェスティバルに15年ぶりに出演、トリを務め話題となる。この年、Marie's Bandとして活動を展開。

2007年9月、出演した第25回ピースフルラブロックフェスティバルがMusic Japan TV で放送される。同年12月1日、出演したNHK総合テレビの「課外授業 ようこそ先輩」が放送[5]

編集

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • 『Marie FIRST LIVE』(1981年、CBSソニー)※1991年CD再発売
  • 『Marie TIME FLOW』(1984年、CBSソニー)
  • 『l was Born ln OKINAWA』(1989年4月25日、徳間ジャパン)※1994年CD再発売
  • 『Burning Blood』(1990年11月7日、BMGビクター)
  • 『Musical Blood Brothers』(1992年10月25日、ポリドール)ミュージカル「Blood Brothers」の楽曲収録

マキシシングル編集

  • 『Marie Asian Rose』(2006年6月20日、知花竜海がラップで参加)

関連図書編集

  • 『喜屋武マリーの青春』利根川裕 (1986年南想社 のちちくま文庫 ISBN 4480021736

 外部リンク 編集