NCAA女子バレーボール選手権

NCAA女子バレーボール選手権(NCAAじょしバレーボールせんしゅけん)は、全米大学体育協会(略称:NCAA)が毎年12月頃に開催する、アメリカ合衆国内の女子大学生バレーボール選手権である。選手権はレベルによりディビジョン1からディビジョン3の3クラスに分かれるが、本項ではディビジョン1の選手権について述べる。

NCAA女子バレーボール選手権
開始年 1981
主催 全米大学体育協会
前回優勝 スタンフォード大学
最多優勝 スタンフォード大学(9回)
公式サイト
NCAA.com
テンプレートを表示

歴史 編集

NCAAが女子学生アスリートを統括する以前の1970年から1980年までは、AIAW(女子学生アスリート協会英語版)が単独で主催するAIAW選手権(英語版)の一競技として実施されていた。

NCAAは1981/82年度からAIAWと競合する形で、12競技をNCAA選手権の一部を組み入れた。バレーボール競技もその中のひとつである。AIAWは1981年も選手権を実施したが、結局はNCAAが勝利する形で決着した。

結果 編集

優勝・準優勝チーム 編集

本節は、ディビジョン1における各年の優勝チーム・準優勝チームを一覧としたものである[1]

No. 年度 開催地 優勝チーム 準優勝チーム
1 1981 ロサンゼルス 南カリフォルニア大学 UCLA
2 1982 ストックトン ハワイ大学 南カリフォルニア大学
3 1983 レキシントン ハワイ大学 UCLA
4 1984 ロサンゼルス UCLA スタンフォード大学
5 1985 カラマズー パシフィック大学 スタンフォード大学
6 1986 ストックトン パシフィック大学 ネブラスカ大学
7 1987 インディアナポリス ハワイ大学 スタンフォード大学
8 1988 ミネアポリス テキサス大学 ハワイ大学
9 1989 ホノルル カリフォルニア州立大学 ネブラスカ大学
10 1990 カレッジパーク
(メリーランド州)
UCLA パシフィック大学
11 1991 ロサンゼルス UCLA カリフォルニア州立大学
12 1992 アルバカーキ スタンフォード大学 UCLA
13 1993 マディソン カリフォルニア州立大学 ペンシルベニア州立大学
14 1994 オースティン スタンフォード大学 UCLA
15 1995 アマースト ネブラスカ大学 テキサス大学
16 1996 クリーブランド スタンフォード大学 ハワイ大学
17 1997 スポケーン スタンフォード大学 ペンシルベニア州立大学
18 1998 マディソン カリフォルニア州立大学 ペンシルベニア州立大学
19 1999 ホノルル ペンシルベニア州立大学 スタンフォード大学
20 2000 リッチモンド ネブラスカ大学 ウィスコンシン大学
21 2001 サンディエゴ スタンフォード大学 カリフォルニア州立大学
22 2002 ニューオーリンズ 南カリフォルニア大学 スタンフォード大学
23 2003 ダラス 南カリフォルニア大学 フロリダ大学
24 2004 ロングビーチ スタンフォード大学 ミネソタ大学
25 2005 サンアントニオ ワシントン大学 ネブラスカ大学
26 2006 オマハ ネブラスカ大学 スタンフォード大学
27 2007 サクラメント ペンシルベニア州立大学 スタンフォード大学
28 2008 オマハ ペンシルベニア州立大学 スタンフォード大学
29 2009 タンパ ペンシルベニア州立大学 テキサス大学
30 2010 カンザスシティ ペンシルベニア州立大学 UCバークレー
31 2011 サンアントニオ UCLA イリノイ大学
32 2012 ルイビル テキサス大学 オレゴン大学
33 2013 シアトル ペンシルベニア州立大学 ウィスコンシン大学
34 2014 オクラホマシティ ペンシルベニア州立大学 ブリガムヤング大学
35 2015 オマハ ネブラスカ大学 テキサス大学
36 2016 コロンバス スタンフォード大学 テキサス大学
37 2017 カンザスシティ ネブラスカ大学 フロリダ大学
38 2018 ミネアポリス スタンフォード ネブラスカ
39 2019 ピッツバーグ スタンフォード ウィスコンシン
40 2020 オマハ ケンタッキー テキサス
41 2021 コロンバス ウィスコンシン大学 ネブラスカ
42 2022 オマハ テキサス大学
43 2023 タンパベイ テキサス大学 ネブラスカ

カリフォルニア大学ロサンゼルス校はUCLAと略記した。

MOP 編集

NCAAでは1991年に初めてMOP賞(Most Outstanding Player = 最も傑出した選手)を選出した。翌年から中止されたが1996年に復活した[1]

No. 年度 選手名 所属大学
1 1991 ナタリー・ウイリアムズ英語版 UCLA
Antoinnette White カリフォルニア州立大学
2 1996 ケリー・ウォルシュ スタンフォード大学
3 1997 Terri Zemaitis ペンシルベニア州立大学
4 1998 ミスティ・メイ カリフォルニア州立大学
Lauren Cacciamani ペンシルベニア州立大学
5 1999 Lauren Cacciamani ペンシルベニア州立大学
6 2000 Greichaly Cepero ネブラスカ大学
7 2001 ローガン・トム スタンフォード大学
8 2002 Keao Burdine 南カリフォルニア大学
9 2003 Keao Burdine 南カリフォルニア大学
10 2004 オガナ・ナマニ スタンフォード大学
11 2005 Christal Morrison ワシントン大学
12 2006 サラ・パバン ネブラスカ大学
13 2007 メーガン・ホッジ ペンシルベニア州立大学
14 2008 メーガン・ホッジ ペンシルベニア州立大学
15 2010 デスティニー・フッカー テキサス大学
16 2011 Rachael Kidder UCLA
17 2012 Bailey Webster テキサス大学
18 2013 マイカ・ハンコック ペンシルベニア州立大学
19 2014 メーガン・コートニー ペンシルベニア州立大学
20 2015 Mikaela Foecke ネブラスカ大学
21 2016 Inky Ajanaku スタンフォード大学
22 2017 Kelly Hunter
Mikaela Foecke
ネブラスカ大学

カリフォルニア大学ロサンゼルス校はUCLAと略記した。

記録 編集

  • 最大観客数 - 17,430人(2008年準決勝)
  • 最小観客数 - 2,000人(1983年)
  • 第一シード校優勝(※) - 2002年、2003年、2006年、2008年、2009年
  • 最低シード校が優勝 - 2004年 スタンフォード大学(第11シード)
  • 最低シード校が決勝進出 - 2013年 ウィスコンシン大学(第12シード)
  • 第一シード校が第二シード校を破り優勝(※) - 2002年、2006年、2008年、2009年
  • 最多優勝 - スタンフォード大学(9回)
  • 連続優勝 - ペンシルベニア州立大学(4年連続、2007-2010年)
  • 最多優勝監督 - ラッセル・ローズ(英語版)7回(ペンシルベニア州立大学)
  • 最多優勝カンファレンス - Pac-12(14回)
  • 連続優勝カンファレンス - Pac-12(5年連続)
  • 最多決勝進出 - スタンフォード大学(14回)
  • シーズン無敗記録校 - カリフォルニア州立大学ロングビーチ校(1998年)、ネブラスカ大学(2000年)、南カリフォルニア大学(2003年)、ペンシルベニア州立大学(2008年・2009年)
  • 最多出場 - ペンシルバニア州立大学(42回皆勤賞

※2001年以後のデータ。本節の出典:[1] [2]

脚注 編集

外部リンク 編集