メインメニューを開く

NFLは、2015年シーズンまでGAORAが放送していたNFL中継番組。正式には「NFL 2010」のように後ろにシーズンの西暦が付く。

目次

概要編集

GAORAのNFL中継は、チャンネル名がスペースビジョンネットワーク(SVN)であった1990年に開始。放送開始時には日本語実況はなく、現地実況に番組の冒頭、ハーフタイム、終了時にナレーションをかぶせる程度で、日本語による実況は翌1991年に開始された[1]

スカパー!パーフェクト・チョイス)のNFL中継(「NFLシーズンチケット」)撤退を受け、2002年より生中継を開始。ポストシーズンは全試合中継、うちワイルドカード - ファレンスファイナルまで1日1試合生中継(日テレG+でのNFL中継開始後は、GAORAで生中継されない試合は同チャンネルで生中継)されていた。ただし、プロボウルは2013年シーズン以降中継されなかった。

レギュラーシーズンは2008年シーズンは、週2 - 6試合(5試合の週が最多)、うち生中継は1 - 4試合だった。Week13は生中継4試合(うちサンクスギビングデー2試合)を含む6試合を放送した。一方、Week3はこの年から同週に東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント生中継が連日組まれている影響で生中継1試合、録画中継1試合であった。

2014年シーズンは、原則週3試合と中継試合数は減少したが生中継はサーズデーナイトフットボール(TNF)と現地日曜午後の試合を中心に1 - 3試合となった。

2010年シーズンより全試合ハイビジョン制作となった。

2016年シーズン以降は、権利元との条件が折り合わなかったとして、GAORAでのNFL中継は行われないことになった[2]

実況・解説編集

実況の西澤暲タージン、解説の濱田篤則は日本語による実況を開始した1991年より2015年まで担当。当初は西澤と武田建(当時関西学院大学総監督)、タージンと濱田が組むことが多かった。タージンと濱田のコンビは「ターハマ」と呼ばれ、また2人がオークランド・レイダースファンであったことから、日本語実況開始当初にはレイダースの試合をレイダース贔屓で実況する「レイダーススペシャル」なる企画もあった。

生中継を開始した2002年近藤祐司2004年には有馬隼人と選手経験のある(有馬は2012年まで現役選手)実況が加入。生中継を中心にこの2人が主に担当、濱田も数試合実況を担当。逆に、普段は実況を担当している有馬が解説を担当する試合もあり、例えば、第43回スーパーボウルでは、実況が濱田、解説は有馬・村田斉潔という組み合わせだった。

開幕前の特番は司会:有馬、出演:村田、河口、近藤で放送した。

実況編集

※解説も担当することがあった。有馬は日テレG+で実況、NHKで解説(甲子園ボウルライスボウル)を担当している

解説編集

  • 濱田篤則(関西協会審判部、元関西学院大学RB、1991年 -2015年 )※実況も担当することが
  • 村田斉潔(龍谷大学ヘッドコーチ、元京都大学LB、1996年 - 2015年)
  • 河口正史(元立命館大学LB・アサヒ飲料チャレンジャーズLB→DB兼コーチ、2003年 - 2015年)
  • 板井征人関西大学ヘッドコーチ、元京都大学WR/DB、2006年 -2015年 )

河口はNHK・日テレG+、板井は日テレG+の解説を兼務していた。

過去編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集