NGC 1806

かじき座の球状星団

NGC 1806は、かじき座大マゼラン雲内にある球状星団である。1836年にジョン・ハーシェルによって発見された。

NGC 1806
ハッブル宇宙望遠鏡 (HST)で撮影したNGC 1806 Credit: ESA/Hubble & NASA
ハッブル宇宙望遠鏡 (HST)で撮影したNGC 1806
Credit: ESA/Hubble & NASA
仮符号・別名 KMHK 462、[SL63] 184
星座 かじき座
分類 球状星団 VI[1]
位置
元期:J2000.0[2]
赤経 (RA, α) 05h 02m 11s[2]
赤緯 (Dec, δ) -67° 59' 18"[2]
Template (ノート 解説) ■Project

出典編集

  1. ^ Shapley, Harlow; Sawyer, Helen B. (August 1927), “A Classification of Globular Clusters”, Harvard College Observatory Bulletin (849): 11–14, Bibcode1927BHarO.849...11S 
  2. ^ a b c SIMBAD Astronomical Database”. Results for NGC 1806. 2012年5月2日閲覧。

外部リンク編集