メインメニューを開く
NHK鶴岡放送会館

NHK鶴岡支局(エヌエイチケイつるおかしきょく)は山形県鶴岡市に所在する、NHK山形放送局の支局。

概要編集

1946年「NHK鶴岡放送局」として開局以来、庄内地方向けにローカル枠を制作・放送していたが、1988年に支局に移行し独自のコールサインも廃止された。その後は所在していた鶴岡放送会館がNHK文化センター、ギャラリーの拠点として機能していたほか、空きスタジオを利用して埼玉県川口市の「NHKアーカイブス」や東京のNHK放送センターに収めきれないテープ・ディスク類などの一部が保管されていた。こうしたケースはかつて浜松支局でも実施されていた[1]

沿革編集

チャンネル・周波数編集

高館山送信所 (高館山

以下は2011年7月24日運用終了。

  • 総合テレビ 3ch (旧JOJP-TV→呼出符号なし) 映像出力:1kW 音声出力:0.25kW
  • 教育テレビ 6ch (旧JOJD-TV→呼出符号なし) 映像出力:1kW 音声出力:0.25kW
鶴岡ラジオ中継局
  • ラジオ第1放送 1368kHz (旧JOJP→現在は呼出符号なし) 出力:1kW
  • ラジオ第2放送 1035kHz (旧JOJD→現在は呼出符号なし) 出力:1kW

その他編集

  • 1992年頃まではテレビのオープニング・クロージングで山形・鶴岡両コールサインとチャンネルが表示されていた。
  • ニュース中継用のCNG車が現在でも配備されている。
  • 鶴岡放送局時代の組織の名残として鶴岡放送児童合唱団が現在も活動している。また、NHK文化センター鶴岡教室が現在も開講している。

備考編集

  1. ^ 浜松支局の収蔵物は、浜松放送会館の閉鎖に伴い、2017年度中に川口本館へすべて移されている。