NOT TREASURE HUNTER』(ノット トレジャーハンター)は、アクティアートよりPlayStation用ソフトとして販売されたアドベンチャーゲーム

NOT TREASURE HUNTER
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation
開発元 アクティアート
発売元 アクティアート
人数 1人
メディア CD-ROM1枚組
発売日 1996年12月20日
デバイス メモリーカード(1ブロック)
テンプレートを表示

タイトルは「金目当てのトレジャーハンターではない」という主人公の主義からきている。

概要編集

マップを探索し、イベントの都度選択肢を選びながら進めていくアドベンチャー形式。イベントによっては怪物と戦うアクションシーンもある。マルチシナリオ・マルチエンディングであり、エンディング数は57個と他のアドベンチャーゲームと比較しても多いと言える。分岐は選択肢だけで変わるのではなく、とった行動やキャラクターをどう動かしたかによってシナリオが変わる。中には特定の場所で数秒間待つといったものもある。

一見オーソドックスな3Dアドベンチャーゲームでボリュームがあるように見えるが、1シナリオの短いプレイ時間、数々の理不尽な展開やテンポの合わない会話、不自然なモーション等多くの問題点を抱え、結果的に極めてシュールなゲーム内容となっている。なおイメージビジュアルには末弥純を起用している。

特徴編集

  • 読み込み時間が他のゲームと比較して極度に長い。ゲーム本編は小ぶりに纏まっているので、結果としてロード時間が占める比率が高くなっている。
  • 主人公ジェームズの走り方がカクカクした奇妙なオーバーモーションで、見るからに脚の動きと移動が同期していない。
  • ジェームズの打撃は攻撃範囲が異常に広い。特にハイキックはイベントで寝た体勢になっている相手すら引き起こし、見た目では明らかに足が届かない距離にいる敵にも命中する程である。逆に所持しているピストルは、打点が高く、射幅が非常に細いため、無効になる敵が多く、かなり近距離から正確に方向を合わせないと命中しない。
  • 敵キャラクターとして登場するリザードマンは、勝手に崖から飛び降りる、何事も無かったように帰る、等の奇行が目立つ。
  • 登場人物の声がフルボイス。
  • 選択肢にかなり不条理なものがある。また突発的に主人公が死に、ゲームオーバーとなるものが非常に多い。これらの死亡選択のいくつかは、エンディングバリエーションの一部として数えられる。
  • この類のゲームには珍しく、アクションシーンでの即死トラップがある。
  • ある条件を満たすと、エンディングが社内の開発風景及びスタッフ(顔出し)を撮影したものと思われる動画になる。

ストーリー編集

英国の考古学研究家「ジェームズ・アークライト」。ある日彼のもとに届いた差出人の書かれていない手紙に従い、彼は神秘の洞窟に向かう。

その他編集

  • 開発及び販売を行ったアクティアートが発売したゲームは本作のみであり、現在は企業として存在していない模様である。
  • 出荷量はこの種の評価のゲームの割に多く、このため中古市場での売価が低い。当時は広告も大々的に行っており、1996年の『ファミ通』等においては、見開きの広告が多数確認されている。
  • 全エンディングを見た際に表示されるパスワードを表記して送ると、末弥純のイラストタペストリーと終了認定レリーフが当たるキャンペーンを実施した。
  • PlayStation 2では正常に動作しない場合があるので注意が必要である(ユーザーサポートは終了している)。

キャスト編集

関連項目編集