Nakanoまる(なかのーまる[2])は、日本シンガーソングライターである。所属レーベルは花とポップス

Nakanoまる
生誕 5月24日
出身地 日本の旗 日本 福岡県糸島市
ジャンル フォークロック
ロック
J-POP
職業 シンガーソングライター
ギタリスト
担当楽器 ボーカル
ギター
ウクレレ
レーベル 花とポップス2017年 - )
公式サイト Nakanoまる official site
著名使用楽器
Martin D-28[1]

来歴編集

福岡県糸島市出身。中学2年生の時に音楽の授業でギターを習得し、スピッツの「チェリー」を演奏。この時に弾き語りの楽しさを覚え、高校生の時に実費でエレクトリック・ギターの初心者セットを購入。高校在籍時には軽音学部にてバンドを結成[3]

2012年4月に上京し、本格的な楽曲制作を開始。約半年をかけてオリジナル楽曲を6曲制作し[3]10月下旬より下北沢ロフトにてライブ活動を開始した。2014年よりニコニコ生放送での連続放送を開始[4]

2016年に「ミスiD2017」にて審査員特別賞を受賞[5]

2017年6月9日にロフトプラスワンで行なわれたカリスマサイド『謝罪オペラ』に出演[6]。同年、シンガーソングライターのつるうちはなが代表を務めるレコード・レーベル「花とポップス」より全国デビューすることが発表され、11月8日にアルバム『MOM』でデビュー[5][7]

2018年に公開された映画『ドキ死』で主演と音楽を担当。同作品によりMOOSIC LAB 2018でベストミュージシャン賞と女優賞のダブル受賞を果たした[8]。同年にはシスター社重宗玉緒とのコラボ・プロジェクト「しすたまる」のモデルを担当したり、舞台出演も行なった[3]

2019年4月3日5月28日より自身初となる3ヶ月連続企画「AHAHA」を開催することを発表[9]

人物編集

7歳上の姉と3歳上の姉がいる三姉妹の末っ子[3]

JUDY AND MARY東京事変椎名林檎)、SHAKALABBITSGOING STEADYORANGE RANGEを聴いて育った[10][3]。なお、最初に買ったCDはBUMP OF CHICKENの作品[3]

楽曲制作時は、一人の女の子をイメージして書かれ、その上に自分の経験と思いを重ねていくという方法がとられている[10]

作品編集

シングル編集

配信開始日 タイトル 規格 収録作品
2018年12月27日 ドキ死 デジタル・ダウンロード WOW
2019年3月22日 とっても明るい未来

アルバム編集

フル・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2017年11月8日 MOM CD HTP-1019

ミニ・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2019年8月28日 WOW CD HTP-1023

全国デビュー以前の作品編集

発売日 タイトル 規格 収録曲 備考
2014年 One Take CD
  1. 赤い口紅
  2. さよなら
  3. ナミダ
  4. 半分子
2016年 Nakanoまる CD
  1. 赤い口紅
  2. はんぶんこ
  • 「はんぶんこ」は、1stフル・アルバム『MOM』にもリレコーディングされた音源で収録されている。
2016年 sunny CD
  1. サマーガール
  2. 風をうけて
  3. 空飛ぶ金魚

この他にも弾き語り音源を集めたCDを多数制作している。

その他の楽曲編集

タイトル 備考
夏のしわざ
星星星
文音 -Ayane-
ミルキーウェイ
楽曲不明 HKT48の1stアルバム『092』(Type-B)に収録の短編映画「岩をも通す村重」のエンディング曲[13]
爽やか山下くん 映画『ドキ死』劇中歌。
パンジーKISS

参加作品編集

発売日 タイトル アーティスト 規格品番 収録曲 備考
2017年5月15日 鉄コンピ 金の卵編 Vol.3 ライブ盤 V.A. SRCD-023
  1. 笑う女の子
ストロボレコード
2018年11月13日 にんじん 1stアルバム にんじん -
  1. ごあいさつ
  2. 自己紹介
  3. モンキーダンシング
  4. ふたり
  5. 五月雨
  6. 海に映る月
  7. カップルシート
  8. パリは燃えているか
  9. I LOVE YOU
  10. わたしのどこが好き
  11. 恋はうたかた
  12. サンフランシスコ
  13. ニューヨーク
  14. 夜に光るふたつの月
  15. 全部ひっくるめて愛してしまおう
コウチシュウとのユニット「にんじん」名義の作品。
マンドリンタカユキカトーが参加。
2019年6月29日 「令和源氏オペレッタ」オリジナルサウンドトラック 佐藤南美、Nakanoまる、中村インディア -
  1. Interlude
  2. miya
  3. 文学恋愛講座
  4. rokujou
  5. murasaki
  6. hakoiri
  7. Go back to the moon
  8. matsuyri
  9. Rokujou VS Aoi
  10. kaihou
  11. with b
  12. Go back to the moon (Band ver.)
  13. finale
同日に行なわれたダンス舞台【Secret Garden V「令和源氏オペレッタ」】のサウンドトラック盤

歌唱担当編集

ミュージック・ビデオ編集

監督 曲名
井上康平 ドキ死[15]
川村太輔 [16]
森岡千織 笑う女の子[5]メルヘンチックじゃない[17]はんぶんこ[18]とっても明るい未来[19]QU[20]
不明 猫にかまけて」「からっぽ

出演編集

映画編集

舞台編集

ミュージック・ビデオ編集

書籍編集

  • 重宗玉緒 KIMONO STYLE BOOK 3「しすたまる」(モデルを担当)

ライブ編集

主な公演編集

日程 ツアータイトル 会場・備考
2017年11月18日 Nakanoまる\初!/全国リリース!\初!/企画!\わーい/ 会場:東京 渋谷 DESEOmini with VV

アルバム『MOM』の全国リリースを記念した企画ライブ。工藤ちゃんゆっきゅんも出演。

2018年12月22日 なかのーまらないショー
-ひとりで全然寂しくないver.-
会場:北参道ストロボカフェ

弾き語りワンマンライブ。

2018年12月23日 なかのーまらないショー
-みんなで楽しいver.-
会場:新宿Marble

バンド編成でのワンマンライブ。

2019年5月24日 シュノーケル×つるうちはな×Nakanoまる
「明太子大好き」
会場:福岡 DRUM SON

シュノーケルつるうちはなとのスリーマンライブ。

2019年5月28日 -
7月28日
AHAHA Vol.1
AHAHA Vol.2
AHAHA Vol.3

3ヵ月連続企画ライブ。「Vol.1」はポップしなないでぽわん、「Vol.2」は狐火玉手初美とのスリーマン、「Vol.3」はavandonedとのツーマン。

2019年8月28日 Nakanoまる 1st EP 『WOW』リリースパーティー!! 会場:下北沢HALF

1stミニ・アルバム『WOW』のリリースを記念したライブ。同日にはNakanoまるが主演を務めた映画『ドキ死』が上映される。

出演イベント・ライブ編集

  • 2016年08月19日 - ウダガワガールズコレクション vol.157(渋谷gee-ge)
  • 2017年05月13日 - 栄ミナミ音楽祭(富士浅間神社
  • 2017年05月13日 - 花とホップスーBEER OR DIEー(新宿Marble)
  • 2017年07月09日 - 花とポップス 二杯目! 〜はなちゃんのおたんじょうびかい〜 @新宿Marble
  • 2017年08月12日 - 花ポFES2017 〜ハイツだよ!全員集合〜(原宿ストロボカフェ)
  • 2017年09月24日 - 花とホップス 三杯目-ふつうの女の子(新宿Marble)
  • 2017年09月30日 - 花ポフ会(西荻窪アートリオン)
  • 2017年10月21日 - GIRL's FREE!!! vol.1(豪徳寺リーフルーム)
  • 2017年10月09日 - HUG ROCK FESTIVAL 2017 体育の日(渋谷Gee-Ge)
  • 2017年12月24日 - 花とポップス主催 -Sunday Flower Party- Happy Xmas.(北参道ストロボカフェ)
  • 2018年03月11日 - 花とポップス2周年記念(下北沢MOSAiC)
  • 2018年04月04日 - 花とポップス五杯目〜五月病にはまだ早い〜(新宿Marble)
  • 2018年05月03日 - HUG ROCK FES 2018 GW(渋谷スターラウンジ)
  • 2018年05月05日 - 花ポッパー感謝祭(北参道ストロボカフェ)
  • 2018年05月26日 - 花ポのワッ!その2 〜はなまる編〜(新宿Marble)
  • 2018年06月17日 - YATSUI FESTIVAL! 2018(7th Floor)
  • 2018年08月11日 - 花ポFES2018〜O-nestだよ!全員集合!〜(渋谷O-nest)
  • 2018年12月02日 - 平成最後の花ポFES(新宿Marble)
  • 2019年03月21日 - 祝・花とポップス三周年!〜お花見だよ!全員集合〜(下北沢MOSAiC)
  • 2019年05月26日 - 「シュノ柳徹子の部屋」〜シュノ柳徹子とゲストのコラボレーションが魅せる新たな一面〜 at “新”HAPPY HILL
  • 2019年06月09日 - 出張どんぶらこ!花ポフェス in イオンモール与野
  • 2019年07月21日 - KITAZAWA UNPLUGGED FES

タイアップ編集

曲名 タイアップ
2017年 曲名不明 短編映画『岩をも通す村重』エンディングテーマ
2018年 ドキ死 映画『ドキ死』主題歌
爽やか山下くん 映画『ドキ死』劇中歌。
2019年 To The Moon Secret Garden V『令和源氏オペレッタ』主題歌[24]

受賞編集

2016年
2018年
  • 『MOOSIC LAB 2018』短編部門[8]
    • ベスト・ミュージシャン賞
    • 女優賞(『ドキ死』)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ アコギガール #82 『 Nakanoまる / インタビュー編 』 - YouTube
  2. ^ “Nakanoまる、新曲「とっても明るい未来」を4/3に配信 自身初となる3ヶ月連続企画も”. Musicman-net (エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社). (2019年3月29日). https://www.musicman-net.com/artist/85205 2019年5月25日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g “Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』”. OTOTOY (株式会社オトトイ). (2019年8月28日). https://ototoy.jp/feature/2019082801 2019年8月29日閲覧。 
  4. ^ Nakanoまる”. CDJournal. 株式会社シーディージャーナル. 2019年5月25日閲覧。
  5. ^ a b c “『ミスiD2017』のNakanoまる、森岡千織によるMV「笑う女の子」解禁”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2017年10月3日). https://okmusic.jp/news/212691 2019年5月25日閲覧。 
  6. ^ カリスマサイド『謝罪オペラ』 – LOFT PROJECT SCHEDULE”. LOFT/PLUS ONE. 2019年5月26日閲覧。
  7. ^ “シンガー・ソングライター“Nakanoまる”1stフル・アルバム『MOM』を11月に発表 企画ライヴ開催”. CDJournal ニュース (株式会社シーディージャーナル). (2017年10月16日). https://www.cdjournal.com/main/news/nakanomaru/77461 2019年5月25日閲覧。 
  8. ^ a b “MOOSIC LAB 2018長編グランプリは徳永えり主演の「月極オトコトモダチ」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年12月19日). https://natalie.mu/eiga/news/312941 2019年5月25日閲覧。 
  9. ^ “Nakanoまる、新曲「とっても明るい未来」が4月3日に配信決定、自身初となる3ヶ月連続企画も”. OTOTOY (オトトイ株式会社). (2019年3月28日). https://ototoy.jp/news/91684 2019年5月25日閲覧。 
  10. ^ a b “インディペンデントに活動を続けながらユニークな個性を発揮するNakanoまるが、新作『WOW』で開いた未来。”. 【es】エンタメステーション (ソニー・ミュージックエンタテインメント). (2019年8月28日). https://entertainmentstation.jp/519679 2019年8月29日閲覧。 
  11. ^ Nakanoまる『sunny』(2016年8月21日) 新・釘とカナヅチと記録(池上幸太朗オフィシャルブログ) . 2019年7月20日閲覧
  12. ^ 空飛ぶ金魚mv(2016年7月17日) - Nakanoまるのアブノーマル . 2019年7月17日閲覧
  13. ^ nemoshuuのツイート(940761628949274625)
  14. ^ Nakanoまる、沢井製薬web動画歌唱!|花とポップス-タフな乙女のアパートメント- . 2019年5月25日閲覧
  15. ^ “Nakanoまる、自身が初主演を務めた映画『ドキ死』主題歌を配信リリース”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2018年12月18日). https://realsound.jp/2018/12/post-294995.html 2019年5月25日閲覧。 
  16. ^ Nakanoまる「MOM」発売一周年記念MV公開!|花とポップス-タフな乙女のアパートメント- . 2019年5月25日閲覧
  17. ^ “Nakanoまる、新MV「メルヘンチックじゃない」にて初の入浴シーン?!”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2018年1月27日). https://okmusic.jp/news/241793/ 2019年5月25日閲覧。 
  18. ^ “話題沸騰中!?個性的なシンガーソングライターNakanoまるが新MV「はんぶんこ」公開!!”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2017年12月2日). https://okmusic.jp/news/229312/ 2019年5月25日閲覧。 
  19. ^ “Nakanoまる、新曲「とっても明るい未来」のMVは“あの世”を舞台に撮影”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年3月22日). https://okmusic.jp/news/328654 2019年5月25日閲覧。 
  20. ^ “Nakanoまる「QU」のMVを公開! リリースを記念したインストアイベントも開催決定!”. エキサイトニュース (エキサイト). (2019年7月18日). https://www.excite.co.jp/news/article/Rooftop_26737/ 2019年7月19日閲覧。 
  21. ^ “異世界を創り出すダンス舞台『Secret Garden』シリーズ・トークイベント第2弾『インディアと杏と飲みながら深く語らない?vol.2 みんなが知ってるようで知らない源氏物語の世界~』開催決定!”. エキサイトニュース (エキサイト株式会社). (2019年4月26日). https://www.excite.co.jp/news/article/Rooftop_25167/ 2019年5月26日閲覧。 
  22. ^ 川﨑レオン/ファースト・ピアス【Music Video】主演:Nakanoまる - YouTube
  23. ^ “つるうちはな、大切な友人を励ますために作った楽曲を配信リリース&MV公開!”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年5月22日). https://okmusic.jp/news/338012 2019年5月25日閲覧。 
  24. ^ “【PVが公開】中村インディア、玉井杏奈らが出演!異世界が生まれるダンス舞台『令和源氏オペレッタ』6月29日に渋谷・伝承ホールで上演”. エントレ (株式会社ヴィレッヂ). (2019年5月21日). http://entre-news.jp/2019/05/59018.html 2019年5月25日閲覧。 

外部リンク編集