SHAKALABBITS(シャカラビッツ)は、日本ロックバンドである。インディーズ時代はリミテッド・レコーズ所属。メジャーデビュー以降は様々なレーベルを経て、2017年に無期限の活動休止に入った。メンバーのうち、UquiとMAHは、新プロジェクト“Muvidat”として活動を行なっている。

SHAKALABBITS
Shakalabbitsonstage-countdownjapan.jpg
「COUNTDOWN JAPAN 11/12」にて
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
活動期間 1999年 - 2017年
レーベル
事務所 Hallelujah Circus Inc.
公式サイト SHAKALABBITS OFFICIAL WEB SITE
メンバー
旧メンバー
  • MASSY(ギター)
  • KING(ベース)

概要編集

  • 1999年5月、東京の音楽専門学校(ミューズ音楽院)で、同期の仲間(UKIMASSYKINGMAH)が集まり、前身となるバンド「住-SHOCK」を結成(当時 KING が坊主頭であり、MAH が G-SHOCK を着けていたというだけで命名)。
  • 7月、住職よりもお釈迦様の方が立派だろうという事と、UKIの好きな動物「うさぎ」を英語の「RABBITS」に、英語で「SKA Love it」の意味を込め、「SHAKALABBITS」に改名。
  • 2002年5月22日、アルバム「EXPLORING OF THE SPACE」内の「ROLLIE」をシングルカットしてリリース。同時にメジャーデビューとなった。
  • 6月1日、健康上の理由からギターのMASSYが脱退。
  • 9月1日、サポートギタリストとして参加していたTAKE-Cタケシーが正式加入し、それまで「SHAKA LABBITS」だったバンド名を「SHAKALABBITS」と変更。
  • 2003年9月、テレビ朝日ミュージックステーション」初出演。
  • 2004年12月31日、代々木第二体育館でカウントダウンライブ(初めてのホールでのライブ)を敢行した。
  • 2005年8月、日本武道館で初の単独ライブ。
  • 2008年8月16日、RISING SUN ROCK FESTIVALのEARTH TENT にて女性ボーカリストとしてトリを飾った。
  • 9月、初の海外公演をカナダのバンド JUNIOR ACHIEVERと共に行った。
    コロムビアミュージックエンタテインメント移籍、アルバム「SHAKALABBITS」をリリース。
  • 2009年10月、ポニーキャニオン移籍、B面集「4 ALL AGES」リリース。
  • 2010年6月17日、ツアー中、ベースの KING頸部蜂窩織炎と診断され入院、手術。これにより長野、広島、高松、さらに青森、札幌、帯広、名古屋(2会場)が公演延期となった。
  • 11月、杏子のコラボアルバム「Justess」に「Wondering Boots」で参加。
  • 12月、「杏子TOUR 2010 "Just I'm here"The Band Ver~」のツアーファイナルに UKI が参加した。
  • 2011年12月1日、方向性の違いなどの理由からKING が11月20日をもって脱退したことが公式ウェブサイトで発表される[3]
  • 12月29日、「COUNTDOWN JAPAN 11/12」出演。同日よりベースに YOSUKE を迎えて新生 SHAKALABBITS 始動。
  • 2017年内をもって、無期限の活動休止に入ることを発表した[4]

活動編集

  • 2004年以降のライブツアーではホールライブハウスを平行して活動している。
  • これまでシングル、スプリット・シングル、スタジオ・アルバム、ライブ・アルバム、DVDをそれぞれ製作すると共に、ライブも精力的に行う。
  • UKI は、個性的なファッションにより ZipperCUTiE 等ファッション誌のモデルとしても活躍している。
  • 毎回、レコーディング時には、こもりっきりになるため"ドラキュラ生活"と称している。

メンバー編集

元メンバー編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2000年9月20日 OVERDOING LTDC-013 i hate records/Limited Records
2nd 2001年5月16日 Let's PARTY!! LTDC-021 オリコン最高60位
3rd 2002年5月22日 ROLLIE POCE-8600 オリコン最高30位、登場回数9回
2002年7月24日 STAND BY YOU!! POCE-8601 「SHAKALABBITS・175R」名義
オリコン最高5位、登場回数41回
4th 2002年11月6日 head-scissors POCE-8603 オリコン最高8位、登場回数18回
5th 2003年5月8日 Pivot XLCN-71001 オリコン最高6位、登場回数12回
6th 2003年9月3日 MONSTER TREE XLCN-72002 オリコン最高4位、登場回数回
7th 2003年11月6日 星空の下で/「ポビーとディンガン」 XLCN-72004 オリコン最高10位、登場回数11回
8th 2004年7月28日 GO☆SKIP IT XLCN-71005 オリコン最高7位、登場回数8回
9th 2005年5月18日 between YOU and ME XLCN-72005:初回生産限定盤
XLCN-72006:通常盤
オリコン最高6位、登場回数5回
10th 2005年9月14日 Ladybug XLCN-72007 オリコン最高7位、登場回数6回
11th 2006年9月27日 ダズリングスープ/シルク QWCX-10001 オリコン最高8位、登場回数5回
12th 2006年11月22日 モノローグ QWCX-10002 オリコン最高12位、登場回数4回
13th 2008年9月24日 Walk Over the Rainbow COCA-16181 オリコン最高13位、登場回数4回
14th 2009年8月26日 Roller Coaster/BIRTHDAY XNUR-60014 オリコン最高29位、登場回数3回
15th 2010年5月19日 NACHO ROLL PCCA-03166 オリコン最高28位、登場回数3回
16th 2011年8月24日 mademoiselle non non PCCA-03465 オリコン最高55位
17th 2015年5月13日 Climax HCID-0006 オリコン最高84位
18th 2015年5月13日 神ノ街シアター HCID-0007 オリコン最高99位

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2001年10月31日
2002年7月24日:メジャー
2010年3月17日:HQCD
EXPLORING OF THE SPACE LTDC-028:インディーズ
POCE-8602:メジャー
PCCA-50157:HQCD
オリコン最高10位、登場回数5回:インディーズ
オリコン最高33位、登場回数30回:メジャー
2nd 2004年2月18日
2010年3月17日:HQCD
CLUTCH XLCN-71004
発売日2010年03月17日規格品番:HQCD
オリコン最高4位、登場回数20回
売上枚数は約20万枚でバンド史上最多である。
ライブベスト 2004年9月29日 BURNING CYLINDER XLCN-71006 オリコン最高5位、登場回数10回
3rd 2005年10月19日
2010年3月17日:HQCD
CRIMSON SQUARE XLCN-71014:初回限定BOX仕様
XLCN-71015:通常盤
PCCA-50159:HQCD
オリコン最高4位、登場回数8回
4th 2007年3月7日
2010年3月17日:HQCD
嘘を混ぜ込んだ真実のスープ QWCX-10004
PCCA-50160:HQCD
オリコン最高11位、登場回数7回
ベスト 2008年2月20日 MUSHROOMCAT RECORD QWCX-10005 オリコン最高16位、登場回数7回
5th 2008年10月22日 SHAKALABBITS COZA-327:初回生産限定盤
COCP-35208:通常盤
オリコン最高5位、登場回数6回
B-Side 2009年10月21日 4 ALL AGES PCCA-50152 オリコン最高57位、登場回数回
6th 2010年9月1日 Phasemeter Trippin' Bug Shake PCCA-03252 オリコン最高15位、登場回数3回
7th 2012年2月15日 Condenser Baby PCCA-03546 オリコン最高31位、登場回数3回
1st mini 2012年11月7日 BRACKISH PCCA-03694:初回生産限定盤
PCCA-03695:通常盤
オリコン最高39位
ベスト 2013年9月4日 Rabbits, Rabbits, All the Way 1 PCCA-03890:初回限定盤
PCCA-03891:通常盤
オリコン最高63位
ベスト 2013年9月4日 Rabbits, Rabbits, All the Way 2 PCCA-03892:初回限定盤
PCCA-03893:通常盤
オリコン最高69位
2nd mini 2014年3月5日 What do I crave to see? PCCA-03987 オリコン最高73位
1st Acoustic Album [LIVE会場限定盤] 2014年8月17日 Hallelujah circus Acoustic HCID-001
1st Acoustic Album [ヴィレッジ・ヴァンガード限定盤] 2014年8月20日 Hallelujah circus Acoustic HCID-002
8th 2017年4月12日 Her HCID-9C

DVD編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2003年12月3日 Live and let live TOUR 2003 ~Half the battle~ XLBN-74002 オリコン最高12位、登場回数17回
2nd 2005年2月16日 SHAKALABBITS VIDEO MUSIC AWARDS GREATEST HITS? VOL.1 XLBN-74004 オリコン最高5位、登場回数9回
3rd 2006年2月15日 between YOU and ME SHOW 2005 FINAL in 日本武道館 XLBN-74005 オリコン最高8位、登場回数6回
4th 2007年8月22日 2nd Video Clip集『神ノ街シアター』 QWBX-50001 オリコン最高17位、登場回数6回
5th 月日 ライブツアードキュメントDVD『the Bouncing Family』 QWBX-50002 オリコン最高11位、登場回数4回
6th 2009年3月18日 "Riddle Glide Soundsystem"2008-2009 at ZEPP NAGOYA XNUR-70010:初回生産限定盤
XNUR-70011:通常盤
オリコン最高32位、登場回数4回
7th 2011年7月6日 ライブツアードキュメントDVD 2010年 サラペのBUS TOUR PCBP-52066 オリコン最高35位、登場回数2回
8th 2011年7月6日 LIVE DVD 密林ジャングルジムTOUR 2010-2011 PCBP-52067 オリコン最高29位、登場回数2回
9th 2014年11月19日 「THANK YOU★AX!! –LAST PARTY-」 HCID-004 オリコン最高35位、登場回数1回

参加作品編集

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2002年7月24日 STYLE OF LimitedII LTDC-038 13. Go girl LIMITED RECORDS
2003年6月18日 STREET ROCK FILE THE BEST MUCD-1081-82 21. head-scissirs(single version) Dreamusic
2003年9月17日 BEST OF 蓮沼 1999→2003 DIGA-001 2. SO EXCITED! DISK GARAGE
2005年11月9日 STYLE OF Limited VITALIZE LTDC-088 22. 虹が語る夢 LIMITED RECORDS
2008年8月20日 Hana*tunes~summer~ HFR-001 2. MONSTER TREE HEARTFULL RECORDS
2009年9月16日 女子うたフル ガールズロック フルスロットル PCCA-03010 1. MONSTER TREE
6. Pivot
11. SO-EXCITED!
14. GO GIRL
PONY CANYON

ミュージックビデオ編集

監督 曲名
青木正 「THAT THING YOU DO!」
新井貴博 「Soda」
久保茂昭 「88 ROYAL SKA」「RIGEL」「シルク」「満天の星を探そうとも空は見ない」
島田大介 「Ladybug」「mommy's back?」「ダズリングスープ」「SADISTIC AURORA SHOW」
鈴木立樹 「CAN'T ESCAPE THE CHOCOLATE SYRUP」「GO」「MONSTER TREE」「Pivot」(上田市立第二中学校で撮影)「head-scissors」「「ポビーとディンガン」」「マッシュルームキャットナンバープレート」「星空の下で」
須藤カンジ 「Circadian Bird」「MutRon」「NACHO ROLL」「Roller Coaster」「Walk Over the Rainbow」「ユメミギャロップ」「少年と白い犬」
番場秀一 「parade」
東弘明 「モノローグ」
WHO YOU Jammin'」「スワローキリー
YOSHINOBU HONDA 「80」
MASAO 「ROLLIE」
Masanori Matsuzawa Hello World」「Climax」
不明 「G☆S☆G」「SO EXCITED!」「mademoiselle non non

タイアップ一覧編集

[注 3] 曲名 タイアップ
SHAKALABBITS
2001年 80 テレビ東京系『HANG OUT』オープニングテーマ
FLAPPER PlayStation 2専用ゲームソフト「暴れん坊プリンセス」オープニングテーマ
2002年 ROLLIE テレビ朝日系『メンズ・キャイ~ン』エンディングテーマ
head-scissors TBS系『Pooh!』11月度エンディングテーマ
テレビ東京系『HANG OUT』オープニングテーマ
2003年 Pivot スリムビューティーハウス CMソング
「ポビーとディンガン」 テレビ朝日系『小学生クラス対抗30人31脚 全国大会2003』テーマソング
2004年 マッシュルームキャットナンバープレート TOYOTATOYOYA BIG AIR 2004』テーマソング
2005年 mommy's back? TBS系『王様のブランチ』2005年4月・5月度エンディングテーマ
KBC九州朝日放送『V3』オープニングテーマ
BSN新潟放送『J商店』オープニングテーマ
Ladybug ミュージック・ドット・ジェイピーmusic.jp」CMソング
2006年 ダズリングスープ 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2006年10月度エンディングテーマ
シルク テレビ東京系『PVTV』10月度オープニングテーマ
2007年 満天の星を探そうとも空は見ない 富山テレビ『bbt music selection』エンディングテーマ
KARENA テレビ東京系ドラマ『ハッピィ★ボーイズ』オープニングテーマ
2008年 Walk Over the Rainbow とちぎテレビ『SOUND30』10月度エンディングテーマ
STV札幌テレビ放送『WE!TV』10月度オープニングテーマ
The Pitchfork Diaries ニビシ醤油「四季のつゆ」CMソング
2010年 Soda ニューシネマワークショップ配給オムニバス映画サビ男サビ女』主題歌(2011年)
2011年 mademoiselle non non 全国音楽情報TV『MUSIC B.B.』 エンディングテーマ
Blue Flamingo NHK-FMミュージックライン』8月・9月度エンディングテーマ
2015年 Climax テレビ東京系『プレミアMelodiX!』エンディングテーマ
SHAKALABBITS・175R
2002年 STAND BY YOU!! TBSBS-iドラマ『Pな彼女』オープニングテーマ(第1~3シリーズ)

ライブ編集

出演イベント編集

  • 2002年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2002 in EZO
  • 2002年08月17日・18日 - SUMMER SONIC 2002(「SHAKALABBITS・175R」として出演)
  • 2003年08月23日 - 小岩井ロックフェスティバル
  • 2004年01月31日・02月01日 - SONICMANIA 2004
  • 2004年08月13日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO
  • 2004年08月28日 - SETSTOCK 2004
  • 2006年08月26日 - MONSTER baSH 2006
  • 2007年09月01日 - TREASURE05X 2007 〜stormy stadium〜
  • 2008年06月28日 - 湘南音祭Vol.2
  • 2008年08月09日 - SUMMER SONIC 2008
  • 2008年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO
  • 2008年10月31日 - MINAMI WHEEL 2008
  • 2008年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 08/09
  • 2009年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
  • 2009年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 09/10
  • 2010年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010
  • 2010年09月22日 - B-PASS創刊25周年記念 『B-PASS 25th Fes』
  • 2010年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 10/11
  • 2011年07月30日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL.2
  • 2011年08月20日 - MONSTER baSH 2011
  • 2011年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 11/12
  • 2012年03月18日 - GO!FES 2012
  • 2012年08月05日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012
  • 2012年10月28日 - 第2回 新潟大学医歯学祭「STEP」
  • 2012年11月02日 - 昭和薬科大学 昭薬祭
  • 2012年11月03日 - 産業医科大学 医生祭
  • 2012年12月02日 - ベリテン歳末大感謝祭2012
  • 2012年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 12/13
  • 2013年05月03日 - B-DASH presents 「SERVICE SPECIAL EDITION」
  • 2013年07月20日 - FREEDOM NAGOYA 2013
  • 2013年08月17日 - SUMMER FEVER
  • 2013年08月24日・25日 - 美浜 CRYSTAL BEACH SOUND 2013
  • 2013年12月28日 - COUNTDOWN JAPAN 13/14
  • 2014年02月27日 - BRAZILIANSIZE ULAUCHICK TOUR 2013-2014 ファイナル
  • 2014年12月03日 - FOUR GET ME A NOTS 10th Anniversary GRATEFUL FOR ALL TOUR
  • 2015年02月22日 - SPACE TrAiN FESTIVAL 2015
  • 2015年04月29日 - TOKYO KAIDO'15〜宇都宮ライブサーキット〜
  • 2015年06月20日 - LIVEHOLIC presents GRAND OPENING SERIES vol.12
  • 2015年08月22日 - SNAIL RAMP「ほぼ活動休止ライブ」
  • 2015年10月24日 - バンドじゃないもん! presents「バンもん!Fes.」
  • 2015年11月23日 - 下北沢にて'15
  • 2015年12月01日 - SHANK OF THE MORNING TOUR
  • 2015年12月15日 - WANIMA「Are You Coming? Tour」
  • 2016年03月06日 - "Stay Irie, Go Rudy 2016" 〜Club Asia 20th Annivarsary〜

使用機材編集

  • Gt.TAKE-C
    • Gibson Les Paul Histric collection 1959 reisue
    • Gibson Gibson Custom Shop ES-339
    • GUILD SG-100
    • Fender TAKE-C MODEL Proto-00
    • Fender Custom Shop ESQUIER
    • Fender Custom Shop STRATOCASTER

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 販売元はユニバーサルミュージック(2002年)→東芝EMI(2003年 - 2006年)→ポニーキャニオン(2006年 - 2008年)。また東芝EMI以降、作品のパッケージには当時の所属事務所だったアンリミテッドグループ(2003年 - 2005年)、エクセルキュー(2005年 - 2008年)がそれぞれ発売元として表記された。
  2. ^ 販売元はエイベックス・マーケティング
  3. ^ 楽曲が起用された年ではなく、音源化された年で記載

出典編集

  1. ^ SHAKALABBITS(シャカラビッツ)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2021年12月19日閲覧。
  2. ^ OKMusic編集部 (2017年1月11日). “SHAKALABBITSがバンドシーンを盛り上げた『CLUTCH』”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2021年12月19日閲覧。
  3. ^ シャカラビッツからベースのKING脱退「楽器を持つ事も辛かった」 | RBB TODAY 、2018年8月2日閲覧。
  4. ^ SHAKALABBITSが明かす、活動休止と「初めて満足のいった」最新作『Her』 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス 、2018年8月2日閲覧。
  5. ^ PROFILE | SHAKALABBITS OFFICIAL WEB SITE 、2018年8月2日閲覧
  6. ^ PROFILE | SHAKALABBITS OFFICIAL WEB SITE 、2018年8月2日閲覧
  7. ^ PROFILE | SHAKALABBITS OFFICIAL WEB SITE 、2018年8月2日閲覧
  8. ^ PROFILE | SHAKALABBITS OFFICIAL WEB SITE 、2018年8月2日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集