メインメニューを開く

PARKS パークス』(パークス)は、2017年4月22日公開の日本映画

PARKS パークス
監督 瀬田なつき
脚本 瀬田なつき
製作 本田拓夫
久保田傑
製作総指揮 松田広子
出演者 橋本愛
永野芽郁
染谷将太
音楽 トクマルシューゴ
主題歌 相対性理論『弁天様はスピリチュア』
撮影 佐々木靖之
編集 瀬田なつき
製作会社 本田プロモーション
BAUS
配給 boid
公開 日本の旗 2017年4月22日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

目次

概要編集

吉祥寺を舞台とした青春映画。吉祥寺の映画館『吉祥寺バウスシアター』の閉館にあたり、オーナーの発案で井の頭公園100周年記念として製作された[1]

劇中で主人公たちは「PARK MUSIC ALLSTARS」というバンドを組むが、橋本愛が歌声を、染谷将太がラップを披露してるほか、数多くのミュージシャンが登場する[2]

吉祥寺バウスシアターの閉館後、館内で行われたセッションをもとに作られた相対性理論の『弁天様はスピリチュア』が本作のエンディングテーマ曲に起用された[3]

ストーリー編集

吉祥寺に住む大学生・純のもとに亡き父の昔の恋人を探しているという高校生・ハルが訪ねてくる。2人はその恋人だった佐知子という女性の住んでいた場所にたどり着くが、佐知子もすでに亡くなっており、佐知子の孫というトキオという青年と出会う。佐知子が残していたハルの父親が作ったラブソングをもとに、3人はこの歌の続きを作ろうと奮闘。音楽を通して現代と1960年代の吉祥寺の街や井之頭ノ園の物語が繰り広げられる。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞編集

脚注編集

外部リンク編集