メインメニューを開く

吉祥寺バウスシアター(きちじょうじ - 、Kichijoji Baus Theater.)は、東京都武蔵野市吉祥寺本町に所在した映画館。ロードショーの他に単館系作品も上映していた。合資会社武蔵野映画劇場(代表社員:本田拓夫)が運営。

吉祥寺バウスシアター
Kichijoji Baus Theater
在りし日のバウスシアター外観(2012年6月)
情報
旧名称 ムサシノ映画劇場
完成 1984年3月
開館 1984年3月1日
閉館 2014年6月10日
最終公演 「THE LAST BAUS さよならバウスシアター、最後の宴」
収容人員 (3スクリーン)373人
設備 SRDDS・SR
用途 映画上映、各種催し
運営 合資会社武蔵野映画劇場
所在地 180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23
位置 北緯35度42分22.76秒 東経139度34分50.61秒 / 北緯35.7063222度 東経139.5807250度 / 35.7063222; 139.5807250座標: 北緯35度42分22.76秒 東経139度34分50.61秒 / 北緯35.7063222度 東経139.5807250度 / 35.7063222; 139.5807250
アクセス 吉祥寺駅北口から徒歩6分

目次

概要編集

吉祥寺初の洋画専門劇場「ムサシノ映画劇場」として1951年に開館する。その後、ロックをやりたいという若者の声も踏まえて1984年に「吉祥寺バウスシアター」としてリニューアルした。

主に娯楽系作品からインディペンデント作品まで幅広く上映しており、また独自で上映会を開催していたほか、音楽のライブや演劇、春風亭柳昇一門などによる年4回の「シアター寄席」といったものまで多岐に展開した[1]

2014年6月10日をもって閉館、30年の歴史に幕を下ろした。近年の建物の経年劣化により、大規模修繕の必要性や厳しい市況から今後の長期的展望が見出せないことが理由[1]。なお、4月26日より閉館当日まで足掛け2か月に亘り閉館イベント「THE LAST BAUS さよならバウスシアター、最後の宴」が開催され、目玉イベントの「第7回爆音映画祭」等を中心に3部構成で行われた。

なお、閉館の話を聞いたアップリンクの浅井代表が本田社長に「お金はないけど、引き継ぎたい」と申し出たが実現には至らなかった[2]。しかし、2018年12月には「アップリンク吉祥寺パルコ」を展開することになった。

2015年には建物が解体され、跡地はアミューズメントパーク「ラウンドワン吉祥寺店」となった。

沿革編集

 
閉館後の吉祥寺バウスシアター
  • 1951年 株式会社井之頭会館系列の合資会社武蔵野映画劇場[3]が「ムサシノ映画劇場」を開館する[4]
  • 1984年3月1日 老朽化による建て直しにともない「吉祥寺バウスシアター」として再開館、「バウス1」(218席)と「JAV50」(50席)の2館体制となる。
  • 1995年4月15日 「JAV50」を改装し、「バウス2/JAV」としてリニューアルする。
  • 2000年4月29日 「バウス3」(105席)を新設し、3館体制となる。
  • 2004年5月1日 「爆音映画祭」の礎となったオールナイトイベント「爆音で聴く映画の夜」を、樋口泰人の株式会社boidとともに開催する。
  • 2008年5月17日 - 23日 「第1回爆音映画祭」開催。以後、毎年開催される。
  • 2010年 「バウス1」に3Dデジタルシネマシステムを導入する。
  • 2013年5月 シアター階下1階部分に入居していた衣料品店の退去後に、イートインスペース「Lido Cafe」を開設する。
  • 2014年
    4月26日 - 6月10日 閉館イベント「THE LAST BAUS さよならバウスシアター、最後の宴」を開催する。
    5月31日 閉館企画「第7回爆音映画祭」の終了をもって映画作品の上映を終える。
    6月10日 閉館企画「ライヴハウスバウス」の終了をもって完全に閉館、30年[5]の歴史に幕を下ろす。
  • 2016年
    2月8日 本田代表が吉祥寺本町1丁目8番14号ホンダビル5Fに株式会社本田プロモーションBAUSを設立。[6]
    4月16日 シネマート新宿等で行った『地獄の黙示録 劇場公開版<デジタル・リマスター>』のリバイバル上映に際し、フィルムを提供する[7]
    4月22日 本田プロモーションBAUS製作の井の頭公園開園100年記念映画『PARKS パークス』一般公開。

各館の特徴編集

  • バウス1
定員218人。丸の内ルーブル系の作品など、洋画の大作や話題作を中心に上映した。また、音楽のライブや演劇、寄席などの催しも行っていた。
  • バウス2/JAV
定員50人。当初は「JAV50」という名称だったミニシアター。アート系作品の他、テーマ毎の特集上映も行っていた。
<ライブを行った主なグループ・個人(「武蔵野フォークジャンボリー」「THE CARNIVAL」「吉祥寺音楽祭」参加者を含む>
中川五郎斉藤哲夫友部正人友川カズキなぎら健壱高田渡有頂天少年ナイフ中山ラビ加川良遠藤賢司ばちかぶり筋肉少女帯あがた森魚町田町蔵&人民オリンピックショーシーナ&ザ・ロケッツ南正人JUN SKY WALKER(S)みなみらんぼう上々颱風電気グルーヴ中川イサトゆらゆら帝国灰野敬二すかんちTHE YELLOW MONKEY真心ブラザーズエレファントカシマシ怒髪天PANTA渋さ知らズ宇崎竜童井上堯之遠藤ミチロウ
<演劇・舞踏公演を行った主な劇団・個人>
草村礼子、劇団3◯◯、演劇実験室◎万有引力、状況劇場、遊◎機械/全自動シアター月蝕歌劇団パパ・タラフマラ劇団黒テント大人計画
  • バウス3
定員105人。2000年4月29日に新設。丸の内ピカデリー2・3や新宿ピカデリー系の作品など、やや特徴のある洋画や邦画を中心に上映していた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b [1] Archived 2013年9月12日, at the Wayback Machine.
  2. ^ バウスシアター閉館を知ってすぐ電話をした「買いたいので社長に合わせてくれ」”. webdice (2018年10月2日). 2018年10月6日閲覧。
  3. ^ 同じ時期にあった武蔵野映画劇場株式会社(武蔵野興業の前身)とは全く関係ない。
  4. ^ がんばる人*第二十六回 本田拓夫”. jojitown (2002年4月9日). 2018年10月6日閲覧。
  5. ^ 旧「ムサシノ映画劇場」時代から換算すると63年。
  6. ^ 法人.info
  7. ^ 4/16より『地獄の黙示録 劇場公開版』全国順次公開します”. boid.net (2016年3月1日). 2018年10月6日閲覧。

外部リンク編集