メインメニューを開く
PFM-1
"у"の切り欠きは模擬弾であることを示す
(Photo credit:Juergen Lumpp)

PFM-1ロシア語ПФМ-1,противопехотная фугасная мина-1)は、ソビエト連邦軍が使用していた空中散布式の対人地雷である。

NATOではGreen parrotオウム、の意)と呼んでいた。一般には"バタフライ地雷"として知られている。

概要編集

一般的に知られる地雷は円形をしているものが多いが、この地雷の特徴的な形態は、空中散布時に空気抵抗によって落下時の安定性と効率的な拡散を計るためのものである。また、明るいペイントは不発時や作戦終了による地雷撤去時の発見をしやすくするために視認性を向上させるためのものである。

アフガニスタン侵攻作戦でこの地雷が使用された際、この独特の形状と色彩から子どもが興味を持って散布されたものを拾ってしまい爆発、死傷する事件が多数発生した。そのため、西側のメディアを中心に「悪魔兵器」の別称でも広く知られている。

なお、この地雷についてよく語られる「子供が玩具と間違えて手に取るようにこのような外見にした」という説は誤りで、上述のように、形状は空中散布時に空気抵抗によって効率的に拡散する形状を追求した結果である。

アメリカ軍にもBLU-43英語版という類似の兵器がある。

構造編集

本体はポリエチレン樹脂製で、炸薬として液体爆薬が入っている。信管は時限開放式となっており、散布時に安全ピンが外されてから40分で作動状態になる。このため、安全装置を解除してから空中散布しても、落下の衝撃で起爆しないようになっている。信管が作動状態になった後、本体に5Kg以上の圧力がかかると起爆する。

一旦信管が作動状態になったら解除することはできないが、改良型のPFM-1Sでは安全ピンが外されて80時間が経過すると信管が自動的に作動して自爆し、長期にわたって信管作動状態で放置されないようになっている。ただし、開発側の実験結果によれば、正常に自爆装置が作動する確率は85%に留まったという。

スペック編集

 
各部の説明
  • 重量:75g
  • 内容物:37g VS6-D or VS-60D液体爆薬
  • 信管:MVDM/VGM-572
  • 全長:120mm
  • 全幅:20mm
  • 全高:61mm
  • 起爆圧力:5-25kg