PGAフィランソロピートーナメント

かつて開催されたゴルフトーナメントのひとつ

PGAフィランソロピートーナメントは、1991年1998年2000年に開催された日本プロゴルフ協会主催のメジャートーナメントだった。

解説編集

この大会は戦前からの歴史を誇り、1990年を最後に廃止された「関東プロゴルフ選手権大会」と「関西プロゴルフ選手権大会」を統合する形でスタートさせたもので、大会の収益金や優勝賞金の一部を開催する自治体などの社会・医療・福祉活動に役立てるチャリティートーナメントとして開催された。当初は武田薬品工業冠協賛、「タケダカップ」をサブタイトルにしていた。

しかし、大会を主催するJPGAの予算が厳しく大会運営が困難になったことや、選手会主導の新ツアー「日本ゴルフツアー機構(JGTO)」の発足などから大会存続の危機に立たされ、1999年は一度大会休止となったが、2000年に規模を縮小して再開。しかしこれが、最後のフィランソロピートーナメントの開催になった。

優勝者編集

関連大会編集