PSR B1257+12 A

太陽系外惑星

PSR B1257+12 A固有名:Draugr)は、おとめ座の方角に約980光年の位置にある太陽系外惑星である。この惑星はパルサーPSR B1257+12の惑星系を構成する最も内側のパルサー惑星である。1997年に、この惑星は実は太陽風の影響による錯覚だという主張がなされたが、この主張は未だ証明されていない。月の2倍程度の質量を持つ。

PSR B1257+12 A
地球との大きさの比較
地球との大きさの比較
星座 おとめ座
分類 太陽系外惑星
(パルサー惑星)
発見
発見年 1994年[1]
発見者 A. Wolszczan[2]
発見方法 パルサータイミング法[2]
現況 公表
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.19 au[3]
離心率 (e) 0.0[3]
公転周期 (P) 25.262 ± 0.003日[3]
軌道傾斜角 (i) 50 ± 13 °[3]
近点引数 (ω) 0.0 °[3]
通過時刻 MJD 2449765.1 ± 0.2[3]
PSR B1257+12の惑星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  13h 00m 03.58s[3]
赤緯 (Dec, δ) +12° 40′ 56.5″[3]
距離 1956光年
(600 pc[3])
物理的性質
質量 0.020 ± 0.002 M[3]
他のカタログでの名称
Draugr, Lich b[1]
Template (ノート 解説) ■Project

名称編集

PSR B1257+12の惑星は、距離が大きくなるにつれてAからDの番号が付けられている。これらの名前の付け方が通常の太陽系外惑星と異なるのは、主に発見時期が原因である。パルサーに最初に2つの惑星が発見されると、通常の惑星と同じ順番で大文字の"B"、"C"と名付けられた。その後3番目の惑星が最も内側に発見されると、"A"と名付けられた。太陽に似た恒星の周りに初めて発見された太陽系外惑星であるペガスス座51番星bからは命名基準通りの命名が行われるようになったが、これらのパルサー惑星の名前は、改名されなかった。Extrasolar Planets Encyclopaediaでは、PSR B1257+12Aは、"PSR 1257+12b"として収録されている。

国際天文学連合が2015年に承認した固有名は Draugr (北欧神話のアンデッドのドラウグルより)[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b PSR B1257+12 b”. NASA Exoplanet Archive. NASA Exoplanet Science Institute. 2020年11月3日閲覧。
  2. ^ a b Wolszczan, A. (1994). “Confirmation of Earth-Mass Planets Orbiting the Millisecond Pulsar PSR B1257 + 12”. Science 264 (5158): 538–542. Bibcode1994Sci...264..538W. doi:10.1126/science.264.5158.538. ISSN 0036-8075. 
  3. ^ a b c d e f g h i j Konacki, Maciej; Wolszczan, Alex (2003). “Masses and Orbital Inclinations of Planets in the PSR B1257+12 System”. The Astrophysical Journal 591 (2): L147–L150. arXiv:astro-ph/0305536. Bibcode2003ApJ...591L.147K. doi:10.1086/377093. ISSN 0004-637X. 
  4. ^ Approved names 2015 | IAU100 Name ExoWorlds - An IAU100 Global Event”. 国際天文学連合 (2015年). 2019年9月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、PSR B1257+12 Aに関するカテゴリがあります。

座標:   13h 00m 03.58s, +12° 40′ 56.5″