RALLY」は、1999年8月25日ビクターエンタテインメントから発売されたCymbalsのセカンド・シングルである。

RALLY
Cymbalsシングル
初出アルバム『That's Entertainment』
B面 (What's So Funny' Bout) PEACE, LOVE AND UNDERSTANDING
コメディ・ショウ
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 沖井礼二
Cymbals シングル 年表
午前8時の脱走計画
(1999年)
RALLY
(1999年)
My Brave Face
(1999年)
テンプレートを表示

解説編集

ボーカル土岐麻子の「メンバーが(ボールを打ち合う)ラリーをしてるPVやってみたくないですか?」という発言に触発され沖井礼二が作詞作曲したものである。なお、"RALLY"という単語には 「からかう,冷やかす」という意味があり、バンドの掲げたコンセプト「かわいくっていじわるな感じのバンド。ただしパンク」に合致することを沖井は発見し、「騙されてどんな気分?」という歌詞に象徴されるように騙し騙されあうという意味での「ラリー・ソング」となった。ゲストミュージシャンとして沖井が憧れていたザ・コレクターズ古市コータローが参加し、ギターを演奏している。

なお、ジャケットはエルヴィス・コステロのアルバム『GET HAPPY!!』のジャケットのパロディとなっている。

収録曲編集

  1. RALLY
    作詞・作曲・編曲:沖井礼二
  2. (What's So Funny' Bout) PEACE, LOVE AND UNDERSTANDING
    作詞・作曲:ニック・ロウ、編曲:沖井礼二
    オリジナルはニック・ロウの在籍していたブリンズリー・シュウォーツ。後にオリジナルバージョンも聴いているが、カバーをしていた時点で、沖井はエルヴィス・コステロのカバー・ヴァージョンしか聴いたことがなかった。英語詞の対訳には「愛と平和と理解を信じる事の何がそんなにおかしいというんだ」という一行のみがインナースリーヴに掲載されている。
  3. コメディ・ショウ
    作詞:土岐麻子、作曲・編曲:沖井礼二
  4. (Secret truck)