RGD-5ロシア語: ручная граната, дистанционная, Ruchnaya Granata Distantsionnaya, 「遠投手榴弾」の意)は、ソビエト連邦で開発された対人破片手榴弾である。

RGD-5
RGD-5手榴弾
種類 手榴弾
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1954年 -
諸元
重量 310 g
全長 117 mm
直径 58 mm

有効射程 15-20 m
最大射程 45 m
弾頭 TNT
炸薬量 110 g
テンプレートを表示
クウェートで発見された、信管と撃発装置が外された状態のRGD-5

概要 編集

RGD-5手榴弾は、1954年ソビエト連邦軍によって採用された。現在でもロシア連邦の他、旧東側諸国アラブ諸国で広く生産・使用されている。

ロシアで生産されているほか、ブルガリア中国グルジアなどがコピー生産している。RGD-5およびそのコピーシリーズは長年にわたり、また、無数に製造されてきた。RGD-5の価格は1つあたり5USドル程度とされており、紛争地などでは安価な手榴弾として大量に使用されている。

現在では旧式化しており、近代的手榴弾のようにCRISAT英語版規格の防弾チョッキを貫通する事はできないものの、依然として安価かつ効果的な武器として使用され続けている。

URG-Nは、RGD-5を元に設計された訓練用手榴弾で、区別のために白いマーキングが施されている。

設計 編集

RGD-5は型の外形を持つライナー付きの破片手榴弾で、アメリカの有名な“パイナップル”型のような表面の刻みはないが、縦方向中央に横方向の山が設けられている。表面は艶消し加工が施されており、ないしオリーブドラブで塗装されることが多い。

重量は信管を取り付けた状態で310グラムである。炸薬は110グラムのTNTで、爆発するとおよそ350個の破片をばら撒く。致死半径は25メートルである[1]

平均的な男性が使用した場合、RDG-5の投擲距離はおよそ35 - 45メートル程度とされている。理想的な条件で炸裂した場合、半径25メートル以内の人間を殺傷し、また、半径3メートル以内の人間を確実に死亡させる。

通常、RGD-5は3.2 - 4秒の遅延信管であるUZRGM信管を使用する。UZRGMはRG-41RG-42F1など多くのロシア製手榴弾で使われた信管で、着火した瞬間に大きな音がすることがある。この他、改良型UZRGMやより近代的なDVM-78信管を用いると、遅延時間を0 - 13秒の範囲で自由に設定することができる。これらの信管はブービートラップの発火装置としても使用される。

小銃擲弾用途 編集

 
AK-47の銃口に取り付けられたカップ式擲弾発射器

AK-47自動小銃には、少数生産に終わったスープ缶型のカップ式擲弾発射器があり、これを用いるとRGD-5手榴弾を小銃擲弾として発射する事ができる。

まずRGD-5を発射器に入れ、安全ピンを抜く。それから薬室に専用の空包を装填し、地面に銃床を押し付けて発射する。この発射器を用いた際の最大有効射程は150メートル程度だったとされる[2]

出典・脚注 編集

  • Hogg, Ian V. (1991). Jane's Infantry Weapons 1991-92. Jane's Information Group. ISBN 0-7106-0963-9 
  1. ^ http://faq.guns.ru/rgd5.html |RGD-5 data (in Russian)
  2. ^ Operator's Manual for AK-47 Assault Rifle. Department of the Army

外部リンク 編集