Rainy Blue (徳永英明の曲)

Rainy Blue」(レイニー ブルー)は、1986年1月21日に発売された德永英明のデビュー・シングル。発売元はラジオシティレコード(後にアポロン音楽工業バンダイ・ミュージックエンタテインメント)。

Rainy Blue
德永英明シングル
初出アルバム『Girl
B面 奇跡のようなめぐり逢い
リリース
規格 7インチ・レコード
8cmCD
ジャンル J-POP
レーベル ラジオシティレコード
バンダイ・ミュージックエンタテインメント(1997年盤)
作詞・作曲 作詞:大木誠 作曲:德永英明
プロデュース 秋谷銀四郎
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間90位(1986年盤、オリコン
  • 週間31位(1997年盤、オリコン)
  • 德永英明 シングル 年表



    情熱
    1997年
    Rainy Blue
    1986年
    Rainy Blue 〜1997 Track〜
    (1997年)
    夏のラジオ
    (1986年)
    青い契り
    1999年
    ミュージックビデオ
    「レイニーブルー」 - YouTube
    テンプレートを表示

    Gracenoteへの登録が「レイニー ブルー」であることから、近年は通常「レイニー ブルー」と表記。

    概要編集

    徳永がバイト先の軽井沢で知り合った大木誠と共に作り上げた楽曲で、デビュー前に参加した自主制作のオムニバスアルバム「We Are Flamingo Generation Volume 1」に収録された。秋谷銀四郎がプロデュース。

    レコード化の際、歌詞を一部変更している。元のヴァージョンはライブで歌われることがあり1990年発売のライブアルバム『徳永英明Live』に収録。1997年11月1日、新アレンジ「Rainy Blue 〜1997 Track〜」として再発売された。2011年1月19日、「春の雪」カップリング曲に、「25th Anniversary Track」としてセルフカバーされた。

    収録曲編集

    全作曲:德永英明

    収録アルバム編集

    「Rainy Blue」ヴァージョン編集

    「Rainy Blue 〜1997 Track〜」ヴァージョン編集

    その他のスタジオレコーディング・ヴァージョン編集

    ライブ・ヴァージョン編集

    カバー編集

    本曲の主な扱い編集

    • 青柳晃洋阪神タイガース投手) - 2021年から打席に入る際に登場曲として使用している。[3]選曲したのは同僚の岩崎優で、選曲理由は、青柳が『柳(あめやぎ)さん』と呼ばれるほどの雨男(雨=Rainy)であることに加え、苗字に『(=Blue)』の字が入っているからである。

    脚注編集

    [脚注の使い方]
    1. ^ “音楽史上初 宝塚歌劇団OGによるJ-POPカバーアルバムがリリース決定”. シアターガイド. (2014年11月21日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/11/21_05.php 2014年11月25日閲覧。 
    2. ^ 雨宮天、初の歌謡曲カバーアルバムリリース”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年9月5日). 2021年10月3日閲覧。
    3. ^ 選手テーマソング|チーム情報|阪神タイガース公式サイト”. 阪神タイガース. 2021年7月11日閲覧。