Rocket Lab(ロケット・ラブ[2])は、アメリカロサンゼルスを拠点とする航空宇宙企業である。子会社の事務所はニュージーランドオークランドを拠点とする[3]。優れた柔軟性を持つ衛星打ち上げシステムとしてエレクトロンロケットを運用する。

Rocket Lab Ltd.
種類
非公開株式会社
設立 2007年[1]
創業者 Peter Beck[1]
本社 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
主要人物
Peter Beck, CEO
ウェブサイト 公式ウェブサイト

歴史編集

かつてCrown Researchの科学者だったPeter Beckが創業者兼CEOと技監を務めている。インターネット起業家のMark Rocketが初期の投資家であり、2007年から2011年に副監督を務めた[4]

2010年12月にRocket Labはアメリカ政府のOperationally Responsive Space Office (ORS) から低費用の使い捨て打ち上げシステムで超小型人工衛星を軌道に打ち上げる調査の契約を獲得した[5][6][7][8]

2014年Bessemer Venture PartnersCallaghan Innovationから、2013年Khosla Venturesから投資を集めた[9][10]

2015年2月にRocket Lab USAはケープカナベラル空軍基地を打ち上げ施設として使用できるようになった[11]

Rocket Labはニュージーランドのバンクス半島の南端のKaitorete Spitを商業打ち上げ施設として使用すると発表した[12]

2017年5月25日にエレクトロンの初打ち上げが行われ、第1段とフェアリングの分離までは成功したが予定の軌道には届かず、最大高度約250kmの弾道飛行となった[13][14][15][16]2018年1月の二度目の打ち上げでは軌道投入に成功した。

ロケット編集

観測ロケット編集

Ātea-1編集

Ātea-1 (マオリ語で「宇宙」の意味) 観測ロケットの最初の打ち上げは2009年末に実施された[17]。2段式ハイブリッドロケットで全長は6-メートル (20 ft)、重量 60 kgで、弾道飛行により 2 kgのペイロードを高度120 kmに運搬するために設計された[18]。科学的なペイロードや個人的な物を運ぶためである[19][20]

Ātea-1はCoromandel付近のGreat Mercury Islandから2009年11月30日 7:10 amに打ち上げ予定であったが、推進剤の充填の際に問題が生じたため2:30 pmに発射された[21]。その後、2号機は打ち上げられていない[22][23]

  • 全高:6m
  • 直径:15cm(1段目)
  • 総質量:60kg
  • ペイロード重量:2kg
  • 到達高度:150km
  • 初打ち上げ:2009年11月30日
  • 最終打ち上げ:2009年11月30日
  • 打ち上げ回数:1回

Ātea-2編集

少なくとも2010年2月の時点ではより大型の2段式ハイブリッドロケット Ātea-2シリーズを開発中であるとしていた[24]が、公式なアナウンスはないものの開発は中止になったとされ[23]、同社ウェブサイトにはĀtea-1ともども言及されなくなっている。

  • 全高:6m
  • 直径:25cm(1段目)
  • 総質量:250kg
  • ペイロード重量:70kg
  • 到達高度:250km

エレクトロンロケット編集

 
エレクトロン

エレクトロンは、炭素繊維強化プラスチック製の小型ロケットである。110キログラム (240 lb) のペイロードを1回毎の打ち上げ費用500万米ドル未満で打ち上げることを目標としている。2014年7月に発表され[25]、初打ち上げは2017年5月に行われた(打ち上げ初成功は2018年2月)。

エレクトロンは独自開発のラザフォードエンジンを搭載する。このエンジンは一般的なガス発生器サイクルエキスパンダーサイクル二段燃焼サイクルではなく、独特の電池で駆動される電動機を動力とするポンプを使用する[26]。エンジンの大部分は高真空中で電子線を用いて金属粉末を溶融・積層する電子線照射溶融式3Dプリントで製造される[27]

ニュートロン編集

ニュートロンは、Rocket Labが2021年3月に発表した二段式の中型ロケット。LEOに8tの打ち上げ能力を持ち、一段目を再使用することが計画されている。2024年の初打ち上げを予定している。

衛星バス編集

Rocket Labはエレクトロンのキックステージを元にして衛星バスフォトンを開発した[28]。エンジンとして自社開発したキュリーを採用し、Sバンドで通信を行う。投入する軌道の傾斜角太陽同期軌道の場合は37°)にもよるが、最大ペイロード質量は170 kg (370 lb)とされる[29]。2019年10月に、Rocket Lab は早ければ2020年第4四半期にもフォトンで月軌道にペイロードを投入する計画であると発表した[30]。このために改良されたフォトンは惑星間軌道での運用に耐えるよう推進剤タンクを拡大し、推力を向上させたハイパーキュリーを搭載する[31][32]低軌道用のフォトンは太陽同期軌道に130 kg (290 lb)のペイロードを投入でき、惑星間軌道用フォトンのペイロード容量は40 kg (88 lb)である[32]。ハイパーキュリーはキュリーの改良発展版で、ハイパーゴリック推進剤を用いる一液式または二液式の電動ポンプサイクルロケットエンジンである[33]

フォトンの初飛行はファーストライト衛星 (First Light、COSPAR ID:2020-060A) で、これはRocket Lab初の自社製衛星としてフォトンの実証飛行のために製作された。エレクトロンロケット14号機(ミッション名 "I Can't Believe It's Not Optical")で2020年8月31日に打ち上げられた。このミッションではファーストライト衛星とともに打ち上げ受託した顧客の衛星 Capella 2 も相乗りしていた。この際、ファーストライト衛星は Capella 2のアポジキックモーターとしても機能し、Capella 2を軌道に投入した後は単独の衛星として軌道に投入された。ファーストライト衛星自身のミッションは、衛星の軌道上寿命を延長しうる新規キックステージの軌道上実証であった。また、フォトンの軌道投入能力を実証するため、低解像度のビデオカメラも搭載していた[34]

粘性一液式液体推進剤編集

Rocket Labは2012年にアメリカ国防高等研究計画局 (DARPA) およびアメリカ海軍研究局 (NRL) の資金提供により開発した粘性一液式液体推進剤 (Viscous liquid monopropellant、VLM) のデモンストレーションを行った。VLMはチキソトロピー性をもち、剪断力がかからない限り固体ロケット燃料のような挙動をすると報告されている。VLMの密度は固体ロケット燃料に匹敵し、比重は1.72あるとされる。これは通常の液体ロケット燃料が比重1を超えることがまれなことを考えると、かなり高い数値である。VLMは特別な取り扱いが不要で、毒性がなく、水溶性で、衝撃に対する感受性が低く、発火点が高く、大気中ではほとんど燃えないとされる[35]。Rocket LabはVLMに関する米国特許 US20120234196A1 を保有している[36]

出典編集

  1. ^ a b Messier, Doug (2014年7月29日). “Rocket Lab Announces New Small Satellite Launcher”. Parabolic Arc. http://www.parabolicarc.com/2014/07/29/rocket-lab-announces-small-satellite-launcher/ 2014年7月31日閲覧。 
  2. ^ [FT・Lex宇宙開発事業、SPACに残された最後の開拓地(写真=ロイター)]” (日本語). 日本経済新聞 (2021年3月3日). 2021年3月3日閲覧。
  3. ^ Rocket Lab USA poised to change the space industry” (2014年7月29日). 2014年7月29日閲覧。
  4. ^ Home”. Mark Rocket. 2014年7月29日閲覧。
  5. ^ Rocket Lab News - ウェイバックマシン(2011年7月23日アーカイブ分) "December 2010 - Rocket Lab was awarded a US contract from the Operationally Responsive Space Office (ORS) to study low cost international alternatives. Included in this study is a 640,000Ns booster, a miniature avionics system and a launch vehicle to place small mass satellites into polar and low Earth orbits."
  6. ^ Rocket Research & Development Based in New Zealand”. Rocket Lab. 2012年10月9日閲覧。
  7. ^ New Zealand Rocketry Association (NZRA) - Rocketry Links”. Nzrocketry.org.nz. 2012年10月9日閲覧。
  8. ^ “NZ set to join the space age”. Stuff.co.nz. NZPA. (2009年10月9日). http://www.stuff.co.nz/science/2946619/NZ-set-to-join-the-space-age 22 11月 2011閲覧。 
  9. ^ Rocket Lab”. Khosla Ventures. 2015年5月14日閲覧。
  10. ^ Messier, Doug (2014年7月30日). “A Look at Rocket Lab Funding Sources”. Parabolic Arc. http://www.parabolicarc.com/2014/07/30/rocket-lab-funding-sources/ 2014年7月31日閲覧。 
  11. ^ Dean, James (2015年2月6日). “New rocket company looks at Cape Canaveral for launches”. Florida Today. http://www.floridatoday.com/story/tech/science/space/2015/02/06/new-rocket-company-looks-cape-canaveral-launches/23009275/ 2015年2月8日閲覧。 
  12. ^ Thomas, Lauren (2015年7月1日). “Space Base in New Zealand Picked to Start Private Trips to Orbit”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-07-01/space-base-in-new-zealand-picked-to-start-private-trips-to-orbit 2015年7月1日閲覧。 
  13. ^ “New Zealand test rocket makes it to space but not into orbit”. Independent.ie. Associated Press. (2017年5月25日). http://www.independent.ie/world-news/new-zealand-test-rocket-makes-it-to-space-but-not-into-orbit-35753899.html 2017年5月25日閲覧。 
  14. ^ Rocket Lab successfully makes it to space”. Rocket Lab (2017年5月25日). 2017年5月27日閲覧。
  15. ^ Foust, Jeff (2017年5月25日). “Rocket Lab reaches space, but not orbit, on first Electron launch”. SpaceNews. http://spacenews.com/rocket-lab-reaches-space-but-not-orbit-on-first-electron-launch/ 2017年5月27日閲覧。 
  16. ^ Masunaga, Samantha (2017年5月25日). “Rocket Lab's Electron rocket reaches space, but not orbit, in first test flight”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/business/la-fi-rocket-lab-test-20170524-story.html 2017年5月26日閲覧。 
  17. ^ Cooper, Tracy (2009年11月30日). “NZ's first space rocket launches”. Waikato Times. http://www.stuff.co.nz/national/3108525/NZs-first-space-rocket-launches/ 2015年4月8日閲覧。 
  18. ^ Ātea-1 technical specifications”. Rocket Lab. 2010年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月29日閲覧。
  19. ^ “Rocket project gears for take off”. The New Zealand Herald. (2007年8月15日). http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=10457773 2009年11月17日閲覧。 
  20. ^ Goldsmith, Rob (16 11月 2009). “Rocket lab primed to launch new zealand’s first rocket into space”. Space Fellowship website. http://spacefellowship.com/2009/11/16/rocket-lab-primed-to-launch-new-zealand%E2%80%99s-first-rocket-into-space/ 2009年11月17日閲覧。 
  21. ^ NZ's first space launch saved by $6 replacement part”. The New Zealand Herald (30 11月 2009). 2011年9月11日閲覧。
  22. ^ “Search for rocket remains continues”. Otago Daily Times. (2009年12月2日). https://www.odt.co.nz/news/national/search-rocket-remains-continues 2020年10月24日閲覧。 
  23. ^ a b Ātea-1”. Gunter's Space Page. 2020年10月24日閲覧。
  24. ^ Ātea-2 technical specifications”. Rocket Lab. 2010年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月29日閲覧。
  25. ^ Ryan, Sophie (2014年7月29日). “NZ to get its own space programme by 2015”. The New Zealand Herald. APNZ. http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=11300831 
  26. ^ Bradley, Grant (2015年4月15日). “Rocket Lab unveils world's first battery rocket engine”. The New Zealand Herald. http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=11432396 
  27. ^ Grush, Loren (2015年4月15日). “A 3D-Printed, Battery-Powered Rocket Engine”. Popular Science. 2014年7月29日閲覧。
  28. ^ Foust, Jeff (2019年4月8日). “Rocket Lab unveils Photon smallsat bus”. SpaceNews. https://spacenews.com/rocket-lab-unveils-photon-smallsat-bus/ 2019年4月8日閲覧。 
  29. ^ Photon”. Rocket Lab. 2019年5月12日閲覧。
  30. ^ Berger, Eric (2019年10月21日). “Rocket Lab—yep, Rocket Lab—has a plan to deliver satellites to the Moon”. Ars Technica. https://arstechnica.com/science/2019/10/rocket-lab-yep-rocket-lab-has-a-plan-to-deliver-satellites-to-the-moon/ 2019年10月30日閲覧。 
  31. ^ Grush, Loren (2020年6月17日). “How small launcher Rocket Lab plans to pull off its first mission to the Moon next year”. The Verge. https://www.theverge.com/21292753/rocket-lab-nasa-capstone-moon-mission-photon-hypercurie-engine 2020年7月10日閲覧。 
  32. ^ a b Satellite Solutions”. Rocket Lab. 2020年7月10日閲覧。
  33. ^ Peter, Beck. Rocket Lab SmallSat Update and Q&A. youtube.com. 該当時間:38分. 2020年8月11日閲覧
  34. ^ First Light”. Gunter's Space Page. 2020年9月4日閲覧。
  35. ^ Doug, Messier (2014年8月1日). “A Closer Look at Rocket Labs' Technical Development”. Parabolic Arc. http://www.parabolicarc.com/2014/08/01/rocket-labs-history/ 2020年7月21日閲覧。 
  36. ^ United States patent 20120234196A1, Peter Joseph Beck & Adam Michael Berry, "Viscous Liquid Monopropellant", issued 15 May 2018, assigned to Rocket Lab USA Inc. 

外部リンク編集