メインメニューを開く

SRS』(エスアールエス、スペシャルリングサイド)は、フジテレビほかで放送されていた格闘技情報番組である。製作局のフジテレビでは1996年4月放送開始、2008年10月3日放送終了。放送時間は毎週金曜 26:20 - 26:50 (JST) 。

SRS
SPECIAL RING SIDE
ジャンル 格闘技情報番組
出演者 武居“M”征吾
田代まさし
浅草キッド
ほか
製作総指揮 鈴木専哉
プロデューサー 永盛健之
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1996年4月 - 2008年10月3日
放送時間 金曜 26:20 - 26:50
放送分 30分
SRS-スペシャルリングサイド

特記事項:
放送時間は2006年4月以降のデータ
テンプレートを表示

概要編集

フジテレビが大会中継を行なっているK-1極真空手を始めとして、修斗キックボクシングなど格闘技全般を取り扱っていた。かつてはPRIDEパンクラスUFCも扱っていた。

それまで深夜の単発放送だったK-1中継番組をゴールデンタイムに昇格させるべく、K-1の情報を定期的にフォローする番組として、フジテレビスポーツ局の清原邦夫が1996年に開始させた。1999年からはPRIDEも扱うようになり、K-1とPRIDEの人気の原動力となった。毎年、年明けには年間ベストバウトを発表していた。

1999年6月には、格闘技評論家として番組に準レギュラー出演していた谷川貞治が編集長を務める『SRS-DX』が扶桑社から創刊された(隔週木曜日発売、2003年に休刊)。

2008年10月3日放送分をもって13年間の放送に幕を閉じた。

出演者編集

司会編集

番組開始から半年間はナレーターの武居“M”征吾が、2001年12月まではタレントの田代まさしが司会を務めていたが、田代は不祥事によって番組を降板。2002年4月からは漫才師の浅草キッドが司会を務めるようになった。

格闘ビジュアルクイーン(歴代メインキャスター)編集

彼女たちは本番組への起用と同時に、K-1中継番組のキャスターやリポーターにも起用されていた。『CanCam』(藤原・長谷川・西山)と『JJ』(畑野・東原)両誌の専属モデルから交互に選ばれる傾向が見られる(正確には、藤原のみ『JJ』→『CanCam』の移籍歴がある)。

番組終了後も、藤原紀香・東原亜希・西山茉希は『K-1 GRANDPRIX』のキャスターを継続している。東原が産休でタレント活動を休止した後、K-1ファンとして幾度かゲスト出演していた優木まおみが2009年3月28日から後任を務めている。

現在は、K-1 WORLD GPシリーズの数日前に、上記の司会者・キャスターで特別番組としてのみ放送されている。

準レギュラー編集

格闘技雑誌『格闘技通信』『SRS-DX』の編集長で、K-1を運営するFEG社長の谷川貞治が格闘技評論家として定期的に出演した。

「格闘ビデオ道」というコーナーを担当していたミュージシャンの大槻ケンヂ、格闘技好きの森本レオ、極真空手の経験者でタレントの長嶋一茂なども不定期に出演。浅草キッドも元は準レギュラーだったが、後に司会に昇格した。「お取り寄せバトル」というコーナーを関根勤が担当。

放送局編集

フジテレビとテレビ西日本での放送時間は2006年4月以降のデータ。それ以外は各局打ち切り時のデータ。

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 備考
関東広域圏 フジテレビ (CX) フジテレビ系列 金曜 26時20分 - 26時50分
(土曜 2時20分 - 2時50分)
製作局
宮城県 仙台放送 (OX) 金曜 25時50分 - 26時20分
(土曜 1時50分 - 2時20分)
途中打ち切り
長野県 長野放送 (NBS) 木曜 25時35分 - 26時05分
(金曜 1時35分 - 2時05分)
途中打ち切り
中京広域圏 東海テレビ (THK) 金曜 25時20分 - 25時50分
(土曜 1時20分 - 1時50分)
7日遅れ
途中打ち切り
近畿広域圏 関西テレビ (KTV) 水曜 25時05分 - 25時35分
(木曜 1時05分 - 1時35分)
5日遅れ
途中打ち切り
広島県 テレビ新広島 (TSS) 水曜 25時05分 - 25時35分
(木曜 1時05分 - 1時35分)
途中打ち切り
愛媛県 テレビ愛媛 (EBC) 不明
高知県 高知さんさんテレビ (KSS) 火曜 25時05分 - 25時35分
(水曜 1時05分 - 1時35分)
途中打ち切り
福岡県 テレビ西日本 (TNC) 金曜 26時45分 - 27時15分
(土曜 2時45分 - 3時15分)
7日遅れ
熊本県 テレビ熊本 (TKU) 木曜 25時35分 - 26時05分
(金曜 1時35分 - 2時05分)
途中打ち切り

スタッフ編集

  • ナレーター:立木文彦
  • 企画:フジテレビ格闘技委員会
  • 広報:小出和人
  • CAM:黒崎修一・永妻満・鈴木潤(以上ワークビジョン)
  • VE:佐藤直樹・白井宗敏・吉田均(以上ワークビジョン)
  • 音声:木村直司
  • 編集:石橋昭孝(ウエストレイクスタジオ)、江原英生、中隆一
  • MA:吉沼秀夫(ウエストレイクスタジオ)
  • サウンドコラージュ:東藤雅人・北山景太郎(以上プロジェクト80
  • TK:山本美衣→岡田紗代子
  • 美術制作:夏野展實
  • CG:竹内真由美、若松久義(ピボット)
  • 構成:伊東雅司、押切伸一、村上卓史、金森直哉
  • AP→プロデューサー:永盛健之
  • AP:金井由紀子
  • AD:泊謙次
  • ディレクター(兼演出):荒木浩二、佐々木敦規、青山速己、福田直幸、小松俊規、松坂広之、佐々木淳乃、丸林徳昭、長谷川一男、中沢剛
  • チーフディレクター:吉村忠史
  • プロデューサー:清原邦夫→鈴木専哉
  • 制作協力:ディ・コンプレックス
  • 制作:フジテレビスポーツ局
  • 制作著作:フジテレビ

関連項目編集

参考文献編集

  • 特集格闘技中継が燃えている! インタビュー清原邦夫 メジャースポーツに育てたい 『GALAC』放送批評懇談会、2006年3月号

外部リンク編集