メインメニューを開く
SYSTEM246
SYSTEM246内部

SYSTEM246(システム246)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが開発したPlayStation 2ベースの互換基板にナムコ(後のバンダイナムコアミューズメント)が開発したI/O基板を組み合わせた構成のアーケードゲーム基板ネットワークゲームの対応、違法コピー防止用にセキュリティの高いドングルを採用などの特徴がある。 SYSTEM246にはいくつかバージョンがあり、メモリが少ない無印版、ラックA、ラックBはソニーから供給された業務用専用のPlayStaion 2ボードとナムコ製のI/O基板を組み合わされた構成になっている。 ラックCと呼ばれるバージョンはソニーからICチップのみの供給が解禁され、基板が1枚に、ネットワーク接続端子が標準装備となり筐体が小型化された。この流れはコナミ社でも見られ、ウイニングイレブンアーケード、ドッグステーションがラックB、システム573基板がラックCに相当する。

上位基板としてEE+GSに差し替わり、CPUのクロックアップとVRAMを2倍に強化した「SYSTEM256」やさらに性能向上を図った「SYSTEMスーパー256」、SYSTEM256の廉価版としてストレージにフラッシュメモリを使ってネットワーク機能をオプション化するなどした「SYSTEM147」が存在する。

変わったところでは『鉄拳R』(山佐から発売されたパチスロ機。ナムコが開発協力している)の液晶演出部分の基板にも使われている。

SYSTEM246・SYSTEM256・SYSTEM147の修理サポートは部品調達難に伴い、バンダイナムコアミューズメントはほとんどのタイトルが2017年10月に終了した他[1]カプコンの全タイトルも2019年2月28日に終了した[2]。SYSTEMスーパー256を唯一採用している『タイムクライシス4』も、2018年6月に修理サポートを終了することが発表された[3]

主なタイトル編集

発売されたタイトル編集

SYSTEM246
SYSTEM256
SYSTEMスーパー256
SYSTEM147

組み込み専用で小型化されており、汎用筐体で動作するビデオゲーム基板としての使用例はない。 旧PlayStation互換の廉価基板SYSTEM10が使われていた場面を置き換える形で使用されている。

他にも多くの海外向けマシン、モニター画面がついた子供用の乗り物など、高度な描画能力が必要ない用途で多く使用されている。

開発中止となったタイトル編集

SYSTEM246

関連項目編集

  • Triforce - ゲームキューブ互換アーケードゲーム基板
  • NAOMI - ドリームキャスト互換アーケードゲーム基板
  • Chihiro - Xbox互換アーケードゲーム基板

脚注編集