メインメニューを開く

概要編集

2005年結成。以前からそれぞれ独自に音楽活動をしていたメンバーを、ボーカルの真緒とベースの亜季の2人が中心となって結成した[2]。「サディ」というバンド名の由来は、結成当時の真緒の心境がかなり落ちていた時期で、その悲しみ=SADからきている。サウンド面ではハードコアデスメタルといったメタルコアを中心としている。また、ファンクラブとして「UNDEAD」がある。2015年9月21日のZEPP TOKYO公演を最後に活動を休止している。

メンバー編集

現メンバー

人名 演奏担当 制作 その他
真緒
(まお)
Voice.
  • 6月7日生、O型。
  • 京都府出身。
  • 身長160.2㎝。
  • 中学時代より音楽に触れ始め、元はギタリストでもあったが、ボーカルへと移った。
  • 活動休止後The THIRTEENを結成する。

(つるぎ)
Gt.
  • 4月2日生、AB型。
  • 滋賀県出身。
  • ギタリストとしてLUNA SEASUGIZOINORANPIERROTアイジLaputaKouichiへのリスペクトを表明している[3]
  • 2010年同じ滋賀県出身のT.M.Revolutionのサポートメンバーを務める。
  • REIGN郁磨(Vo.)の動画コンテンツ「悪魔的教育講座」の宇宙編・特別篇に出演している。
  • 楽曲メインコンポーザー
  • 活動休止後RAZORを結成する(2016年)。
美月
(みづき)
Gt.
  • 1984年1月8日生、B型。
  • 滋賀県出身。
  • 2009年よりムックの逹瑯と共にカラスというセッションに参加し、2009年12月27日には日本武道館にてLIVEを行う。
  • ナイトメアによるプロジェクトGREMLINSにてギターを担当している。
  • かつてはVo.真緒と住んでいた経歴がある。
  • 活動休止後The THIRTEENを結成する。

亜季
(あき)
Ba.
  • 3月25日生、A型。
  • 大阪府出身。
  • 大阪の有名進学校を卒業したが、夢を追いかけ大学には進学しなかった。

(けい)
Dr.
  • 11月30日生、AB型。
  • 滋賀県出身。

旧メンバー

人名 演奏担当 制作 その他

(そら)
Dr.
  • B型
  • 大阪府出身。
  • 2006年1月に家庭の事情で脱退する。
  • 1999年〜2001年まで、DAS:VASSERのローディをしていた[要出典]

ディスコグラフィ編集

シングル編集

No. 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1 2005年7月27日 黒衣の下の欲望と、苦悩の果てに視た百景の百合達 MRS-0001 1.淡き群青
2.赤蝶々
3.妄想被虐性癖
初回限定2000枚
2 2005年12月14日 溺哀-dekiai- MRS-0002 1.obstasle progress
2. 迷彩
3. 嘆きの幸福
初回限定3333枚
オリコンインディーズチャート初登場12位
最高位11位
3 2006年8月2日 GRUDGE OF SORROW MRS-0006 1.GRUDGE OF SORROW
2.追恋の華
3.M.F.P(Malicious Female Pigs)
初回限定生産
オリコンメジャーチャート初登場92位
オリコンインディーズチャート初登場4位
4 2007年3月28日 a holy terrors MRS-0011 1.a holy terrors
2.Barking the enemy
3.Rock'n roll stinky people
オリコンメジャーチャート初登場77位
オリコンインディーズチャート初登場5位
5 2008年3月5日 Crimson Tear MRS-0015
MRS-0016
1.Crimson Tear
2.Payment of Vomiter
3.Dustin' fucker life
4.The Heartless(完全通販限定盤にのみ収録)
完全通販限定盤、通常盤同時発売
PV監修に「スクリーミング・マッド・ジョージ
オリコンインディーズチャート初登場2位
メジャーチャート初登場40位
6 2008年7月23日 Grieving the dead soul MRS-0018
MRS-0019
1.Grieving the dead soul
2.Sexual Affection(通常盤にのみ収録)
3.儚き理想 僅かな愛
4.In Cave
初回限定盤、通常盤同時発売
オリコンインディーズチャート初登場1位
メジャーチャート38位
7 2008年12月17日 Ice Romancer MRS-0021
MRS-0022
1.Ice Romancer
2.marionette
3.Recall(通常盤にのみ収録)
4.サイケデリックケミカルムービー
初回限定盤、通常盤同時発売
オリコンインディーズチャート初登場1位
メジャーチャート19位
8 2009年7月15日 陽炎 MRS-0026
MRS-0027
MRS-0028
1.陽炎
2.BLACK STARS
3.ナイフ
4.陽炎〜Unplugged ver.〜(Type Cにのみ収録)
3タイプ同時発売
アルバム「MASTER OF ROMANCE」からのリカットシングル
オリコンインディーズチャート初登場1位
メジャーチャート21位
9 2010年4月28日 ドレス MRS-0031
MRS-0032
1.ドレス
2.stormy heaven(通常盤にのみ収録)
3.forbidden
初回限定盤、通常盤同時発売
通常盤にのみトレーディングカード封入
初回限定盤、通常盤同時購入応募特典あり
オリコンインディーズチャート初登場1位
メジャーチャート21位
10 2010年9月29日 クライモア XQGM-91007
XQGM-1007
1.クライモア
2.BURST ZERO
3.little prayer(通常盤にのみ収録)
初回限定盤、通常盤同時発売
3ヶ月シングル連続リリース第一弾
「クライモア」…テレビ朝日系セレクションX」エンディングテーマ
オリコンインディーズチャート初登場1位
メジャーチャート18位
11 2010年11月3日 棘-toge- LACM-34747
LACM-4747
1.棘-toge-
2.GREEDY EMOTION
初回限定盤、通常盤同時発売
3ヶ月シングル連続リリース第二弾
「棘-toge-」…TBS系アニメ咎狗の血」エンディングテーマ
オリコンメジャーチャート22位
12 2010年12月15日 Juggernaut LACM-34749
LACM-4749
1.Juggernaut
2.true word
初回限定盤、通常盤同時発売
3ヶ月シングル連続リリース第三弾
「Juggernaut」…映画「マジンカイザーSKL」エンディングテーマ
オリコンメジャーチャート37位
13 2011年10月12日 Rosario-ロザリオ- XQGM-91009
XQGM-91010
XQGM-1009
1.Rosario-ロザリオ-
2.SUIDICAL ROCK CITY
3.Break the silence(Type Cにのみ収録)
3タイプ同時発売
オリコンメジャーチャート12位
インディーズチャート1位
14 2012年7月25日 METEOR-メテオ- MRS-0044
MRS-0045
MRS-0046
1.METEOR
2.Dearest
3.LOUD UP, GENERATION(通常盤にのみ収録)
3タイプ同時発売
「METEOR」…テレビ朝日系Break Out」7月度エンディングテーマ
オリコンメジャーチャート30位
オリコンインディーズチャート1位
15 2013年3月27日 双刻の艶 MRS-0049
MRS-0050
MRS-0051
MRS-0052
1.斑-まだら-
2.雪月花
3.face to face(通常盤初回限定、通常盤に収録)
4タイプ同時発売
「斑-まだら-」…ニコニコ生放送dwangya」4月度エンディングテーマ
「雪月花」…テレビ朝日系「Break Out」3月度エンディングテーマ
16 2015年5月27日 Voyage MRS-0064
MRS-0065
MRS-0066
1.Voyage
2.Call the pain(初回限定盤A-type、通常盤のみ収録)
迷彩(2015/4/11 大阪城野外音楽堂ライブ音源・初回限定盤B-typeのみ収録)
3.End of the world(通常盤のみ収録)
3タイプ同時発売。活動休止前のラストシングル。
オリコンチャート初登場20位。登場回数は9回と、Sadieとしては最も高いセールスを記録。

アルバム編集

No. 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1 2006年5月3日 The Trend Killer MRS-0004
MRS-0007
MRS-0010
1.Enter the killing
2.under the chaos
3.サイコカルチャー
4.meranchoria
5.CHILDREN OF DESPAIR
6.コールドプレイ
初回限定4444枚
2nd Press(2006年11月8日)、3rd Press(2007年2月28日)リリース。3rd Pressのみ完全リマスタリング。
オリコンメジャーチャート初登場299位
2 2006年11月22日 THE SUICIDE MACHINE MRS-0008 1.confusion
2.Deathwish
3.Voice of pain
4.MAD・ROID
5.Empty room
初回限定盤仕様
「迷彩」PV付
オリコンメジャーチャート初登場141位
オリコンインディーズチャート初登場10位
3 2007年7月25日 THE BULLET STORM MRS-00012
MRS-0013
1.obvious ballade
2.Deadly Masquerade
3.サイレントイヴ
4.waver in darkness
5.blue irony
2タイプ同時発売
Aタイプにブックレート、Bタイプに「サイレントイヴ」PV付
オリコンメジャーチャート初登場94位
オリコンインディーズチャート初登場4位
4 2008年6月25日 「SADIE」〜UNDEAD13+2〜 MRS-0017 1.obstacle progress
2.迷彩
3.MAD-ROID
4.confusion
5.under the chaos
6.CHILDREN OF DESPAIR
7.サイレントイヴ
8.サイコカルチャー
9.GRUDGE OF SORROW
10.M.F.P
11.妄想被虐性癖
12.a holy terrors
13.Empty room
14.Barking The Enemy
15.サヨナラの果て
初のセレクションアルバム
DVDに「迷彩」、「a holy terrors」、「サイレントイヴ」、「Crimson Tear」のPV収録
オリコンインディーズチャート初登場6位
メジャーチャート97位
5 2009年2月25日 MASTER OF ROMANCE MRS-0023
MRS-0024
1.imaginary creature
2.Ice Romancer
3.心眼
4.VIRTUAL FAKEMAN
5.Scarlet
6.アゲハの亡骸
7.Crimson Tear
8.陽炎
9.Parasite scene
10.Grieving the dead soul
11.Swallow Rain
初のフルアルバム
限定盤、通常盤同時発売
限定盤にボーナストラック及びライブDVD付属
オリコンメジャーチャート初登場48位
オリコンインディーズチャート初登場2位
6 2009年12月30日 Gain MRS-0029
MRS-0030
1.ever
2.brain core
3.Beauty shadow
4.CHAOTIC WORLD
5.愛しさは孤独の支配者
6.Regret(通常盤にのみ収録)
限定盤、通常盤同時発売
オリコンインディーズチャート初登場1位
メジャーチャート38位
7 2010年4月28日 Singles MRS-0033 1.陽炎
2.Ice Romancer
3.Grieving the dead soul
4.Crimson Tear
5.a holy terrors
6.GRUDGE OF SORROW
7.迷彩
8.赤蝶々
9.サイレントイヴ(ボーナストラック)
10.ever(ボーナストラック)
ベストアルバム、全曲リマスタリング
オリコンインディーズチャート初登場5位
メジャーチャート49位
8 2011年4月6日 COLD BLOOD XQGM-91008
XQGM-1008
1.慟哭
2.Juggernaut
3.LOOSING MY WAY OF THE PROUD
4.砂漠のシンドローム
5.棘-toge-
6.deathtopia
7.ドレス
8.Graceful Angel
9.霞に消える華
10.GIMMICK
11.クライモア
12.瞼の憂鬱
ドレス-unplugged ver.-(通常盤のみ)
2ndフルアルバム
初回限定盤、通常盤同時発売
2011年3月30日発売予定だったが、東北大震災の影響で、延期となった。
オリコンインディーズチャート初登場1位、メジャーチャート32位
9 2012年4月4日 RED LINE MRS-0041
MRS-0042
MRS-0043
1.RED LINE
2.RODEO SCREAM
3.朦朧
4.Skelton Bug
5.daydream
6.声(通常盤にのみ収録)
3タイプ同時発売
オリコン週間アルバムチャート初登場24位
インディーズチャート2位
10 2012年10月10日 THE BLACK DIAMONDS MRS-0047
MRS-0048
1.キミノミタイモノ
2.躯~mukuro~
3.愛の罠
4.METEOR
5.Flavor of blood
6.tear drop
7.Rosario-ロザリオ-
8.Struggle Against Betrayal
9.プレイガール
10.Rain fall
11.哀しみの賛歌
3rdフルアルバム
2タイプ同時発売
「Rain fall」…テレビ朝日系「Break Out」10月度エンディングテーマ/UX新潟テレビ21ヤンごとなき!」10月度エンディングテーマ
オリコン週間アルバムチャート初登場35位
11 2013年7月31日 THE BOOTLEG 「悲愴 -hisou-」 MRS-0053
MRS-0054
1.淡き群青
2.迷彩
3.GRUDGE OF SORROW
4.a holy terrors
5.Crimson Tear
6.Grieving the dead soul
7.Ice Romancer
8.ドレス
9.クライモア
10.棘-toge-
11.juggernaut
12.Rosario-ロザリオ-
13.METEOR
2タイプ同時発売
12 2013年10月16日 MADRIGAL de MARIA MRS-0055
MRS-0056
1.Demons cradle
2.THE REQUIEM
3.Decadence
4.Jealousy
5.官能と Paradox
6.嘘にまみれた真実の底
7.viper
8.STARRING
9.斑 - まだら -
10.雪月花
11.優シク殺シテ
12.face to face (unplugged ver.)(通常盤のみ)
4thフルアルバム
2タイプ同時発売
13 2014年5月14日 bleach MRS-0057
MRS-0058
MRS-0059
1.bleach
2.Voice of pain
3.追恋の華
4.Sexual affection
5.溺れる魚
6.嘆きの幸福
7.plugless ver.:サイレントイヴ(通常盤のみ)
3タイプ同時発売
14 2014年9月24日 GANGSTA MRS-0060
MRS-0061
1.MODE OF GANGSTA(op.SE)
2.HOWLING
3.WELCOME TO THE UNDERGROUND
4.DEAD END
5.SHOOT THE TARGETS HIDDEN YOUR MIND
6.TOKYO GYPSY
7.GESSHOKU
8.RIZE A FLAG
9.HATE ME OR LOVE ME?
10.bleach
11.THE NEVER
12.MESSAGE FROM HERE
13.PHRASE OF LIFE(ed.SE)
2タイプ同時発売

DVD編集

  • 「THE SUICIDAL APPLICANTS」-LIVE at SHIBUYA O-WEST (完全限定3333枚 2007.4.18)オリコンDVDチャート212位
2007年1月20日に行われたSHIBUYA O-WESTのライブを映像化。
  • 「Distract against the terrors」-at O-EAST 20070427- (2007.8.1)オリコンDVDチャート195位
  • 「Grieving the dead soul」-at AKASAKA BLITZ 20081005- (2009.3.18)
  • 「MASTER OF ROMANCE」at SHIBUYA-AX20090502- (2009.10.28)
FACE MUSICオンラインショップ限定発売。
  • 『DRESS OF SKIN』at SHIBUYA C.C.Lemon HALL (2010.10.6)
  • 「DEADLY BIRTHDAY」at NAMBA Hatch 20110722 (2011.12.14)
  • 「CLIPS-13」 (2012.7.11)オリコンDVDチャート90位

配布CD編集

  • 溺れる魚 (2005.12.3)…OSAKA MUSEにて配布
  • サヨナラの果て (2006.5.6)…OSAKA MUSEにて配布
  • 溺哀 -dekiai- (2007.1.20)…渋谷O-WESTにて配布(リレコーディング)
  • Struggle against betrayal (2008.10.5)…AKASAKA BLITZにて配布
  • 淡き群青 (2009.5.02)…SHIBUYA-AXにて配布(リレコーディング)

オムニバス編集

  • さわやか3組(2006.1.18)
2曲目に「迷彩」収録
  • Shock Edge 2006 (2006.10.10)
7曲目に「サヨナラの果て」収録
参加曲:「STAINLESS NIGHT
  • V-ROCK Disney(2011.9.14)
参加曲:「This Is Halloween」
  • V-ANIME ROCKS!(2012.8.1)
参加曲:「ペガサス幻想」

楽曲提供編集

脚注編集

  1. ^ a b Sadie reviews, music, news - sputnikmusic・2015年2月21日閲覧。
  2. ^ 『FOOL'S MATE』2006年2月号より。
  3. ^ Sadie 剣のツイート” (2013年5月31日). 2015年8月17日閲覧。

外部リンク編集