チーム・テイクワン

TEAM TAKE ONEから転送)

TEAM TAKE ONE[1] (ちーむていくわん)は、かつて日本に存在したレーシングチーム。

日本信販社長(当時)の山田洋二が設立し、セントラル20柳田春人が初代監督を務めた。

概要 編集

1990年設立。ノバエンジニアリングにメンテナンスを委託し全日本F3000選手権に参戦開始。以降N1耐久(後のスーパー耐久)、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)、全日本ツーリングカー選手権(JTCC)、全日本GT選手権(JGTC)の日本国内主要カテゴリーに参戦。オーナーの山田もN1耐久のホンダ・シビックやJGTCのポルシェで参戦した。日本信販の経営不祥事に伴う山田の引責辞任で2002年限りで活動停止した。

参戦実績 編集

全日本F3000選手権 編集

1990年、サントリープラスという大型スポンサーを擁し参戦開始。初年度はノバ、翌年はサントリー号のラルトがルマン、プラス号のローラがムーンクラフトによってメンテナンスされた。 1992年から自社メンテナンスを行う。翌93年最終戦で優勝を遂げるも、この年限りでトップフォーミュラは活動休止に。

年度 ドライバー マシン 最高位
1990年   中谷明彦 ローラ・T90/50 4位
  フォルカー・ヴァイドラー ローラ・T90/50 優勝
1991年   ジョニー・ハーバート ラルト・RT23 2位
  ミハエル・シューマッハ(第6戦) 2位
  関谷正徳(第10-11戦) 9位
  服部尚貴 ローラ・T90/50 5位
1992年   トーマス・ダニエルソン ローラ・T92/50 5位
  田中実 9位
1993年   トーマス・ダニエルソン ローラ・T92/50 優勝

全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権 編集

1992年、日産・R91CPコクヨのスポンサードを受け参戦。第2戦の富士1000kmではワークスのカルソニックと同一周回の2位の大金星をあげる。

年度 ドライバー マシン 最高位
1992年   トーマス・ダニエルソン/  岡田秀樹 日産・R91CP 2位

全日本ツーリングカー選手権(JTCC) 編集

1994年、BMW・318i綜合警備保障のスポンサードを受け、中谷明彦のドライブにより参戦した。JTCCはこの年限り。

年度 ドライバー マシン 最高位
1994年   中谷明彦 BMW・318i 5位

全日本GT選手権 編集

1995年、ポルシェ・911 GT2で綜合警備保障のスポンサードを受け参戦開始。オーナーの山田洋二も自らハンドルを握る。1999年からマクラーレン・F1 GTRにマシンを変更。2002年まで参戦。

年度 ドライバー マシン 最高位
1995年   山田洋二/  田嶋栄一 ポルシェ・911 GT2 2位
1996年   山田洋二/  田嶋栄一 ポルシェ・911 GT2 7位
1997年   山田洋二/  茂木和男 ポルシェ・911 GT2 9位
1998年   山田洋二/  岡田秀樹 ポルシェ・911 GT2 8位
1999年   山田洋二/  岡田秀樹 マクラーレン・F1 GTR 9位
2000年   山田洋二(第5戦まで)/  岡田秀樹/  松田次生(第6戦から) マクラーレン・F1 GTR 4位
2001年   岡田秀樹/  アンドレ・クート マクラーレン・F1 GTR 優勝
2002年   岡田秀樹/  黒澤治樹 マクラーレン・F1 GTR 9位

脚注 編集

  1. ^ #チームテイクワン Instagram posts (photos and videos) - Picuki.com”. www.picuki.com. 2024年2月5日閲覧。