メインメニューを開く

TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座

プリンセス・オブ・プリンセス王座は、東京女子プロレスが管理、認定している王座。旧名称はTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座

プリンセス・オブ・プリンセス王座
詳細
現王者 坂崎ユカ
獲得日 2019年11月3日
管理団体 東京女子プロレス
創立 2015年10月12日


概要編集

東京女子プロレス旗揚げ以来、初めて設立された王座。

2015年10月12日に仮称「東京女子プロレス王座」として設立を発表。初代王座決定戦は、出場権利書(勝者に移動する形式)の所持者と、11月7日の横浜ラジアントホールでの時間差入場バトルロイヤルの勝者によって、2016年1月4日の後楽園ホールで行われることも合わせて発表。

11月7日、権利証の最終所持者である山下実優と、バトルロイヤル勝利者の中島翔子で行われることが決定。

2016年1月3日、タイトル名を発表[2]

1月4日、山下実優の勝利により初代王者決定。

2019年7月16日、TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権からプリンセス・オブ・プリンセス選手権へ名称変更を発表[3]

歴代王者編集

歴代 レスラー 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所 (対戦相手・その他)
初代 山下実優 1 2 2016年1月4日 後楽園ホール中島翔子
第2代 優宇 1 4 2016年9月22日 新宿FACE
第3代 坂崎ユカ 1 0 2017年6月4日 新宿FACE
第4代 才木玲佳 1 2 2017年8月26日 後楽園ホール
第5代 山下実優 2 10 2018年1月4日 後楽園ホール
第6代 中島翔子 1 3 2019年5月3日 後楽園ホール
第7代 坂崎ユカ 2 2019年11月3日 両国国技館

脚注編集

外部リンク編集