TOKYO SKY STORY

TOKYO SKY STORY』(トーキョースカイストーリー)は、2013年公開の日本映画

TOKYO SKY STORY
監督 真壁幸紀
脚本 真壁幸紀
製作総指揮 別所哲也
出演者 比嘉愛未
高橋一生
小林ユウキチ
田口トモロヲ
スリムクラブ
音楽 真部脩一
撮影 角田真一
公開 日本の旗 2013年5月23日
上映時間 15分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東京スカイツリー開業1周年を記念して作られたショートフィルムである。2013年5月23日に東京スカイツリータウンで行われたショートショートフィルムフェスティバルで初上映。記者発表では司会をLiLiCoが担当し、スリムクラブ、スカイツリーのマスコットであるソラカラちゃんなどが登壇した。[1] また音楽を元・相対性理論真部脩一が担当している。

目次

ストーリー編集

長年付き合っているカップルのヒロミとコウジ。 二人は些細な事でケンカし、タクシーでお互い無言のまま。 ヒロミが降りた後、コウジは運転手の黒田に聞く。 「結婚を考えてるんですが、うまくいかなくて・・・。運転手さんはご結婚されてるんですか?」 同じ頃、ラジオではパーソナリティーが中学生の恋の悩み相談にのっている。 「どうしたら告白できますか?」

翌日。 コウジは黒田のアドバイスを受けて、ヒロミをデートに誘う。 中学生も好きな子をデートに誘う。 そして、そんな青春映画を撮ろうとしている自主映画サークルがいた。 クライマックスシーンはスカイツリーで撮るらしい・・・。

スタッフ編集

キャスト編集

出典編集

  1. ^ [1]「集中して観て」スリムクラブがショートフィルムに出演

外部リンク編集