メインメニューを開く

比嘉 愛未(ひが まなみ、1986年6月14日 - )は、日本女優ファッションモデル沖縄県具志川市(現:うるま市)出身[2]ライジングプロダクション所属。

ひが まなみ
比嘉 愛未
生年月日 (1986-06-14) 1986年6月14日(32歳)
出身地 日本の旗 日本沖縄県具志川市(現うるま市
身長 169 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2003年[1] - 現在
事務所 ライジングプロダクション
公式サイト higa manami official website
主な作品
テレビドラマ
どんど晴れ
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
天地人
魔女裁判
マルモのおきて
DOCTORS〜最強の名医〜
ハンチョウ〜警視庁安積班〜』シリーズ5、6
GTO(第2シリーズ)
映画
ニライカナイからの手紙
猿ロック THE MOVIE
飛べ!ダコタ

目次

来歴

1986年、3人妹弟の長女として生まれる[3]。高校進学のために通っていた塾の講師が芸能事務所の社長と知り合いで[4]、身長も高かったことから[5]2003年にスカウトされ、沖縄県立中部農林高等学校[1]の合格発表後、その講師を通じて沖縄のモデル事務所「Dine and indy」に入り、モデルとしてデビュー[6]。高校2年生の時に東京の芸能事務所ジャングル[要出典]へ所属[7]沖縄の事務所との二重在籍となる[要出典]2005年公開の映画『ニライカナイからの手紙』の出演オファーがあり、地元の女子高生役で女優デビュー[1][4]。社会勉強のつもりの出演だったが[5]、2行のセリフがなかなか言えなかったことが悔しく、それがきっかけで本格的に女優を目指すことを決意[4]。猛反対していた両親を土下座して説得し[4]、3月に高校を卒業後、6月に上京した[8]

2006年7月、 NHK連続テレビ小説どんど晴れ』オーディションにて2,156人の中からヒロイン役に選ばれ[8]世間から認知されるきっかけとなる。翌2007年3月、所属事務所を「Dine and indy」、「ジャングル」から[要出典]ヴィジョンファクトリー(現在のライジングプロダクション)」へと移す。4月に『どんど晴れ』にてテレビドラマに初出演で初主演。10月、第54回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ザテレビジョン特別賞を受賞。12月にはフジテレビ系スペシャルドラマ『美ら海からの年賀状』にて民放ドラマに初出演。

2009年3月、『天地人』で菊姫役としてNHK大河ドラマ初出演。

2015年春クールの『恋愛時代』(日本テレビ)で民放連続ドラマ初主演を務める[9]

人物

両親からつけられた「愛未」という名前は「未来永劫、愛し愛される子に育ってほしい」という思いが込められている[5]

ロングヘアがトレードマークだったが、2014年にドラマ『GTO』(関西テレビ)の役作りのためショートカットにした[10]

2016年10月2日に行われた出演映画『カノン』の公開記念舞台挨拶の場で、司会者から最近、「家族から聞いて驚いたことは?」という問いに、帰省した際、曾祖母から自身が琉球王朝の末裔だと教わったことと答えている[11][注 1]

新垣結衣戸田恵梨香とはコードブルーで共演以来旧知の仲で3人で女子会をするほどである[12]

出演

テレビドラマ

バラエティー番組

  • 世界びっくり旅行社「2012夏休み特別営業スペシャル」(2012年8月22日、NHK) - リポーター
  • 金曜プレミアム「実録! 嘘と涙と男と女! 波乱の人生頂上リサーチ」(2017年1月20日、フジテレビ) - MC[26]

音楽番組

映画

舞台

ドキュメンタリー・紀行番組

  • 闘うナースSP "コード・ブルー"が見た奇跡の物語(2010年3月21日、フジテレビ)
  • アスリートの魂 バドミントン メダルへの再挑戦(2011年8月8日、NHK) - ナレーション
  • サイエンスミステリー2012 見えざる禁断の世界2(2012年1月28日、フジテレビ) - パーソナリティー
  • ドキュメント72時間(NHK) - ナレーション
    • 横須賀基地 お見合い大作戦(2013年4月26日)
    • 猛暑注意! 都心のお墓参り(2013年9月20日)
    • パウダールーム 女性のホンネ(2013年10月25日)
    • 巨大フェリー乗船記(2014年4月11日)
    • スカイツリーのふもとで(2014年4月25日)
  • 華麗なる美人画の競艶〜浮世絵師が描いた江戸の華〜(2015年5月17日、BSジャパン) - ナビゲーター
  • ほっこり!富山きときと手帖(2017年10月5日 - 、BS-TBS) - 旅人[34]

イメージガール

CM

声優

ゲームソフト

ラジオドラマ

PV・ジャケット

イベント

  • 琉球アジアコレクション2015(2015年10月25日、豊崎海浜公園特設ステージ)[40]

作品

写真集

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ なお、「琉球王朝の末裔だ」とする話はこの公表段階では比嘉当人と曾祖母との家族間の伝聞によるもので、具体的な出自や客観的な史料となる系譜、男系(父系)、女系(母系)の別や、直系傍系の別、第一尚氏第二尚氏などいずれの王統に連なるかについては報道時点では必ずしも明らかではない。

出典

  1. ^ a b c d 比嘉愛未 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2018年7月26日閲覧。
  2. ^ “互いの友情と発展誓う 盛岡市うるま市友好都市に調印 比嘉愛未さん大使”. 盛岡タイムス Web News. (2012年8月1日). http://www.morioka-times.com/news/2012/1208/01/12080101.htm 2015年3月5日閲覧。 
  3. ^ 比嘉愛未、“いい子”でいた20代 30歳迎え「自分の可能性を広げたい」”. クランクイン!. ハリウッド・チャンネル (2016年10月10日). 2018年6月15日閲覧。
  4. ^ a b c d “比嘉愛未「私、上京して女優になる」両親の許し出ず、土下座して説得した過去”. Sponichi Annex. (2018年6月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/27/kiji/20180627s00041000173000c.html 2018年7月26日閲覧。 
  5. ^ a b c 比嘉愛未 (2018年5月25日). 女優・比嘉愛未さんが明かした12年前の誓い. (インタビュー). 琉球新報Style.. https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-724382.html 2018年7月26日閲覧。 
  6. ^ manami's Dialy05_122005/12/15の日記(2006年4月30日時点のアーカイブ
  7. ^ 比嘉愛未、沖縄を語る (PDF)”. 沖縄ベンチャースタジオ (2006年5月16日). 2012年6月18日閲覧。
  8. ^ a b c “NHK朝ドラ新ヒロインに比嘉愛未”. デイリースポーツonline. (2006年7月6日). オリジナル2006年12月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20061202110335/http:/www.daily.co.jp/gossip/2006/07/06/0000065822.shtml 2016年6月7日閲覧。 
  9. ^ 比嘉愛未、民放連ドラ初主演!満島真之介と元夫婦役で恋愛ドラマ初主演に挑む - シネマトゥデイ(2015年2月4日)2015年4月17日閲覧
  10. ^ 比嘉愛未、長髪30cmカットに「涙出た」 イメチェン理由は「自分変えるため」 - オリコン(2014年6月30日)
  11. ^ 比嘉愛未、琉球王朝の末えいだった 101歳の曾祖母から知らされ「ビックリした」”. ORICON STYLE (2016年10月2日). 2016年10月10日閲覧。
  12. ^ 戸田恵梨香のぶっちゃけトークに共演者驚愕 新垣結衣・比嘉愛未との女子会エピソードも”. モデルプレス. 2018年6月19日閲覧。
  13. ^ 盛岡が舞台の朝ドラ『どんど晴れ』4年ぶり特番 主演の比嘉愛未らに使命感”. ORICON STYLE (2011年4月13日). 2015年3月5日閲覧。
  14. ^ 『コード・ブルー』第5話、比嘉愛未、浅利陽介のストーリーにファン“涙止まらず””. クランクイン!!. ハリウッドチャンネル (2017年8月15日). 2017年12月14日閲覧。
  15. ^ a b “比嘉愛未「夢かなった」大河で初時代劇”. Sponichi Annex. (2008年6月4日). オリジナル2008年6月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080604203008/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/06/04/02.html 2018年3月8日閲覧。 
  16. ^ 斎藤工「最上の命医」SPに大塚寧々&志田未来ら参戦!比嘉愛未もカムバック”. cinemacafe.net (2017年8月2日). 2017年12月14日閲覧。
  17. ^ 比嘉愛未、ナース役に反響 浅利陽介との共演にも注目集まる〈DOCTORS〉”. モデルプレス (2017年12月11日). 2017年12月14日閲覧。
  18. ^ 比嘉愛未 (2015年10月23日). 比嘉愛未、錦戸亮の侍姿を絶賛「安定の髷です(笑)」. (インタビュー). テレビドガッチ.. http://dogatch.jp/news/ex/35728 2016年6月7日閲覧。 
  19. ^ 比嘉愛未、初のドラマ1話ゲストで福士蒼汰とデート?「幸せな時間過ごせた」”. マイナビニュース (2016年4月23日). 2016年4月27日閲覧。
  20. ^ 比嘉愛未、市川海老蔵と“禁断の恋”「感銘を受けています」”. モデルプレス (2016年6月5日). 2016年6月7日閲覧。
  21. ^ 比嘉愛未“人生初”の母親役 夫は荒川良々〈コメント到着〉”. モデルプレス (2016年10月31日). 2017年1月7日閲覧。
  22. ^ “比嘉愛未、スピーチライター役「奥深く難しい」 長谷川京子と“師弟コンビ””. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2079937/full/ 2016年11月14日閲覧。 
  23. ^ 比嘉愛未、下町のシングルマザー役「口が悪いけど思いっきり楽しみたい!」”. マイナビニュース (2016年10月25日). 2017年1月7日閲覧。
  24. ^ 比嘉愛未、新作ミステリーの主役に抜てき 全編新潟・長岡ロケ”. ORICON STYLE (2018年1月26日). 2018年1月30日閲覧。
  25. ^ 比嘉愛未『99.9』出演、事件の鍵を握る!ヒャダインらも出演”. マイナビニュース (2018年2月25日). 2018年3月8日閲覧。
  26. ^ 比嘉愛未、MC初挑戦 思わず涙した理由とは〈コメント到着〉”. モデルプレス (2017年1月6日). 2017年1月7日閲覧。
  27. ^ 映画「飛べ!ダコタ」製作支援実行委員会 公式ホームページ
  28. ^ back number、比嘉愛未&葉山奨之出演のショートフィルム完成”. 音楽ナタリー (2015年11月30日). 2016年4月27日閲覧。
  29. ^ 主演映画「カノン」2016年10月公開!”. 比嘉愛未 公式サイト (2016年3月18日). 2016年3月25日閲覧。
  30. ^ 比嘉愛未&広瀬すず、『先生!』現場2ショット披露 「広瀬姉妹とご縁があるなぁ~」”. クランクイン!! (2016年12月15日). 2017年1月7日閲覧。
  31. ^ 劇場版「コード・ブルー」公開日決定 山下智久「FNS歌謡祭」で生発表”. モデルプレス (2017年12月6日). 2017年12月14日閲覧。
  32. ^ 比嘉愛未、初舞台『真田十勇士』のために「1日100回腹筋して鍛えます!」”. マイナビニュース (2013年8月28日). 2015年3月5日閲覧。
  33. ^ “比嘉愛未 ユーミン舞台第2弾主演に 帝劇異例の抜てき”. Sponichi Annex. (2014年5月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/11/kiji/K20140511008138860.html 2015年3月5日閲覧。 
  34. ^ ほっこり!富山きときと手帖(BS-TBS)、2017年10月6日閲覧
  35. ^ 男性に甘えられない比嘉愛未、甘え方を学んで「勇気を出して実践したい!」”. マイナビニュース (2012年10月2日). 2017年12月14日閲覧。
  36. ^ “4代目「さらりとした梅酒」新キャラクターに、比嘉愛未さんを起用” (プレスリリース), チョーヤ梅酒, (2013年1月23日), http://www.choya.co.jp/news/130123.html 2014年1月18日閲覧。 
  37. ^ 比嘉愛未、初めてのOL役に「新鮮」 レッツノート新製品発表会”. ORICON STYLE (2014年10月3日). 2015年3月5日閲覧。
  38. ^ 比嘉愛未、パンツスーツでデキる先輩に 「新人のころより今が楽しい」”. エンタメOVO. 共同通信社 (2015年10月7日). 2016年4月27日閲覧。
  39. ^ 比嘉愛未、『コード・ブルー』コラボCMでドS発揮 共演・浅利陽介に詰め寄る”. girlswalker (2018年6月7日). 2018年7月26日閲覧。
  40. ^ 比嘉愛未、美肌輝く眩しいランウェイ 地元・沖縄で圧倒的存在感示す〈琉球アジアコレクション2015〉”. モデルプレス (2015年10月25日). 2016年4月27日閲覧。
  41. ^ 入倉功一 (2012年4月20日). “比嘉愛未、スカートからのぞくナマ脚にドキ!初写真集で大人のセクシーさ全開!”. シネマトゥデイ. 2015年3月5日閲覧。
  42. ^ “女優比嘉愛未が写真集発売 結婚は「35歳までに」”. 日刊スポーツ. (2016年6月26日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1668800.html 2016年6月27日閲覧。 

外部リンク