メインメニューを開く

東京スカイツリー

東京スカイツリータウン > 東京スカイツリー

東京スカイツリー(とうきょうスカイツリー、: TOKYO SKYTREE)は、東京都墨田区押上一丁目にある電波塔送信所)である。観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、ツリーを含め周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれる。2012年(平成24年)5月に電波塔・観光施設として開業した。

東京スカイツリー
TOKYO SKYTREE

TOKYO SKYTREE logo.svg


東京スカイツリー
2014年(平成26年)撮影
東京スカイツリーの位置(東京都区部内)
東京スカイツリー
東京スカイツリーの位置(東京都区部および多摩地域内)
東京スカイツリー
東京スカイツリーの位置(日本内)
東京スカイツリー
情報
旧名称 新東京タワー
用途 電波塔展望台
設計者 日建設計
構造設計者 日建設計
施工 大林組
建築主 東武タワースカイツリー
構造形式 鉄骨造
敷地面積 36,844.39 m²
※施設全体
建築面積 31,832.60 m² (建蔽率86%)
※施設全体
延床面積 229,410.30 m² (容積率623%)
※施設全体
階数 地上160階(第2展望台)
高さ 634メートル
着工 2008年(平成20年)7月14日
竣工 2012年(平成24年)2月29日
所在地 131−0045
東京都墨田区押上一丁目1番13号
座標 北緯35度42分36.5秒 東経139度48分39秒 / 北緯35.710139度 東経139.81083度 / 35.710139; 139.81083座標: 北緯35度42分36.5秒 東経139度48分39秒 / 北緯35.710139度 東経139.81083度 / 35.710139; 139.81083
テンプレートを表示
展望デッキから見たダイヤモンド富士
2012年(平成24年)12月8日撮影

東京スカイツリーについての名称・ロゴマーク・シルエットデザイン・完成予想コンピュータグラフィックスといった知的財産東武グループの一社である東武タワースカイツリー株式会社等の著作権および商標権により保護されている。このため公式案内では「東京スカイツリー®」と®マークが記載されている[1]

目次

概要編集

既存の電波塔の東京タワーが位置する都心部では、超高層建築物が林立して影となる部分に電波が届きにくくなっていたほか、ワンセグマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるようにするなどの目的もあって[2][3]2000年(平成12年)頃から首都圏各地で新タワーについての誘致活動が行われていた。2003年(平成15年)12月には日本放送協会(NHK)と在京民間テレビ局5社(日本テレビTBSテレビフジテレビテレビ朝日テレビ東京)が600メートル級の新しい電波塔を求めて「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足。新タワー構想を推進していくことで建設に向けた計画に進展が付いた[2][3](建設地決定についての経緯は後述)。

事業主体は東武鉄道が筆頭株主となる「東武タワースカイツリー株式会社」であり、事業費は約500億円とした。このために、同社は500億円のユーロ債CBを発行して資金調達を行っている。建設費は約400億円。総事業費は約650億円。施工は大林組、設計は日建設計である。テレビ局からの賃貸料および観光客からの入場料などで収益を得る見込みである。

東京都墨田区に所在する京成押上線都営地下鉄浅草線東武スカイツリーライン東京メトロ半蔵門線押上駅(2012年(平成24年)5月22日より「押上<スカイツリー前>」)と東武スカイツリーラインのとうきょうスカイツリー駅(旧業平橋駅)の間に挟まれる、東武鉄道の本社隣接地で所有地でもある貨物駅跡地(貨物廃止後業平橋駅3、4、5番線ホームの敷地として使用されたが、廃止)に建設された。当地区は航空法上、東京国際空港(羽田空港)の制限表面の外側水平表面が被さる地域であるため空港標点の海抜295メートルまでの建造物しか建てられなかったが2005年(平成17年)4月28日に高さ規制区域が見直されて建設可能となった[4][5]

2008年(平成20年)7月14日に着工され、3年半の期間をかけて2012年(平成24年)2月29日に竣工した[6]。2012年5月22日に展望台として開業し[7]、2011年(平成23年)12月から2013年(平成25年)5月にかけて放送局の試験放送ならびに本放送を実施する計画であった。

東京タワーの建造時(1957年(昭和32年) - 1958年(昭和33年))に比べ鋼材の品質や溶接技術・各種構造計算シミュレーション)などの設計技術・基礎部の特殊な工法が大きく進歩したことにより、東京タワーの建築面積を大きく下回る面積ながらこの高さの自立式鉄塔の建設が可能となった。また、全体の主要接合部が溶接により建設されているが鋼管同士を直接溶接接合する分岐継手を採用し、軽量化と耐震性を増している。主要鋼材はH鋼ではなく鋼管が使用された。構造が鉄骨造としては稀に見る複雑さであり各部材に要求される寸法等の精度も一般建築物とは桁違いであるため、鉄骨部材を作成する工場のうち国内のレベルの高い工場の多くは一時的にスカイツリーの部材製作で繁忙を極める状態となった。その他、溶接作業の一部には手作業による職人技が寄与している部位も多分にある[要出典]

2006年(平成18年)5月に第一生命経済研究所が出した予測[8]によると開業から1年で300万人が訪れると仮定、経済効果を473億円と試算している。また2008年(平成20年)1月公表の墨田区「新タワーによる地域活性化等調査報告書」では東京スカイツリーへの来場者を年間552.4万人、東京スカイツリーに併設される商業施設などを含めた開発街区全体での来場者数を年間2,907.9万人と試算している[9]

計画の基本的情報編集

  • 計画名:業平橋押上地区開発計画(新タワー計画)
  • 所在地:東京都墨田区押上一丁目1番13号他
  • 建築主:東武鉄道、東武タワースカイツリー
  • 施工:大林組
  • 設計・監理:日建設計[注釈 1]
  • 監修者:澄川喜一安藤忠雄
  • 階数:地上160階(第2展望台)
  • 高さ:634メートル[注釈 2]
  • 敷地面積:36,844.39平方メートル(施設全体)
    • 建築面積:31,832.60平方メートル(施設全体)
    • 延べ面積:229,410.30平方メートル(施設全体)
  • 建設地点:ほぼ平行する東武伊勢崎線と北十間川間の幅約100メートル強と都営地下鉄浅草線に囲まれた場所に一辺約68メートルの三角形型の基礎。西に向く一辺は北十間川とほぼ平行。
  • 構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
  • 基礎工法:場所打ちコンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)工法固有名称:ナックルウォール工法
    • 基礎の深さ:50メートル[10]
  • 地上部分本体重量:約41,000トン[10]
  • 用途:電波塔、展示場、店舗、ミュージアム、事務所、ホール、各種学校、地域冷暖房施設、駐車場
  • 電波塔内の施設:放送施設・展望施設(第1展望台・第2展望台)・商業施設ほか
    • 高さ350メートルの第1展望台天望デッキにはレストランやカフェ、ショップなども併設される。また4階には出発ロビー、5階には到着ロビーがそれぞれ設置される。
    • 高さ450メートルの第2展望台には天望回廊と呼ばれるチューブ型でガラス張りの回廊を設置。天望回廊は第2展望台の2つのフロアを結ぶ約110メートルのスロープになっている。
  • エレベーター:地上4階からH350の高さにある第1展望台まで約50秒間の分速600メートル/40人乗り4台(東芝製、うち2台は1階まで到達する)、第1展望台とH450の高さにある第2展望台を結ぶ約30秒間の分速240メートル/40人乗り2台(日立製)および、昇降距離が464.4メートルと日本最長である、地下駐車場から第2展望台上の高さH458までを結ぶ分速240メートル(非常時は分速540メートル)27人乗り業務用2台(東芝製、H458が最上階)[11]、そのほかにも第1展望台内の移動用に1台(日立製)、タワーの足元の施設に4台がある(日立製)[12]
  • 収容人数:天望デッキ(第1展望台):約2,000人、天望回廊(第2展望台):約900人[10]
  • 非常階段数:2523段(地上1階から天望回廊上の業務フロアH458までの数)[13]
  • タワー周辺は東京スカイツリータウンとして整備され、地上31階建てのオフィス棟のほか、中層の商業棟、広場、約1,100台分の駐車場なども建設された。
  • 高度・高さを示す「H」は、Heightの頭文字で示している。例えば、高さ350メートルならH350で示される。

高さ編集

 
世界の塔の高さランキング(支線式鉄塔を除く)
1. 東京スカイツリー日本
2. 広州塔中国
3. CNタワーカナダ
4. オスタンキノ・タワーロシア
5. 東方明珠電視塔(中国)
6. ボルジェ・ミーラードイラン
7. クアラ・ルンプール・タワーマレーシア

現存する電波塔としてはKVLY-TV塔の628.8メートルを上回る世界第1位[注釈 3]。2011年(平成23年)11月17日に世界一高いタワーとしてギネス世界記録の認定を受けた[14]。人工の建造物としてはブルジュ・ハリーファの828メートルに次ぐ世界第2位となる。

東京都心部で立ち並ぶ200メートル級の超高層ビルの影響を受けない高さとして、NHKと在京民放キー局5社が「600メートル」という数字を要請し、着工当初は高さを610.6メートルとする計画であった。建設計画を策定する中で当時世界一の高さのカナダオンタリオ州トロントにあるCNタワーを上回る。またアメリカイリノイ州シカゴに建設予定のあった「シカゴ・スパイア」(2008年建設中止、2010年計画取消)のアンテナを含めた高さが約2,000フィート(約609.6メートル)だったため、「610メートル」という数字になったという[15][16]。構想段階では世界一高い建造物を目指していたが、完成時の高さを非公開にして建設していたブルジュ・ハリーファが高さ828メートルで完成した。

2009年(平成21年)10月16日に計画を修正し、高さ634メートルを目指すことを発表した。数字には東京近辺の旧国名である武蔵国(「むさし」のくに)の語呂合わせも考慮したとしている[17][注釈 4]。なお東武グループの中核である東武鉄道にとって「武蔵」という言葉は、同じく東武グループの学校法人根津育英会武蔵学園が経営する武蔵大学武蔵中学校・高等学校においても使用されているため、当企業にとって非常に馴染み深い言葉と言える。なお当初は東京タワーの2倍の666メートルの計画だったが設計者から少し低い高さにすべきと言われ、浅草寺が創建された628年に因み628メートルの案もあったと根津嘉澄東武鉄道社長は2012年5月14日の開業記念式典後の記者会見で秘話を語った[18]

なお現在のスカイツリーの所在地は江戸時代の中頃まで下総国にあたり、明暦の大火後の江戸市街の拡張に伴う国境変更により武蔵国に編入された歴史がある。

タワーデザイン・ライティング編集

 
東京スカイツリーの作図されたシルエット(影)と地上が正三角形(168メートル)で次第に丸くなり、H320でほぼ真となる断面[19]

2006年(平成18年)11月24日にデザインが公表された。以下の3つのコンセプトに基づき、デザインされている。

  • 時空を超えた都市景観の創造:日本の伝統美と近未来的デザインの融合
  • まちの活性化への起爆剤:賑わいと親しみを感じる3つのゲートと2つの展望台
  • 都市防災「安全と安心」への貢献:日本古来の建築「五重塔」に通じる新たな構造システム

塔内部は円筒(鉄筋コンクリート造のH375で直径約8メートル、筒内部は階段)になっており、外側のトラス部分と構造的に独立させ地震などによる揺れを抑える制震構造となっている。タワーを設計した日建設計はこの制振システムを五重塔になぞらえて、「心柱制振」と呼んだことなどから、マスコミから五重塔の技術が用いられたかのように報道された。しかし、五重塔の制震構造は解明されておらず、実際には現代の制振技術を応用したものである[20]。また、アンテナが取り付けられる「ゲイン塔」の上には制振装置(総重量約100トンで、バネの上に乗った重りでアンテナの揺れを抑える)が設置され、心柱自体の重みと共に付加質量機構を形成する。ゲイン塔外周直径約6メートル、アンテナ外周直径約8メートル[21]

タワーの水平方向の断面は地面真上では正三角形であるが、高くなるほど丸みを帯びた三角形に変化し、H320で円となる。概観は「起り」(むくり)や日本刀の緩やかな「反り」(そり)の曲線を生かした日本の伝統建築の発想を駆使し、反りの美的要素も盛り込まれている[15]。このため、タワーを見る方角によっては傾いているようにも裾が非対称になっているようにも見える。

2009年(平成21年)2月26日にカラーデザインが公表され、「スカイツリーホワイト」と決定された。これは日本伝統の「藍白」(あいじろ)をベースにした独自の命名のオリジナルカラーで、青みがかった白である。なおエレベーターシャフトはグレー、展望台はメタリック色、頂部は鮮やかな白である[22]

2009年(平成21年)10月16日にライティングデザインが公表された。江戸で育まれてきた心意気の「」と、美意識の「雅」という2つの異なるライティングを1日毎に交互に替えるライティングである。このライティング機材や調光コントロール全般は東京スカイツリーのオフィシャルパートナーのパナソニック(当時・パナソニック電工)が請負い、ライトアップの全てをLED照明とした[23]

  • 「粋」は隅田川の水をモチーフとした淡いブルーの光でタワーを貫く心柱を照らし出したライティング。
  • 「雅」は江戸紫をテーマカラーとし、金箔のようなきらめきのある光をバランスよく散りばめたライティング。

なお「雅」はピンクすぎずすぎない上品な紫色(複数の色のLEDを混ぜたものでなく単体で表現する)を目指しており、このような色のLEDは従来にはないため「オリジナルのLEDを新たに開発する」としている。また2010年(平成22年)10月13日にはLED実験のため、51台の照明器具で数時間だけライトアップされた[24]。完成時には1995台の照明器具が使用されている。

2017年5月18日には開業5周年を記念して新たなライティング「」が追加され、以降は3つのライティングを1日毎に交互に替える方式に変更された[25]

  • 「幟」は橘色を基調とし、縦のラインで3つの面に区切られた垂直性を強調したライティング。

「粋」「雅」「幟」以外にも、特定日にはスペシャルライトアップが行われる。以下は、過去に行われたライトアップ。中には通例化しているものもある。

名称編集

正式名称決定までの仮称は「新東京タワー」。正式名称は一般公募によって寄せられた1万8,606件の命名案の中から、まずは有識者10人で構成される「新タワー名称検討委員会」によって6つに候補が絞り込まれた。言葉の美しさや親しみやすさなどを基準に「東京スカイツリー」「東京EDOタワー」「ライジングタワー」「みらいタワー」「ゆめみやぐら」「ライジングイーストタワー」の6つが名称候補として選ばれ、2008年春にインターネットを通じて一般投票を行った。その結果、最多得票の「東京スカイツリー」に決定した[30]

なお公募で最も多く寄せられた「大江戸タワー」はタワー建設予定地近くにある和菓子屋(株式会社森八本舗)がタワーの名称決定を見越してすでに商標を取得しており、3位の「さくらタワー」も以前から高輪プリンスホテルには「さくらタワー」がありすでに商標登録も行っていたために使えなかった[注釈 5]。仮称として使用されていた「新東京タワー」も既存の東京タワーに似ており、建物も東京タワーを管理する日本電波塔社とはまったく関係が無いためそれぞれ候補から外された。一候補地だった時期はプロジェクトホームページで「すみだタワー」という名称が用いられていたが、台東地区と連携した2007年夏頃からは見られなくなった。

「東京スカイツリー」は東武鉄道と東武タワースカイツリーの登録商標である(第5143175号ほか)。

注目度編集

日本一の建造物、さらには世界一の電波塔という大きな話題性から、完成前から各種マスメディアで大きく取り上げられた。テレビでは建設中のスカイツリーを取材した特番が時折放送されるようになったこともあって、建設期間中から"東京の新名所"となっており、休日ともなればタワーを撮影する者や見物人で周辺は混雑している。

また全体の冷暖房には、日本初となる地中熱を利用した地域熱供給システムが採用されており、その点からも注目されている[31]

電波塔としての東京スカイツリー編集

東京スカイツリー
送信所名 東京スカイツリー
局名 東京放送局
送信波 地上デジタルテレビ放送
FMラジオ放送
携帯端末向けマルチメディア放送(V-High)
送信塔 1塔
空中線形式
凡例

4L4段20面2システム[32]
NHK-DG・NHK-DE・EX-D・CX-D・TBS-D・NTV-D・TX-D
2段3列11面+3段3列1面
MX-D
2L1素子4段9面[33]
J-WAVE・NHK-FM
2L双ループ4段9面[34]
TBS-R・QR・LF

送信放送局

NHK東京総合テレビFM
NHK Eテレ
日本テレビ
TBSテレビ
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京
TOKYO MX
J-WAVE
TBSラジオ
文化放送
ニッポン放送

空中線電力

テレビ:10kW、3kW(MX)
FMラジオ:7kW

放送区域 関東平野一帯
受信世帯

約14,000,000世帯(テレビ)

開局 2012年4月1日
設置場所 105-0011 東京都墨田区押上一丁目1番13号
特記事項:
記載の開局年月日はモバキャスの物。FMラジオは2012年4月23日、TOKYO MXは2012年10月1日、TOKYO MX以外のテレビ放送は2013年5月31日開局。
AM3局は「FM補完中継局」として2015年12月7日本放送開始。
テンプレートを表示

送信アンテナはゲイン塔の頂上部に1局分80基の地上デジタルテレビ放送用アンテナが8局分(NHKおよび在京広域民放5社(以下在京テレビ6社)用、うち1局分は予備アンテナ)が設置され、その下にTOKYO MX用の放送アンテナが設置されている。550メートル付近にFMラジオ用アンテナ、その下にマルチメディア放送用アンテナが設置されている。送信室は天望デッキのフロア350の上にあるH360のフロアに設けられている[36]

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

計画案では従前の東京タワーとほぼ同等のエリアを確保するとしていたため、空中線電力は全局東京タワーで送信していた出力と同一である。埼玉県[37]千葉県[38]神奈川県[39]では、スカイツリー移転後も独立局用に、茨城県ではNHK水戸放送局用に[40]UHFアンテナを複数設置する必要があることによる混合器の追加措置が必要になるケースもあった。

TOKYO MX以外の在京テレビ6社は、後述の試験放送を経て、2013年5月31日から本放送を開始した。

一方、TOKYO MXについてはNHK水戸放送局の地上デジタル放送の物理チャンネルと重複し、それに伴うスピルオーバーによる混信の対策を行うため、物理チャンネルの変更が決定[41]。その切り替えを行うため、2012年10月1日から東京タワー(20チャンネル)とのサイマル放送を開始し[42][43]、同年11月12日から東京タワーからの電波を段階的に弱めていき、2013年5月12日正午に東京タワーからの送信を終了、スカイツリーからの送信に一本化した[注釈 6][44]

なお、放送大学のテレビ放送(JOUD-DTV)は従来通り東京タワーから送信され、スカイツリーからは送信されない(ただし、2018年10月末で廃止予定[45])。また、災害時の放送バックアップ体制として、災害などにより東京スカイツリーから放送電波を送信できない場合に備えて、東京タワーを予備の電波塔として利用する契約が、2010年9月27日に日本電波塔株式会社と在京テレビ6社との間で結ばれている[46]

FMラジオ放送送信設備編集

在京FM局のうちJ-WAVEとNHK東京FMの2局が東京タワーからの送信所移転を申請、2011年2月3日に変更許可が下り[47]、2012年4月23日よりFM本放送を開始した[48][49]。同時にNHK-FM放送を使用したVICSの文字多重放送についても道路交通情報通信システムセンターが申請を行い、前2局と共に変更許可を得ている[47]

東京タワーでの放送時の空中線電力は10kWだったが、高所設置に伴うスピルオーバーを防ぐため、東京スカイツリーでの空中線電力は3割減の7kWに減力されている。ただし送信点高が東京タワーよりも遥かに高くなった事(地上高540メートル)とERPが逆に約3割増の57kWで送信されているため、実質的な受信可能エリアは広くなっている[注釈 7]

一方、InterFMならびに放送大学ラジオ(JOUD-FM)、TOKYO FMは従来通り東京タワーから送信され、東京スカイツリーからは送信されない。このうち、TOKYO FMは2013年2月11日に送信用アンテナをアナログテレビ放送終了で空いた地上高333メートルの東京タワー頂上部に移転しており、これによりスカイツリーから送信している2局と同等以上の出力(空中線電力10kW、ERP125kW)で送信が可能となっている[50]。InterFMも2015年6月30日より周波数を変更した上で従来より高所にアンテナを設置して送信を開始している[51][52]。また、東京タワーのNHK-FMの送信設備は予備用として残されている。なお、放送大学ラジオは2018年10月末に廃局予定[45]

移転初日には、J-WAVEとNHK-FMが天望デッキから移転記念特番を放送した。またスカイツリー開業初日には、J-WAVEとニッポン放送が共同で東京ソラマチにあるサテライトスタジオ、TOKYO SKYTREE TOWN STUDIOから放送した。なおニッポン放送は同日朝に同スタジオから放送しており(垣花正 あなたとハッピー!の番組内)、オンエア自体はニッポン放送が先となる。

2014年9月3日にはTBSラジオ&コミュニケーションズ(現・TBSラジオ)、文化放送ニッポン放送の関東広域AMラジオ3社に対し、FM補完中継局予備免許が付与された[53][54]。全国としては3番目、関東地方では初の免許付与となる[注釈 8]AM放送のFM補完中継局で、3社共同でスカイツリーにアンテナを設置し、2015年10月5日より試験放送を実施[55]落成検査本免許交付を経て、同年12月7日13時より本放送を開始、同日には天望デッキから3局合同の記念特番の放送を行った[56][57][58]。開局後は災害発生時にAM親局送信所での放送継続が困難となった場合の対策や、都心部の難聴取・雑音等の解消を目的として、AMとのサイマル放送が行われる。

マルチメディア放送送信設備編集

mmbiおよびジャパン・モバイルキャスティングによる携帯端末向けマルチメディア放送(VHF-HIGH帯)「モバキャス」はスカイツリーに4段16面のアンテナを設置、スカイツリーからの送信で関東全域約1600万世帯をカバーできるとしていた[35]。2011年9月14日に電波監理審議会から予備免許を交付することが適当であると答申を受け[59]、翌15日に予備免許の交付を行った[60]。2012年4月1日にmmbiが運営するNOTTVが放送を開始、スカイツリー初の本放送送信局となった[61]

2015年11月27日、モバキャス及びNOTTVのサービスを2016年6月30日に終了すると発表[62][63]、同日正午を持って放送を終了した[64][65]。なおVHF-LOW帯のマルチメディア放送は、関東・甲信越地区の企画・ブロック別ソフト事業者である株式会社東京マルチメディア放送にTOKYO FMやJFN系列各局と伴に、東京タワーの運営会社である日本電波塔が出資しており[66]、2015年12月7日にTOKYO FMなどが出資して設立した株式会社VIPに対し、東京タワーを送信所として本免許が交付され[67]、2016年3月1日に「i-dio」のサービス名で放送を開始している[68]

タクシー無線集中基地局編集

特別区・武三交通圏特別区武蔵野市三鷹市)を営業エリアに持つタクシー各社は港区赤坂国際新赤坂ビル西館の鉄塔に集中基地局を設置していたが、都内各地で高層ビルが相次いで建設されたことで不感地帯が増加していた。そのため、東京スカイツリーへの移転が行われることとなった[69]。地上300メートルの位置にアンテナを設置し2011年10月から1か月間、昼間の時間帯に試験電波を発信[70]、2012年3月より業務無線の運用を開始[71]、4月23日から本運用を開始している[72]

送信周波数・出力編集

地上デジタルテレビジョン放送編集

リモコン
キーID
放送局名 コールサイン 物理
チャンネル
空中線電力[43] 実効輻射電力 放送対象地域 放送区域内世帯数 利用チャンネル
番号
1 NHK
東京総合
JOAK-DTV 27ch 10kW 68kW[73] 関東広域圏
(茨城県、栃木県および群馬県を含まない)[74]
約1400万世帯 011-012
2 NHK
東京教育
JOAB-DTV 26ch 全国放送 021-023
4 NTV
日本テレビ
JOAX-DTV 25ch 69kW[75] 関東広域圏 041-042
5 EX
テレビ朝日
JOEX-DTV 24ch 051-053
6 TBS
TBSテレビ
JORX-DTV 22ch 061-062,268
7 TX
テレビ東京
JOTX-DTV 23ch 071-073,077
8 CX
フジテレビ
JOCX-DTV 21ch 081-083
9 TOKYO MX
東京メトロポリタンテレビジョン
JOMX-DTV 16ch 3kW[76] 11.5kW 東京都 約1430万世帯[77][78] 091-093[78]

FMラジオ放送編集

周波数
MHz
放送局名 コールサイン 空中線電力 実効輻射電力 放送対象地域 放送区域内世帯数 開局日
81.3 J-WAVE JOAV-FM[79] 7kW[79] 57kW[79] 東京都 - 2013年4月23日
82.5 NHK
東京FM
JOAK-FM[79]
VICS JOVS-FCM[79]
90.5 TBSラジオ - 関東広域圏 2015年12月7日
91.6 文化放送
93.0 ニッポン放送
  • コールサインは主放送に対するもののみ。
  • TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送はFM補完中継局として放送。

廃止された放送局編集

マルチメディア放送編集

廃止日:2016年6月30日[80][81]

周波数
(MHz)
放送局名 コールサイン 空中線電力 ERP 放送区域内世帯数 開局日
214.714286[注釈 9] Jモバ墨田MMH JOMZ 25kW 最大105kW[59][82] 約1600万世帯 2012年4月1日
Jモバ墨田DTV JOMZ-DTV[83] 2015年4月1日
  • MMH…マルチメディア放送(NOTTV)配信用免許、DTV…携帯端末向け標準テレビジョン放送(開局日から配信した6つのチャンネル)に係る免許。

観測施設としての東京スカイツリー編集

落雷編集

落雷の仕組みを解明するため地上497メートル地点のゲイン塔根元部分に落雷の発生を常時監視し電流の大きさや波形の変化などを記録する計測装置のロゴスキーコイルが六角形状に囲んだ形で設置され、東武タワースカイツリー、東京大学生産技術研究所電力中央研究所の3者共同による研究が2012年3月より行われている。ゲイン塔が延びる高さ500メートル付近では年間20回から30回の落雷が見込まれており、地上よりもデータが多く蓄積できる。500メートルを超える超高層建築物への計測装置の設置例ではカナダのCNタワーだけで今後世界的に珍しい研究成果が期待でき、この成果を基に雷被害防止や雷に強い電子機器の開発に繋げたいとしている[84][85][86]

2017年6月11日にテレビ東京で放映された番組『日曜ビッグバラエティ/撮影許可、とれちゃいました!〜ガチ交渉!テレビ初公開を連発SP』における電力中央研究所担当者の説明によると、観測開始から5年間で62回の落雷があった[87]

雲観測編集

防災科学技術研究所が高さ458メートルの場所に観測施設を設け、上空で発生するのデータを集めている[88]

観光・商業施設としての東京スカイツリー編集

東京スカイツリータウンの各施設(東京スカイツリーのほか、東京ソラマチ東京スカイツリーイーストタワーコニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウンすみだ水族館)の中核として東東京エリアの観光・産業拠点の形成と地域社会の活性化、国際観光都市東京実現への貢献が期待されている[89]

下層フロア編集

1F東京スカイツリー団体フロア編集

  • THE SKYTREE SHOP
    • 和洋菓子、雑貨、ステーショナリー、ファッションアイテムなどの東京スカイツリー限定グッズを販売する。
  • 団体チケットカウンター

4F東京スカイツリー入口フロア編集

  • チケットカウンター
  • インフォメーション

5F東京スカイツリー出口フロア編集

  • THE SKYTREE SHOP
    • 日本のブランドと東京スカイツリーとがコラボレーションした限定商品を販売する。
  • インフォメーション

展望台編集

展望台については、大規模な地震が発生した場合、あるいは台風や強風などによる天候悪化が懸念される場合は安全を優先するため営業を停止する場合があり、営業停止・終了となる場合はホームページにて告知がなされる(この場合でも下層部は特に営業に支障をきたさない範囲であれば通常通り営業される)。尚、一度退場した後の再入場はできない。

東京スカイツリー天望デッキ(第1展望台)編集

 
第一展望台の天望デッキ(2013年2月7日撮影)
  • フロア340
    • 「SKYTREE CAFE」
    • 「ガラス床」
  • フロア345
    • 「Sky Restaurant 634(MUSASHI)」
    • 「THE SKYTREE SHOP」
  • フロア350
    • 「SKYTREE CAFE」
    • 「パノラマスクリーン」
    • 「東京時空ナビ」
    • 「江戸一目図屏風」(鍬形蕙斎筆、津山郷土博物館蔵)の実物大の複製パネル

東京スカイツリー天望回廊(第2展望台)編集

 
第二展望台の天望回廊(2017年12月26日撮影)
 
天望回廊から真下を見ると(2012年6月13日撮影)

天望回廊へは、フロア350のチケットカウンターにて別途チケットを購入し、専用エレベーターでの入場となる。

  • フロア445
    • 「天望回廊」
  • フロア450
    • 「天望回廊」
    • 「ソラカラポイント」

天望シャトル(エレベーター)編集

入口、出口フロアと天望デッキ、天望回廊をつなぐエレベーター。シャトル内には地元墨田区のデザイナー高橋正実による桜や隅田川などをテーマにしたパネルが設置される。1-6号機(業務用2基も含む)は東芝製、7-13号機(タワーの足元4基と天望デッキ内専用1基も含む)は日立製である。2013年4月から東芝・日立のアナウンスで乗降促進自動放送が付加され、「ドアが開きます、指などを挟まれないようにご注意ください」「足元の段差にご注意ください」と3回アナウンスが流れるようになった。2015年3月から、天望デッキ行きエレベーター4基は順次改修工事が行われ、エレベーターは強風に耐えられるように工事が実施されている。

停止フロア
  • 凡例
■:停止設定階、□:通過設定階、|:通過
  • 号機の欄の網掛
:東芝製(業務用2基も同様)
:日立製(タワーの足元4基と天望デッキ内専用1基も同様)
号機 3号機 4号機 5号機 6号機 7号機 8号機
アート
パネルの
イメージ
- -
桜吹雪を
イメージした
桜の空
花火が彩る
隅田川の空
鳳凰が輝く
祭の空
都鳥の空


フロア450
フロア445
フロア370
フロア350
フロア345
フロア340
5F
4F
3F
2F
1F

スタッフ・ユニフォーム編集

スタッフは以下7職種があり、ユニフォームミナ・ペルホネン(デザイナー:皆川明)によりデザインされている[90][91]

  • ディレクター(男女)
  • 誘導(男女)
  • インフォメーション
  • チケットカウンター
  • ショップ
  • 清掃
  • 駐車場誘導

歴史編集

 
東京スカイツリーの工事進捗状況(2016年9月7日)

2003年(平成15年)編集

  • 12月17日 在京放送事業者各者(NHK・民放キー局5社)が600メートル級の新タワーを求めて「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足。

2004年(平成16年)編集

  • 10月25日 押上・業平橋駅周辺地区内の地権者が「押上・業平橋駅周辺地区まちづくり協議会」を設立。
  • 12月5日 墨田区・地元関係者が東武鉄道および押上業平橋駅周辺地区まちづくり協議会に対し、新タワー誘致の協力要請。

2005年(平成17年)編集

  • 1月27日 町会等関係団体や関係企業等、地元組織で構成された「新タワー誘致推進協議会」設立。
  • 2月7日 東武鉄道として新タワー事業に取組む事を放送事業者・墨田区に表明。
  • 2月10日 「新タワー誘致推進協議会」が決起大会を開催。
  • 3月7日 押上・業平橋駅周辺地区に関する都市計画決定(土地区画整理事業区域・都市計画道路)。
  • 3月28日 放送事業者が墨田区押上地区を第1候補地に選定。
  • 7月22日 墨田・台東両区の地元誘致組織が提携し、「墨田・台東新タワー誘致推進連絡会」を結成。
  • 12月15日 土地区画整理組合設立認可(事業認可)。

2006年(平成18年)編集

  • 3月31日 新タワー建設地として最終決定。
  • 5月1日 事業会社「新東京タワー株式会社」を本社所在地・東京都墨田区押上一丁目1番2号に資本金4億円(東武鉄道全額出資)で設立。
  • 6月19日 地元関係者が「新タワー建設推進協議会」を発会。
  • 7月4日 - 24日 様々な人からの「届け! 私が想う新タワー」と題したアンケートやアイデアや意見を募集。応募数5,079名。
  • 7月4日 新タワーデザインの監修者を安藤忠雄(建築家・東京大学名誉教授)・澄川喜一(彫刻家・元東京藝術大学学長)に決定。
  • 10月10日 次の3点の「新タワーを核とした複合開発事業のコンセプト「Rising East Project〜やさしい未来が、ここからはじまる」」を公表。
    • 日本、下町のものづくりのDNAを継承し、人々の交流が、新たな都市文化を創造する「アトリエコミュニティ」
    • 人に、地球に優しく、災害に強く、安全で安心して暮らせる「優しいコミュニティ」
    • 先端技術、メディアが集積し、新しい日本、新しい東京を、世界へと発信するタワーを核とした「開かれたコミュニティ」
  • 11月24日 デザイン公表。基本設計は日建設計が担う。概算建設費約500億円。
  • 12月4日 環境影響評価調査計画書提出。

2007年(平成19年)編集

 
光の束を上空に向け「新東京タワー」の高さを表現。2007年10月6日撮影
 
東武鉄道本社ビルに下がる新東京タワー建設地を示す垂れ幕。2008年4月12日撮影
 
名称公募中の新東京タワー建設予定地全景。2008年4月12日撮影
 
着工7か月後。地下基礎部分を終え、地上部分開始後2か月弱の建設中の様子。2009年2月15日撮影
 
高さ245メートル。2日ほど前に地上の足場が除去され初めて全容を現す。2009年12月22日撮影
 
当日限りとされたライトアップ・照明機器性能試験の様子。2010年10月13日撮影
 
2010年12月24日25日クリスマス時期に工事用の照明を夜8時まで点灯
 
2011年3月18日到達の「現在のタワーの高さ634m」。翌19日撮影
 
2011年12月23日・24日のクリスマス時期と31日大晦日の照明
  • 8月30日 新タワーライティングデザイナーを戸恒浩人に決定。
  • 9月28日 「新東京タワー」の本体施工者を数社による競争入札のうえ、大林組に決定して請負契約を締結した。大林組の請負金額は非公表。着工は2008年夏で、工期は3年6か月を見込む。
  • 10月6日 建設予定地でサーチライト9台を使い、新タワーの脚に見立てた光の束を上空に向けて放出された。最初に東京タワー(約333メートル)の高さで光を交差し、その後光を伸ばして610メートルの上空で交差させ「新東京タワー」の高さを表現した。これは前年秋に地元住民らが企画、住民や団体から寄付を募って実現したもの。
  • 10月26日 - 11月25日 「新東京タワー」の名称案を公募。応募数17,429件。2008年4月に名称検討委員会により数案に絞り込まれた上、一般投票を経て6月に決定。
  • 11月29日 建設地周辺町会を中心とした「押上・業平橋地区新タワー関連まちづくり連絡会」を結成。
  • 12月11日 東武鉄道と子会社の新東京タワー株式会社は、日本放送協会(NHK)および在京民放5社の放送事業者6者と同日付で新タワーの"利用予約契約"を結んだと発表した。完成後、改めて各放送事業者と"正式な利用契約"を結ぶという。

2008年(平成20年)編集

  • 3月12日 押上・業平橋駅周辺地区に関する都市計画決定(用途地域変更、地区計画等)。
  • 3月19日 「新東京タワー」の名称案を、一般公募から「東京EDOタワー」「東京スカイツリー」「みらいタワー」「ゆめみやぐら」「ライジングイーストタワー」「ライジングタワー」の6通りに識者等からなる「新タワー名称検討委員会」によって絞り込んだことを発表。一般投票で正式名称を決定する。投票期間は4月1日から5月31日まで。
  • 5月14日 現在の資本金4億円を放送会社などから出資を募り300億円規模とする方針を明らかにした[92]
  • 5月30日 環境影響評価書提出。
  • 6月10日 環境影響評価事後調査計画書提出。
  • 6月10日 正式名称を「東京スカイツリー」に決定。それに伴い、新東京タワー株式会社は会社名を「東武タワースカイツリー株式会社」に変更。
  • 7月14日 安全祈願祭[注釈 10]と起工式典を行い着工。タワー部分の総事業費は約650億円を見込む。
  • 9月2日 Webカメラで建設中の様子の中継開始。
  • 12月1日 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)と新タワーの利用予約契約を締結。
  • 12月6日 基礎工事(地中50メートルのコンクリート壁の杭工事)が完了。
  • 12月26日 エレベーターシャフトの工事が開始され、地上に鉄骨が立ち上がり始めた。

2009年(平成21年)編集

  • 2月5日 タワー塔体地下基礎部の鉄骨建て方を開始し、3箇所の鼎(かなえ)で安全祈願を執り行った。
  • 2月26日 カラーデザインが公表され、「スカイツリーホワイト」と決定された。
  • 4月6日 本体の鉄骨(重さ約29トン、高さ約4メートル、直径2.3メートル、厚さ10センチメートル)を地中の基礎に据え付ける作業と金・銀のボルトで締結する「鋲打(びょううち)の儀」を行い、地上部分の本体の鉄骨を組み上げる工事が開始された[93]
  • 5月1日 建設中の高さ33.4メートルから公式サイトで順次公表開始。
  • 6月8日 本体鉄骨組み上げ工事の最初の山場である塔本体を支える3本の脚を地上50メートルで組み合わせる工事が行われた。
  • 8月7日 高さ100メートルを超え105メートルに到達。
  • 10月16日 完成時の高さを634メートルに変更することおよびライティングデザインを発表。
  • 11月10日 高さ200メートルに到達(プレス発表)。
  • 11月22日 スカイツリー内部を公開(#外部リンク参照)。
  • 12月15日 併設する商業施設に、水族館とプラネタリウムコニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン)を開設することを発表。
  • 12月20日 タワー地上部を囲む足場が撤去されタワー支柱が全容を見せる。
  • 12月21日 - 26日 クリスマス時期として工事用の全照明を夜9時まで点灯しライトアップ[94]

2010年(平成22年)編集

  • 2月16日 高さ300メートルに到達(プレス発表)。
  • 3月1日 ライティング機器のパートナー企業をパナソニック電工に決定。ライティングデザインのオールLED化を目指すことが発表された。
  • 3月29日 10時17分、上部に高さ約10メートルのエレベータシャフトが設置されたことで東京タワーの332.6メートルを超えて338メートルとなり日本一の高さの建設物となった。
  • 4月24日 東武ワールドスクウェア(栃木県日光市)で、1/25サイズの東京スカイツリーの展示始まる。高さ約26メートル、鋼管柱とFRP製、総工事費約2億円[95][96]
  • 5月5日 最下部斜め支柱に始まる第1展望台の鉄骨建方工事開始[97]
  • 6月5日 タワー中心軸の空洞内でアンテナゲイン塔の組み立て開始[98][99]
  • 7月2日 タワークレーンが塔先端(398メートル)脇3基から第1展望台屋上に1基増設、計4基体制となる。
  • 7月4日 空調設備などを置く機械室(150メートル)部分を報道陣に初公開。第1展望台の鉄骨建方工事終了とされた[100][101]
  • 7月26日 7月2日のタワークレーン4基体制後、分解・設置位置変更・組上を繰返し第1展望台上ヤード外周位置での4基体制を確立[102]アナログ時計の12時に例えればクレーン4基の設置位置は目算で3時15分、5時30分、8時45分、11時45分[103]
  • 7月30日 高さ400メートルを超え408メートルに到達[104]5月29日時点の398mから2か月ぶりに10m延伸。
  • 9月11日 高さ461メートルに到達。過去の建造物を含めても高さ日本一だった対馬オメガ局(455メートルの支線式鉄塔。1998年に解体)を超えた。
  • 9月13日 エレベータ等を収容するシャフト鉄骨の建て方が完了。
  • 9月29日 スカイツリーの商業業務施設運営会社として「東武タウンソラマチ株式会社」を設立。
  • 10月13日 当日限りとしてライティングに使用するLED照明の性能試験のため、18時30分から21時10分までの160分間に点灯・消灯をほぼ20回ほど経たライトアップが行われた[24][105]
  • 10月23日 支柱建方による最終高さ497メートルとなる。その後はアンテナゲイン塔を突き上げ最終高さとする[106][107]
  • 10月27日 第2展望台の支柱建方開始。
  • 10月28日 公式キャラクター「ソラカラちゃん」決定[108]
  • 11月17日 東京スカイツリー並びに周辺大規模複合施設の施設警備業務を、綜合警備保障と東武ビルマネジメントが受注[109]
  • 12月1日 高さ500メートルに到達。塔体最上部に11月20日から仮置きを始めた制振装置と塔体内からリフトアップされたゲイン塔がドッキングし高さ511メートルとなる[110][111]
  • 12月16日 NHKおよび在京民放5社に対しスカイツリーへの放送局の無線設備の設置に向けた変更許可が認められる。
  • 12月18日 地上デジタルテレビ放送のアンテナ取付開始[112]
  • 12月24日 - 25日 クリスマス時期として工事用の照明を夜8時まで点灯。
  • 12月27日 スカイツリーを中心とした開発街区全体の名称を東京スカイツリータウン、低層階およびオフィスビル最上階の商業施設の名称を東京ソラマチ、押上側に建設されるオフィスビルの名称を東京スカイツリーイーストタワーとしたと発表[113]。また開業に合わせて東武伊勢崎線業平橋駅の駅名を「とうきょうスカイツリー駅」に変更し、駅施設のリニューアルも行うと発表[114]
  • 12月31日23時45分 - 2011年1月1日0時30分 大晦日から新年を迎えた45分間、クリスマス時期と同じ工事用の照明を点灯。

2011年(平成23年)編集

  • 1月28日 TOKYO MXに対しスカイツリーへの放送局の無線設備の設置に向けた変更許可が認められる[115]
  • 2月3日 NHK東京FMJ-WAVEおよび道路交通情報通信システムセンターに対しスカイツリーへの放送局の無線設備の設置に向けた変更許可が認められる[47]
  • 2月17日 北十間川越しに見えたタワー正面の地上から立ち上がる支柱部分が鉄骨で遮られ始める。
  • 2月28日 高さ600mを超える予定であったが降雨軽風ないし軟風の天気で翌日以降に持ち越した[116]
  • 3月1日 ゲイン塔のリフトアップが行われ、13時7分に600メートルに到達。さらに13時29分には高さ601メートルに到達し、広州塔を抜いて自立式電波塔として世界一の高さとなる。同日中に、604メートルまで到達した[117]
  • 3月12日 625メートルに到達。3月11日の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)によって東京タワーアンテナが曲がる被害が発生したため、急遽スカイツリーも損傷を受けていないか点検。3月14日に作業員全員の無事と塔構造体への被害がなかったことを確認したと発表した[118]。後日内部に亀裂があったことが判明という報道[119]があったものの誤報であることがわかり、これを報じた日刊ゲンダイは4月22日の紙面で「取り消し」と「謝罪」をした[120]。一方で地震発生の影響で資材納入に遅れが生じたため年末の竣工予定が2か月延びる形となった[121]
  • 3月18日 13時34分、完成時の高さ634メートルに到達[122][123]
  • 5月23日 2010年7月2日以来4基体制となっていた建て方専用クレーンの順次撤去開始[124][125][126]
  • 6月7日 東京スカイツリータウンの開業日と展望台入場料金などを発表[127]
  • 9月15日 ジャパン・モバイルキャスティングに対し、携帯端末向けマルチメディア放送墨田局の予備免許が交付される[60]
  • 10月上旬 NHKと在京民放5局の実験試験局が本放送の700分の1程度の弱い電波で試験電波を発信開始。関東自動車無線協会の実験試験局もタクシー無線の電波発射試験を実施[70]
  • 10月31日 建て方専用クレーン4基、その後設けた順次小型とした解体用クレーン3基すべての撤去完了[128][129]
  • 11月4日 スタッフ着用のユニフォーム7種類を発表。デザインは皆川明のミナ・ペルホネンによるもの[130]
  • 11月17日 ギネス世界記録に「世界一の高さのタワー」の認定を受け、『ギネス世界記録2012』に掲載[131][132][133]
  • 12月 この頃までに放送事業者による無線設備の取り付け工事が完了し、1年間の試験電波期間に入る[43]。FM放送も同時に試験電波期間に入るが、テレビ放送よりは短くなる。
  • 12月5日 この日の未明(3時)からNHKおよび在京キー5局が東京タワーからの放送休止時間帯に試験電波を40分程度、地上デジタル本放送と同じレベルのフルパワー(10kW)を初めて発射[134][135][70]
  • 12月23日 634メートルに到達してから初めてライトアップが灯される。

2012年(平成24年)編集

  • 2月9日 高さ350メートルの第1展望台が「天望デッキ」、450メートルの第2展望台が「天望回廊」と命名される。
  • 2月下旬 夜間ライトアップの部分試験点灯開始[136]
  • 2月29日 竣工[121][137]東日本大震災の影響で建築材料などの資材調達が滞り当初の計画から2か月遅れた[138]。綜合警備保障が国内最大規模の常駐警備を開始[139]
  • 3月2日 竣工式。東武タワースカイツリー、工事、放送など関係者約70人は神事を伴い執り行った[140]
  • 3月 ゲイン塔根元部分に設置されたセンサーによる落雷観測を開始[85]
  • 3月8日 地上240メートル地点と第1展望台の上部分(地上375メートル)に設置したテレビ各局のお天気カメラの運用開始[注釈 11][141]
  • 3月10日・11日 東京大空襲から67年、東日本大震災から1年になる両日の夜間(18時から22時)に追悼のライトアップを実施[142]
  • 3月17日 東武伊勢崎線業平橋駅を「とうきょうスカイツリー駅」に改称。同時にダイヤ改正で同駅が特急停車駅となる[143]ほか、東武伊勢崎線浅草・押上 - 東武動物公園間の愛称として「東武スカイツリーライン」が付けられる[144]
  • 3月23日 関東自動車無線協会のタクシー無線の一部運用を開始[145][71][146]
  • 3月下旬 荒天時に実施する展望台付近の雲のライトアップの実験を開始[136][147]
  • 4月1日 携帯端末向けマルチメディア放送モバキャス」および同放送を使用したスマートフォン向け放送局「NOTTV」の本放送開始[61]
  • 4月17日
    • 第2展望台「天望回廊」が報道関係者向けに初めて公開。
    • 栃木県から来た兄弟2人が東京スカイツリーに登ろうと隣接施設に不法侵入し、現行犯逮捕される事件が発生[148]
  • 4月19日 「雅」と「粋」のライトアップが初めて行われる。
  • 4月23日 NHK東京FM(82.5メガヘルツ)とJ-WAVE(81.3メガヘルツ)の送信所を東京タワーより移転しスカイツリーから本放送を開始[48][49]。同時にNHK-FM放送を使用したVICSの文字多重放送、および関東自動車無線協会タクシー無線の本運用も開始[72]
  • 4月26日 今上天皇皇后が行幸啓し、天望回廊を視察[149]
  • 5月3日 - 5日 墨田区民を対象とした内覧会を実施。著名人や報道関係者以外に初めて公開。
  • 5月14日 午前、「天望デッキ」で関係者約100人が出席し開業記念式典を開く[150]
  • 5月22日 開業。同時に押上駅の副駅名として「スカイツリー前」を導入[144]。10時オープン予定だったが、人が多く集まり混雑したため30分繰り上げて9時30分オープンとなった。また、夕方ごろに強風のためエレベーターが停止し天望回廊への入場が打ち切られた。開業日の特別演出として30分ごとに「粋」と「雅」のライティングが交互に行われた[151]
  • 7月7日 七夕ライトアップを実施。「粋」「雅」以外のライトアップを実施するのは初[152]
  • 7月11日 それまで予約のみ受け付けていた天望デッキの当日券販売を開始。
  • 7月28日 開業してから初めて隅田川花火大会の日を迎え、特別営業体制となる。また、映画『東京スカイツリー 世界一のひみつ』を公開。
  • 8月1日 8時54分、来場者(「天望デッキ」への累計入場者)数通算100万人を達成[153]
  • 8月27日 この日からTOKYO MXが物理16チャンネルで試験電波を毎日、地上デジタル本放送と同じレベルのフルパワー(3kW)で発射。9月27日までは映像・音声信号のない状態で電波を発射していたが、9月28日以降は東京タワーと同じ内容の電波(いわゆるサービス放送)を発射[154]
  • 9月7日 2020年夏季オリンピックの開催地決定1年前にあたるこの日、特別ライトアップを実施。
  • 10月1日 5時、TOKYO MXの物理チャンネル切り替え措置のため東京タワーとのサイマル放送を開始[42]。また、ピンクリボンの一環としてレインボーブリッジや東京タワー、東京都庁舎と同じくピンク色にライトアップ。
  • 11月1日 NHK会長松本正之が深夜の試験電波送出によるモニター調査で受信障害が判明したと記者会見で発表[155]
  • 12月22日 一般視聴者向けにスカイツリーからのテレビ放送電波の受信確認を促す『東京スカイツリー受信確認テスト』の放送をNHKとキー局で開始[156][157]

2013年(平成25年)編集

  • 2月28日 開業283日目に展望台への来場者が500万人に到達[158]
  • 5月12日 正午、TOKYO MXが東京タワーからの送信を停止し、東京スカイツリーからの送信に全面移行[44]
  • 5月13日 台湾の高層ビル、台北101と友好関係を締結[159]
  • 5月20日 開業363日目に展望台への来場者が634万人に到達[160]
  • 5月22日 開業1周年。これを記念し、歴代特別ライトアップを全て行った[161]
  • 5月31日 9時、NHK・在京民放キー局7局のテレビ放送のスカイツリーからの本放送開始[162][163][164][165]
  • 12月6日 開業1年半あまりで展望台への来場者が1000万人を突破[166]

2014年(平成26年)編集

2015年(平成27年)編集

2016年(平成28年)編集

2017年 (平成29年)編集

建設地決定までの誘致活動とその経過編集

「在京6社新タワー推進プロジェクト」は新タワーの建設地を第1候補地は「墨田・台東エリア」、第2候補地は「さいたま新都心」としていたが2006年3月31日に「墨田・台東エリア」に決定した[170]。決定までには東京の各地でいくつもの誘致活動が行われた。

東京都編集

墨田区編集

第1候補地になっていた東京都墨田区「業平橋・押上地区」は、東武伊勢崎線の業平橋駅構内の一部と押上駅(京成押上線・都営浅草線・東武伊勢崎線・東京メトロ半蔵門線)との間にあった貨物駅跡地を中心とした地域である。跡地所有者は東武鉄道であり、同社は事業主体として建設費約500億円を負担するとしている。

2005年(平成17年)8月25日、同社が、NHK・在京6社と墨田区との間で、建設決定を協議するための「三者間確認書」を交わし、12月末に最終決定することで合意したため、墨田区を候補地として決定することが有力となった。しかし、現在の東京タワーを改修して使う案も消えていないことと、放送事業者側と東武鉄道の間で新東京タワーにおける賃貸料を巡る交渉が難航していたため、12月26日に年内の決定を断念して、翌2006年(平成18年)3月末までの決定に変更した。

決定時期が延期となった理由について墨田区と東武鉄道は、協議時間が不十分だったためと説明した。2006年(平成18年)3月25日にNHKと在京6社は墨田区に建設することを正式に決定し、同月31日に報道発表がなされた。

港区編集

東京タワーの運営会社である日本電波塔は、2004年(平成16年)夏に、放送事業者に対し、東京タワーの高さを現在より30メートル程高くしてアナログテレビ放送終了後にアナログテレビ用アンテナを撤去しデジタルテレビ用アンテナに取り替え、送信アンテナ位置を現在より約90メートル高い地上350メートルに設置するとの案を示した。この案の場合、新東京タワーの建設費約500億円に比べて改修費用約40億円と割安であり、各局の新タワーに比べて放送施設賃貸料に大きく差が付くと言われている。同社は収入の約6割を放送関連設備などの賃貸料から得ており、新東京タワーが完成した場合、放送事業者の設備がすべて東京スカイツリーへ移ってしまうなど、大幅な収入減となる。

これらの動きはさほど報道されなかったが、同社は2007年(平成19年)9月21日にアンテナを80メートルから100メートル高くし、地上デジタル放送への完全移行に対応することを発表し、報道された。

練馬区編集

高さ1,008メートルの「東京ワールドタワー」を、新東京タワーとは別に練馬区の誘致団体「東京ワールドタワー推進協議会」(奥田則男会長)が西武鉄道系列の遊園地・としまえんの敷地約2万m2に建設を目指して活動していた。なお、漫画家松本零士がタワーをデザインした。

新宿区編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)新宿駅南口の山手線中央線の線路上空に基盤を整備し[注釈 12]、600メートル級タワーの建設をJR東日本が構想していたもの[171]。建設費は約500億円と試算[171]

各放送局との距離の近さ等を売りにしていたが、当時の運輸省(現・国土交通省)が、航空法の改正により、将来的に羽田空港離着陸の航空機に対して新宿上空経路を解禁することを計画していたため、同省から飛行機運行上の支障になるとの指摘を受けて、計画は立ち消えとなった[171]

豊島区編集

サンシャインシティの隣接地にある独立行政法人造幣局東京支局の敷地に、高さ600メートル級のタワーを誘致する活動を特定非営利活動法人東京アーバンクリエイト21が行っていた。また、サンシャインの広場と併せて防災用の広場ともなっていた。

台東区編集

商店街や観光連盟など民間主導による「台東ワールドタワー」の誘致活動もあった。場所は台東区立隅田公園や区民会館の周辺地区で、高さ600メートルのタワーを建設する計画だった。

足立区編集

東六月町のニッポン放送アンテナ跡地か舎人公園敷地内の2か所にタワーを誘致する計画もあり、共に高さ600メートルのタワーを建設する計画だった。

千代田区編集

秋葉原駅前の駐車場(後の秋葉原クロスフィールド付近)に高さ800メートルのタワー(秋葉原タワー・アキバタワー)を建設する計画もあり、オフィスやアミューズメント施設も入居する複合施設として計画されていた。なお当初は現在ロータリーや秋葉原クロスフィールド等が立地する山手線沿いの東西(神田青果市場跡)が再開発前であり、高架を跨いだ600メートル級のタワーを構想中という報道がされていた。同駅前には800メートル級を想定したタワー模型が設置されていたことがあった[172]

埼玉県編集

さいたま市編集

埼玉県さいたま市は「第2候補地」として、大宮台地上に位置する埼玉県さいたま市中央区さいたま新都心の8-1A街区に「さいたまタワー」を建設する構想を提唱していた。「さいたまタワー」は在京6社新タワー推進プロジェクトにより東京の震災時のバックアップ機能が優れているとして、「墨田・台東エリア」に次ぐ候補地となっていた。埼玉県ならびにさいたま市の関係者は「さいたま」に対するイメージアップ等を企図して懸命に「さいたまタワー」の誘致活動を実施したものの、電波の混信世帯が約14万世帯に及ぶと想定され、これは「墨田・台東エリア」との比較で約7倍の規模に達し、その対策費用もより巨額になるという理由から落選した。

「さいたまタワー」の建設予定地だった、さいたま新都心の8-1A街区は暫定的に駐車場として使用されており、2008年(平成20年)3月に、高さ186メートルのオフィス用超高層建築物を建設することで正式に決まったが、世界金融危機の影響で開発担当企業が規模縮小を要望、埼玉県とさいたま市がこれを拒否し、2010年(平成22年)に再び白紙となった。2011年(平成23年)には、さいたま赤十字病院埼玉県立小児医療センターなど、建物が老朽化している県内既存医療施設の移転案が浮上し、2017年(平成29年)に移転が完了した[173]

新タワー建設自体の是非と立地を巡る議論編集

関東圏に新しく電波塔を建設することの利点と問題点が議論されていた。

北関東では、地理的条件で宇都宮・榛名波が受信できず、タワー波の受信レベルでさえ低い地域でも、地上デジタル放送を受信することができるようになる。県域局のTOKYO MXが茨城県などで混信の少ない16チャンネルへ変更となり、さらにスカイツリーへ今のままの送信出力・指向性なしで移転することで、実質的にエリアが拡大することが期待されていた。一方でTOKYO MXは、親局を東京スカイツリーに移し、東京タワー以上に高い位置から送信することで、都内全域に放送を届けられるようになるが、その分スピルオーバーが大規模に発生するとして、近隣県の独立放送局から反発を受けていた。

過去に秋葉原地区でテレビ塔建設の検討を行った際に、「電波塔直下において、高感度の受信機ではノイズ等が発生するおそれがある」が建設中止の理由の一つであった。このため、東京スカイツリーでも同様の懸念がある[174]

東京タワーと異なる場所になるため、テレビアンテナの向きを変える必要があるのではないかという質問[175]が多数寄せられたが、総務省・日本放送協会技術部などの見解は「問題なし」[176]である。2009年(平成21年)までのシミュレーションによると、スカイツリーに対して一番受信しづらい90度の向きであっても十分な電界強度が得られる。ただ、ごく近隣での受信では減衰させるアッテネータを使用したほうが安定する場合もある。

アンテナの向きに関して、総務省は情報通信審議会情報通信政策部会「第42回地上デジタル放送推進に関する検討委員会」(2009年(平成21年)1月16日開催)において、「関東広域圏の地上デジタル放送の親局が、東京タワーから東京スカイツリーに移行することによる視聴者への影響は、ほとんど無いであろう」との見解を示した。 東京23区内は電波の強度が強く、アンテナが東京スカイツリーに向いていなくても地上デジタル放送の番組を視聴できる可能性が高く、また東京タワーや東京スカイツリーから離れている地域については位置関係が相対的に変わらないため、視聴者に与える影響はほぼ無いだろうとの見方が示されていた[注釈 13]。しかし、実際には後述のような電波障害が発生し、移行スケジュールに大きな遅れが生じた。

東京スカイツリーの問題点編集

経済面編集

東京スカイツリーができることにより多くの観光客が当地を訪れ、地元の商業が活性化することが期待できる。しかし、テナントを募集する際は地元の商店を優先したものの家賃が高いことから(墨田区の坪単価は1万円前後だが、スカイツリーは3 - 5万円)1軒も入らないことに決まった[177]。結果、東京スカイツリーには大規模な商業施設が併設され、短期的に見ると地元商店街を圧迫するおそれが大きい[174]。長期的に見ると、日本において過去に建設された多くの観光タワーや観光施設としてのテーマパークはその価値の低下・陳腐化によりオープンから時間が経つにつれ入場客が減少している。入場者の安定的な確保には東京ディズニーランドのような巨額の再投資が必要であるがその費用が十分確保されていないことから、タワー自身の観光的価値に多くを依存することは大きな経営的リスクを伴うと指摘されている[178]

環境・安全面編集

スカイツリーの周囲は低層の住宅地であり、下町の雰囲気が色濃く残っている。ここに巨大な構造物が突如現れることにより町の景観が破壊され周囲に対する圧迫感を与えている[174]。景観だけでなく、周辺地域では東京スカイツリーを訪れた多数の観光客・見物客による違法駐車、ゴミのポイ捨て立ち小便、深夜・早朝の騒音、交通渋滞、歩きタバコなども問題となっている[179][180]

タワー本体に風が当たり風切り音が騒音となるともいわれる[181]

電磁波による人体への影響についての医学的研究は途上であるが、電磁波により周辺住民が電磁波過敏症を発症するリスクが高まる可能性が指摘されている。また電磁波によって電磁障害が起き、コンピュータ等に影響を与える懸念も指摘されている[182]

天候問題編集

2010年(平成22年)2月から3月にかけて300メートル前後まで、4月17日には約350メートルの高さとなったが、この時東京に降雪があり、タワー上部に積もったり付着したの片または塊の落下が見られた[183]。このため、降雪時には事務所内に対策本部を設けている。2012年1月下旬にも落雪が原因と思われる被害が半径200メートル以内に出た。

同塔は構造上は円筒状の柱が上下斜めになっていて雪が積もりにくいが、その材質が金属のため外気温の変化を受けやすい。更に展望台は雪が積もりやすく、高い位置に長時間積もった雪は氷のように硬くなりやすいことから大きな塊が落ちた場合に備えて、2012年(平成24年)2月11日12日には東武タワー大林組は通行人に落雪への注意を呼び掛けた。また、東武タワーは同被害に対し賠償に応じている[184]。2012年末までに地上150メートル以上から最頂部634メートルの間に計45台へとカメラを増設し、積雪状況を監視して地上の約60人の警備員が歩行者や住民に落雪の注意喚起を行う[185]。2013年1月15日には直径20センチメートル以上の雪塊が何度も落下し、一部では規制線が張られ、また民家の屋根に穴が開くなどの被害が4件発生した。

このように、スカイツリーは開業前から落雪問題がしばしば指摘されてきたが、開業以降は強風問題も浮上している。開業初日には、早くも暴風雨によりエレベーターの運行が一時停止され、さらに第2展望台の営業を2時間以上早く打ち切った[186]。この日を含め、2012年度は展望台の営業を25日休止した。

2013年度(平成25年度)は展望台の営業を40日休止したことが響き、スカイツリーの年間来場者実績は約619万人と、想定より25万人下回った[187]

電波障害編集

茨城県かすみがうら市では視聴されるテレビは東京タワーからの電波を受信していたが、東京スカイツリーからの電波と干渉してしまって電波が受信しづらくなってしまう地域があるため、東京スカイツリーによる電波障害を市民に注意喚起していた[188][189]

前述の通り、東京タワーから東京スカイツリーへの移転により電波障害は発生しにくいと考えられており、在京テレビ6社の切り替えは2013年(平成25年)1月頃を予定していた[43]が2012年(平成24年)7月から10月の間に、深夜、東京タワーからの送信を止め、東京スカイツリーから送信する試験電波による視聴者参加のモニター調査を行った結果、集合住宅で10.5パーセント、戸建住宅で11パーセントの世帯が電波を正しく受信できないことが分かった。原因としてアンテナの向きの問題や室内アンテナの使用、強電界エリアにおいて設置されている受信ブースターによって電波が増幅され強すぎることで正しく受信できない問題等が挙げられた。受信障害は地域的な偏在ではなく、設置状況に応じて点状に散在しており、試算では関東1都6県約1500万世帯・事業所のうち約16万件に影響すると判明し、予想以上の受信障害への対策のために機能移転が遅れる見通しであると、NHK会長松本正之は2012年(平成24年)11月1日の記者会見で明らかにした[155][190]

このため2012年(平成24年)12月22日から、東京スカイツリーからの電波の受信確認を促す『東京スカイツリー受信確認テスト』の放送を在京テレビ6社で開始、問題がある場合には東京スカイツリー移行推進センターに相談するよう呼びかけ、計100億円を負担して各家庭のアンテナ調整や交換など受信障害回避の対策を行うこととなった[156][157][155][191]。また、当該在京テレビ6社以外の放送局(テレ玉、チバテレ、tvk、放送大学等)の受信に影響が出た場合にも移行推進センターで対応している。この問題により機能移転は2013年(平成25年)5月1日に変更するとし、その後同年5月末頃へと変更された。

その後、受信確認テストを繰り返した結果、視聴者からの相談件数が減少し対応工事のめどがついたことから総務省と協議を行い、2013年(平成25年)5月24日に、総務大臣新藤義孝が今後の試験放送で受信障害が急増しないことや、各局が移転後も受信対策に万全を期すことを条件として同年5月31日にスカイツリーへの移転を容認する、と表明し、在京テレビ6社も正式に同日の移転を行うと発表[162][163][164]した。そして、同年5月31日9時にスカイツリーからの放送に移行した。

なお、同年3月31日時点で16万4251件の相談があり7万1516件に対策が必要な事が判明し、同年5月28日までの要対策件数は12万5400世帯であった。さらに、同年5月31日9時の完全移行後、スカイツリーの地元である墨田・台東江戸川3区のケーブルテレビを受信している約2200世帯で、古くなった端子やケーブルにスカイツリーからの強い電波が干渉したことが原因で、画面が乱れたり何も映らないなどの受信障害が発生した[192]。また、同日9時から22時までに受信相談コールセンターに1万7792件の相談(うち対策工事が必要な相談が7664件)があり[192]、同年5月31日から同年6月4日までの間で新たに2万7647件の受信障害が判明したことが発表されている[193]

評価編集

  • 開業から1週間の来場者は164万3000人で当初予想(約112万人)の1.5倍の人出となった[194]
  • 歌手のレディー・ガガは、「外は雨ですが、こんなに美しい景色を見たことはありません」と絶賛した[195]
  • 東京都知事(当時)の石原慎太郎は、2004年(平成16年)の記者会見で新タワーについて質問されて「つくる必要はないと思う。インターネット時代でシステムが変わろうとしている時代に、あんなばかでかいタワーが要るかどうか、それはもう基本的な問題だ」と批判した[196]。なお、石原はその後2009年(平成21年)での東京都議会での答弁でTOKYO MXがスカイツリーに移転することによって「関東一円にまで電波が飛ぶようになり、東京におけるローカル放送の意味合いや価値が変わって、非常に大きなメリットになるのではないか」と述べている[197]
  • 上武大学経営情報学部教授の池田信夫は、「スカイツリーの建設には世界最先端の技術が使われているそうだが、この無用の長物は、技術者は世界一優秀だが経営者は世界最悪といわれる日本の企業を象徴する『21世紀のピラミッド』である」としている[196]
  • 作家の曽野綾子は、「高さ競争は後発国のやることではないですか。もっと大人になってもらいたいですね。どんな高い塔も今に抜かれます」と評した[198]
  • アメリカの歴史ある旅行雑誌Travel + Leisure』では、東京の7大ガッカリ観光地の1位に選ばれた[199]

建設中の東京スカイツリーのギャラリー編集


東京スカイツリーの遠景のギャラリー編集

東京スカイツリーを扱った作品編集

東京スカイツリーは建設中の時点から大変な注目度があり、新たな東京のシンボルとして様々な小説や映像作品に登場している。ただし、直接登場することもあれば単なる背景として登場することもあるなど作品数だけでも大変多いため、割愛している。

また、東京タワーとは異なり「東京スカイツリー」は商標名であり、東武タワースカイツリーの許諾が必要となるため、名称が使えない場合は言及を避けたり「東京スカイタワー」などのように名称を変更して登場させるケースもみられる[注釈 14]

東京タワーが多くの特撮映画特撮テレビドラマ怪獣によって倒されるなどの被害を被っているためか、近年の怪獣などを扱った小説漫画、アニメなどでは東京タワーに代わる東京のランドマークとして東京スカイツリーが怪獣の攻撃を受けるという作品が多い[注釈 15]。しかし、東京スカイツリーが登場する特撮作品は、唯一河崎実監督の『電エース』があるのみでほとんど存在しておらず、使用料が発生するとされている[200]。なお、『ウルトラQ dark fantasy』には高さ666メートルの「第2東京タワー」という電波塔が登場してレキューム人の攻撃を受けているが、作品自体は東京スカイツリーの建造が始まる4年前(2004年)に制作されたものである[注釈 16]

映画編集

記録映画
  • 『東京スカイツリー 世界一のひみつ』
建設の記録映像を元にした、開業までのドキュメンタリー映画[201]2012年7月28日公開。
スタッフ
  • 監督:野上純一
  • 脚本:小林弘利
  • 音楽:永山学
  • ナレーション:神谷浩史(クルックー)、日笠陽子(ジョンピー)
  • 主題歌:土岐麻子「つながる未来」(作詞:柿島伸次、野上純一 / 作曲:永山学、佐藤豪)
  • 特別協力・映像協力:東武鉄道、東武タワースカイツリー
  • 監修協力:日建設計
  • 映像協力:大林組、NHK
  • 製作委員会:角川書店、大林組、NHKエンタープライズ、博報堂、ソニーPCL
アニメ映画
テレビアニメ『名探偵コナン』の劇場版第18作。2014年(平成26年)4月19日公開。作中に登場するベルツリータワーのモデルであり、高さが635メートルに改変されている。なお、ベルツリータワーは『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』(2013年(平成25年)12月7日公開)の舞台の1つとして、『異次元の狙撃手』よりも一足早く登場している。

音楽編集

交通アクセス編集

鉄道編集

路線バス編集

  • 東京スカイツリータウン(東京ソラマチ1階)1番のりば
  • 東京スカイツリータウン(東京スカイツリー下)
  • とうきょうスカイツリー駅前
  • とうきょうスカイツリー駅入口
    • 都営バス
      • <S-1> 上野松坂屋(毎日運行)行・東京駅丸の内北口(土曜・休日のみ)行(浅草雷門経由)/錦糸町駅行
      • <都08> 日暮里駅行(東武浅草駅前経由)/錦糸町駅行
      • <上23> 上野松坂屋前行(墨田区役所前・浅草寿町経由)/平井駅行(十間橋経由)
      • <門33> 豊海水産埠頭行(森下駅門前仲町駅月島駅勝どき駅経由)/亀戸駅行(十間橋経由)
  • 春慶寺前・東京スカイツリータウン前
    • 京成バス
      • 墨田区内循環バス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」南部ルート 押上駅・錦糸町駅北口・都営両国駅方面
    • 京成タウンバス
    • 京成バス、京成タウンバス
  • 押上駅前(スカイツリー前)
    • 都営バス
      • <上23> 上野松坂屋前行(墨田区役所前・浅草寿町経由)/平井駅行(中居堀経由)
      • <錦37> 青戸車庫行・新四ツ木橋行/錦糸町駅行
    • 京成バス
      • 墨田区内循環バス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」
        • <北西部ルート> 曳舟文化センター・鐘ヶ淵駅方面
        • <北東部ルート> 東あずま駅・八広方面
        • <南部ルート> 錦糸町駅北口・都営両国駅方面
  • 押上
    • 都営バス
      • <S-1> 上野松坂屋前(毎日運行)行・東京駅丸の内北口(土曜・休日のみ)行(浅草雷門経由)/錦糸町駅行
      • <都08> 日暮里駅行(東武浅草駅前・奥浅草経由)/錦糸町駅行
      • <錦40> 錦糸町駅行/南千住駅東口行
      • <上23> 上野松坂屋前行(墨田区役所経由)/平井駅行(十間橋経由・押上三丁目経由)
      • <上26> 上野公園行(谷中・根津駅経由)/亀戸駅行(亀戸天神経由)
      • <門33> 豊海水産埠頭行(森下駅門前仲町駅月島駅勝どき駅経由)/亀戸駅行(十間橋経由)

高速バス・直行バス編集

定期観光バス編集

その他編集

 
歌川国芳作『東都三ツ股の図』。左側奥に描かれた塔が、180年後に造られた東京スカイツリーに似ていると話題を呼んだ
  • 東京スカイツリー完成をさかのぼること約180年前の1831年(文政13年/天保元年)頃に当時の浮世絵師・歌川国芳が描いた『東都三ツ股の図』には、スカイツリーの立っているのとほぼ同じ場所にスカイツリーに似た塔が描かれている(右画像)。回向院勧進相撲が開かれる際に立てられる相撲櫓であるという説、あるいは井戸掘りの櫓であるという説があるが詳細は不明である[204]
  • 2010年(平成22年)4月24日、栃木県の東武ワールドスクウェアに縮尺1/25の「東京スカイツリーと周辺複合開発」が新展示物として加わった。実物より一足早く完成したこの展示は全高26メートル、総工費約2億円と発表されている。当日は同施設の開園記念日にあたり入園無料Dayとなったほか東武350系電車による浅草鬼怒川温泉行きのギャラリー列車、「スカイツリートレイン」の運転初日となった。
  • 2010年(平成22年)8月7日、読売新聞社会部江東支局は北十間川を挟む真向かいに取材に特化した「東京スカイツリー前分室」を開設し都民版、江東版、武蔵野版などに界隈の近況など含めて随時掲載した[205]。記者以外にも見物客を受け入れており、展示パネルや関連刊行物の販売も行われ45万人が来訪したが、2012年7月1日をもって閉室された[206]
  • 2011年(平成23年)3月18日、東京スカイツリーの「ゲイン塔」が引き上げられ高さは634メートルとなったが高さを発表する際、最初に625メートルの十の位を変えたため高さが一瞬「635m」と表示され集まった報道陣を騒がせた[207]
  • 開業日を縁起のいい大安と決め[要出典]2012年(平成24年)5月に大安は5日・11日・17日・22日・28日と5日あるが、スタッフが業務に慣れるまでの習熟期間を作るため週末を避けた22日に決まったという。
東京晴空塔
各種表記
繁体字 東京晴空塔
簡体字 东京晴空塔
拼音 Dōngjīngqíngkōngtǎ
テンプレートを表示
東京天空樹
各種表記
繁体字 東京天空樹
簡体字 东京天空树
拼音 Dōngjīngtiānkōngshù
テンプレートを表示
  • 施設案内などにおける東京スカイツリーの公式な中国語表記は「东京晴空塔 / 東京晴空塔」となっている(ただし一部「TOKYO SKYTREE」と英語表記されていることもある)。なお、当初は「スカイツリー」の意味をそのまま漢字に直した「东京天空树 / 東京天空樹」を使用する予定だったが、中国ですでに商標登録されていることが判明したため、東武鉄道はやむなくこの名称で中国語名を登録することを断念[208]し、現行の名称に変更された。


  • 東京スカイツリーの開業で最寄駅はとうきょうスカイツリー駅押上駅となったが、上野駅にも東京スカイツリーへの案内が示されるようになった。また東京メトロ半蔵門線都営浅草線京成押上線東武スカイツリーラインの下り方面からの来客者には影響はなくとも上野方面からの来客者にとっては浅草駅で東武スカイツリーラインに乗り換えるが地下と地上の乗り換えであることや、たった1駅だけで着くのに東武において乗車券だけで乗れる電車は10分間隔の運行のため発車に時間がかかることから、特急列車にもとうきょうスカイツリー駅までの利用に限り乗車券だけで利用できる措置が取られている[注釈 17]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 東京タワーの設計も手掛けた。
  2. ^ 建築基準法上の工作物としての高さで、建築物としての高さは470.97メートル(第2展望台の上部)。
  3. ^ 電波塔の世界一はワルシャワラジオ塔支線型鉄塔)の646.38メートルであったが、1991年に倒壊した。
  4. ^ ちなみに所在地の押上地区は江戸時代前期の利根川の大改修により武蔵国葛飾郡に編入されているがそれ以前は下総国葛飾郡に属しており、歴史的にこの地区が厳密な意味での武蔵国に所属しているとはいえないため、高さに武蔵国の語呂を絡めることには計画時点で多方面から歴史的経緯を踏まえていないとの批判がなされた。
  5. ^ 登録商標第5059759号、商標:「大江戸タワー」、商品全類呼称:「オーエドタワー」/第4294465号、商標:「さくらタワー」、役務全類呼称:「サクラタワー」「サクラタワークラブ」
  6. ^ 当初は2013年3月31日に東京タワーからの送信を終了し、同年4月1日から送信所をスカイツリーに一本化する予定だったが、2012年東京都知事選挙および第46回衆議院議員総選挙の実施に伴い選挙報道や政見放送の公平性を確保する必要があったことから、当初予定していた東京タワーの減力ができなかったため、移行予定にも遅れが生じた。
  7. ^ ERPが増えたのは送信機からアンテナまでの長さも増大したことにより、信号を送るケーブルの電気抵抗特性による減衰量も増大したため。アンテナに到達するまでに出力が50kW分減衰する計算になる。[要出典]
  8. ^ 関東地方での補完局の開局・本放送開始は在京3社より先に、茨城放送が2015年8月に行っている。
  9. ^ VHF11チャンネルに相当する周波数。
  10. ^ 牛島神社の宮司が行う。
  11. ^ テレビ東京は地上240メートル地点に、NHKとその他の在京キー局は第1展望台の上部分にそれぞれ設置。
  12. ^ ただし、当時新聞に掲載された完成イメージ図によれば現在整備が進められている「新宿駅南口地区基盤整備事業」の位置とは異なり現在のタカシマヤタイムズスクエア南館の隣接地辺りを想定していたようである。
  13. ^ 受信相談などの対応のために東京スカイツリー移行推進センター(T-SAPO)をNHK・民放5局と共同で開設している。
  14. ^ 2012年に放送されたテレビアニメ版『CØDE:BREAKER』など。
  15. ^ 2013年に放送されたテレビアニメ『ビビッドレッド・オペレーション』第7・8話など。
  16. ^ 登場する電波塔の形状は東京スカイツリーというより、むしろ東京タワーに近い。
  17. ^ ただし個室には乗車できない。

出典編集

  1. ^ 知的財産使用に関して”. 東京スカイツリー. 2014年6月21日閲覧。
  2. ^ a b 首都圏で600M級の新タワー構想に合意 在京6局”. 朝日新聞社 (2003年12月17日). 2012年2月29日閲覧。
  3. ^ a b スカイツリーうんちく50 - 東京スカイツリーって何のための建物なの?”. ほぼ日刊イトイ新聞. 株式会社東京糸井重里事務所. 2012年2月29日閲覧。
  4. ^ 東京国際空港の制限表面図 (PDF)国土交通省東京航空局)
  5. ^ 東京国際空港制限表面図 (PDF) (国土交通省) 2010年(平成22年)7月12日閲覧
  6. ^ 東京スカイツリー、29日に完成 産経新聞 2012年(平成24年)2月28日(同日閲覧)。
  7. ^ スカイツリー、来年5月22日開場! 展望台入場料は3千円 産経新聞 2011年(平成23年)6月7日閲覧
  8. ^ 読売新聞2006年(平成18年)5月12日
  9. ^ 新タワーによる地域活性化等調査報告書【概要版】(新タワー建設に伴う経済波及効果推計) (PDF) 16-19ページ
  10. ^ a b c d 読売新聞夕刊 2012年5月22日 3版1面:東京スカイツリー全データ
  11. ^ 東京スカイツリー®×東芝”. 東芝. 2013年9月28日閲覧。
  12. ^ 東京スカイツリーのエレベーター13台、東芝エレベータ6台と日立製作所7台が受注”. 日本経済新聞 (2008年10月20日). 2009年7月20日閲覧。
  13. ^ “一足お先に、スカイツリー展望台へ(4/5)”. 時事通信社. http://i.jiji.jp/jc/v4?id=skytree0004 2013年7月18日閲覧。 
  14. ^ 東京スカイツリー®がギネス世界記録™に認定されました! 東武鉄道・東武タワースカイツリー 2011年11月17日閲覧
  15. ^ a b 読売新聞 2008年6月24日 20・21面
  16. ^ 読売新聞 2009年10月17日 13S販35面
  17. ^ 東京スカイツリー®の最高高さを634mに決定しました。 (PDF)”. 東武鉄道・東武タワースカイツリー (2009年10月16日). 2009年10月16日閲覧。
  18. ^ ツリー「666メートル案あった」東武鉄道社長が裏話
  19. ^ タワーのかたち(1)三角から円へ”. 日建設計. 2010年8月2日閲覧。
  20. ^ 五重塔のような、制振構造
  21. ^ 読売新聞 2010年12月18日 夕刊3版15面
  22. ^ 東京スカイツリー®のカラーデザインが決定しました。 (PDF)”. 東武鉄道・東武タワースカイツリー (2009年2月26日). 2009年3月8日閲覧。
  23. ^ “東京スカイツリー、ライトアップは“オールLED”に”. ITmedia +D LifeStyle. (2010年3月1日). http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1003/01/news083.html 2010年3月2日閲覧。 
  24. ^ a b 「ツリーが夜空に浮かんだ、点灯実験に大歓声」 読売新聞 2010年10月14日 13S版39面
  25. ^ “開業5周年記念「粋」・「雅」に続く新のライティング登場! 新ライティング「幟」を点灯しました!”. (2017年5月18日). http://www.tokyo-skytree.jp/press/post/271 2017年6月6日閲覧。 
  26. ^ a b 東京タワーもスカイツリーも 仏国旗の色で犠牲者悼む 朝日新聞 2015年11月15日
  27. ^ 東京スカイツリーが和食をテーマにしたライティングを初点灯します 東武タワースカイツリー 2015年11月13日
  28. ^ a b 東京スカイツリーがライトセーバーに!スター・ウォーズ新作公開に合わせ特別ライティング スポーツ報知 2015年11月9日
  29. ^ ソラクロ祭 ももクロ in トーキョースカイツリー 東京スカイツリー公式サイト
  30. ^ 新タワー名称は「東京スカイツリー」 産経ニュース 2008年6月10日
  31. ^ 東京スカイツリーで地中熱ヒートポンプの運転開始”. アジアバイオマスオフィス. 2014年7月6日閲覧。
  32. ^ 放送アンテナ技術の発展とスーパーハイビジョン時代への課題
  33. ^ 東京スカイツリー用®アンテナとその工事
  34. ^ 兼六館出版『放送技術 2016年12月号「TQL FM補完中継局送信所の概要」より』
  35. ^ a b サービス名は「モバキャス」、mmbiがマルチメディア放送の具体像を説明 ITmedia 2011年7月14日閲覧
  36. ^ J-WAVEが東京スカイツリーに送信所を移転しました。 J-WAVE TOKYO SKYTREE ONLINE MAGAZINE 2012年6月28日
  37. ^ デジタル時代の受信システム(テレビ受信向上委員会) (PDF)
  38. ^ デジタル時代の受信システム(テレビ受信向上委員会) (PDF)
  39. ^ デジタル時代の受信システム(テレビ受信向上委員会) (PDF)
  40. ^ デジタル時代の受信システム(テレビ受信向上委員会) (PDF)
  41. ^ 総務省発表
  42. ^ a b 10月1日、東京スカイツリーから放送開始 東京メトロポリタンテレビジョン 2012年9月27日
  43. ^ a b c d 東京スカイツリーへのテレビジョン親局の移転について
  44. ^ a b 東京MXテレビ、12日スカイツリーに完全移行 読売新聞 2013年5月9日
  45. ^ a b 放送大学、地上波終了へ=18年に、BS完全移行[リンク切れ] 時事通信社 2016年5月27日発行、同日閲覧。
  46. ^ 読売新聞 2010年9月28日 13S版10面
  47. ^ a b c 東京スカイツリーへの超短波放送局及び超短波文字多重放送局の無線設備の設置に向けた変更許可について 総務省関東総合通信局 2011年2月4日閲覧
  48. ^ a b J-WAVE 81.3FM 送信所移転のお知らせ J-WAVE 2012年4月5日
  49. ^ a b NHKFM放送 東京スカイツリーから送信開始 NHK広報局 2012年4月5日
  50. ^ TOKYO FM 2月11日(月・祝)より東京タワー最上部の新アンテナから放送開始 東京タワー最頂部にラジオアンテナ エフエム東京
  51. ^ InterFM、周波数「76.1」から「89.7」に - 朝日新聞 2015年6月24日
  52. ^ "InterFM897"開局
  53. ^ a b AMラジオ3局にFM補完中継局の予備免許。FM放送が可能に AV Watch 2014年9月2日
  54. ^ a b 関東広域AMラジオ3社のFM補完中継局に予備免許 総務省関東総合通信局 2014年9月2日
  55. ^ a b V-Low 受信対策センター(東京地区)”. 2015年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月10日閲覧。
  56. ^ a b 在京AM3局の「ワイドFM」12月開始予定 TBS、文化放送、ニッポン放送 産業経済新聞社 2015年9月8日
  57. ^ a b 在京ラジオ3局 ワイドFMは12月7日開始 スポーツニッポン 2015年11月17日
  58. ^ 在京AM3局の「ワイドFM」12月7日開局 スカイツリーから合同特番 産経ニュース 2015年11月17日
  59. ^ a b 207.5MHz以上222MHz以下の周波数を使用する移動受信用地上基幹放送局の予備免許に係る電波監理審議会からの答申 総務省 2011年9月14日
  60. ^ a b 携帯マルチメディア放送、ハード事業の予備免許を交付 ケータイWatch 2011年9月15日閲覧
  61. ^ a b 4月1日(日)東京スカイツリー®よりジャパン・モバイルキャスティングの本放送が開始されます。 東武タワースカイツリー 2012年3月30日
  62. ^ a b 「NOTTV」サービス及び「モバキャス」サービスの終了についてArchived 2016年5月4日, at the Wayback Machine. NOTTV 2015年11月27日
  63. ^ a b スマホ向け放送「NOTTV」、2016年6月末で終了 ケータイ Watch 2015年11月27日
  64. ^ Thank You everyone(NOTTV 2016年7月27日閲覧)Archived 2016年6月30日, at the Wayback Machine.
  65. ^ ホームページ閉鎖のお知らせ ジャパン・モバイルキャスティング 2016年7月27日閲覧Archived 2016年6月29日, at the Wayback Machine.
  66. ^ ブロック別ソフト事業者6社の紹介
  67. ^ 関東・甲信越広域圏の-Lowマルチメディア放送局(移動受信用地上基幹放送局)に免許 関東総合通信局 報道資料 2015年12月7日
  68. ^ ニュース - V-Low「i-dio」が3月1日にプレ放送開始、5月からIPサイマルの補完放送も計画 ITpro 2016年2月29日
  69. ^ 「新集中基地局具体化へ 関自無協東京、理事会で承認」 東京交通新聞 1面 2008年2月18日
  70. ^ a b c お茶の間まであと少し スカイツリー10月から試験電波 朝日新聞 2011年9月30日閲覧
  71. ^ a b 東京スカイツリー公式サイト
  72. ^ a b 新・週刊フジテレビ批評』2012年5月26日放送分より(東京スカイツリー“電波塔”としての意外な役割)。
  73. ^ 無線局免許状情報 総務省電波利用ホームページ 2013年7月26日閲覧。NHK東京総合NHK東京教育
  74. ^ 基幹放送普及計画(昭和63年郵政省告示第660号)(総務省電波利用ホームページ)
  75. ^ 無線局免許状情報 総務省電波利用ホームページ 2013年7月26日閲覧。日本テレビテレビ朝日TBSテレビテレビ東京フジテレビ
  76. ^ 無線局免許状情報 総務省電波利用ホームページ 2012年10月22日閲覧
  77. ^ ありがとう東京タワー スカイツリーこんにちは MXテレビお引っ越し 東京新聞 2013年5月12日朝刊 放送芸能面
  78. ^ a b 地上デジタル受信ガイド(TOKYO MX)
  79. ^ a b c d e 無線局免許状情報 総務省電波利用ホームページ 2016年1月18日閲覧。J-WAVENHK東京FMVICSTBSラジオ文化放送ニッポン放送
  80. ^ ホームページ閉鎖のお知らせ(2016年7月1日現在のアーカイブ)オリジナルURL
  81. ^ nottv公式ページ
  82. ^ 無線局免許状等情報(総務省)
  83. ^ 無線局免許状等情報(総務省)
  84. ^ 電力技術研究所 東京スカイツリーにおける雷電流測定
  85. ^ a b 「スカイツリー落雷の謎に迫る」 東京新聞 2010年12月21日 1面
  86. ^ 世界一高い雷観測所、スカイツリーに機器 読売新聞 2012年2月15日
  87. ^ 「日曜ビッグバラエティ」番組ホームページ(バックナンバー)
  88. ^ “都市のゲリラ豪雨は排ガスなどの大気汚染物質が影響か”. NHK NEWS WEB. (2017年8月11日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170811/k10011096491000.html 2017年8月11日閲覧。 
  89. ^ アウトライン/基本理念”. 東武鉄道・東武タワースカイツリー (2012年3月3日). 2012年3月3日閲覧。
  90. ^ 速報!ミナ ペルホネンが作る、新しい東京の顔。東京スカイツリー®の制服が発表”. 装苑ONLINE (2011年11月4日). 2012年5月19日閲覧。
  91. ^ デザイン/ユニフォーム”. 東京スカイツリー (2012年5月19日). 2012年5月19日閲覧。
  92. ^ 読売新聞 2008年5月15日 10面記事
  93. ^ 高さ610メートル 電波塔「スカイツリー」本体が地上に姿 産経新聞 2009年4月6日
  94. ^ 夜のスカイツリー®”. 東武タワースカイツリー. 2009年12月26日閲覧。
  95. ^ 東京スカイツリーが東武ワールドスクウェアに出現!(東武ワールドスクウェア)
  96. ^ ミニでも高さ26メートル 下野新聞 2010年4月24日、2010年4月16日Tobu News (PDF)
  97. ^ 東京スカイツリー建設関連 技術用語集”. 大林組. 2010年6月29日閲覧。
  98. ^ “「スカイツリー」建設の進め方は? 「空洞」活かして効率作業”. 産経新聞. (2010年6月19日). http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100619/trd1006191801010-n1.htm 2010年6月30日閲覧。 
  99. ^ 日立電線が、東京スカイツリーの放送用送信アンテナシステムを受注”. ビジネスワイヤ・ジャパン (2009年11月17日). 2010年6月5日閲覧。
  100. ^ 「スカイツリー150メートルの眺め 塔の構造など公開」 東京新聞 2010年7月5日
  101. ^ 空洞内で「塔」組み立て内部公開 TVアンテナ用着々 2010年7月5日 読売新聞13S版33面
  102. ^ 大林組 2010年7月31日閲覧
  103. ^ フォトギャラリー、真上から、2010.8.29”. 大林組 (2010年8月29日). 2010年9月9日閲覧。
  104. ^ 408メートル! 2010.07.30 Friday 大林組 2010年8月8日閲覧
  105. ^ 恋人たちに朗報!?スカイツリー3時間だけライトアップ 夕刊フジ
  106. ^ 読売新聞 2010年10月25日 夕刊3版1面
  107. ^ 「スカイツリー、本体頂上の497メートルに到達」 Yomiuri Online 2010年10月25日閲覧
  108. ^ 東京スカイツリー公式キャラクターを決定! (PDF) 東武鉄道・東武タワースカイツリー 2010年10月28日閲覧
  109. ^ 東京スカイツリーと周辺複合施設の警備が、ALSOKと東武ビルマネジメントに決定! (PDF) スカイツリー 2010年11月17日閲覧
  110. ^ 500mを超えます!634mを目指し、工事はいよいよ佳境に!! (PDF)”. 東武タワースカイツリー (2010年11月30日). 2010年12月1日閲覧。
  111. ^ 総重量は約100トン。制振装置が塔体の最頂部へ”. 大林組東京スカイツリー現場ブログ (2010年11月25日). 2010年12月23日閲覧。
  112. ^ 読売新聞 2010年12月18日 夕刊3版15面
  113. ^ 「東京スカイツリーのある街」名称決定 - 東京スカイツリー®を中心とした商業業務施設が進捗しています - (PDF)
  114. ^ 2012年春の東京スカイツリー®開業にあわせ、伊勢崎線業平橋駅の駅名を「とうきょうスカイツリー」に改称します! あわせて、駅のリニューアルも実施します!! (PDF)
  115. ^ 東京スカイツリーへの東京メトロポリタンテレビジョン株式会社所属放送局の無線設備の設置に向けた変更許可について 総務省関東総合通信局 2011年1月28日閲覧
  116. ^ 読売新聞 2011年2月28日 夕刊3版16面
  117. ^ “スカイツリー、世界一の高さに 600メートル超す”. 47NEWS共同通信社. (2011年3月1日). http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030101000418.html 2011年3月1日閲覧。 
  118. ^ 【お知らせ】東北地方太平洋沖地震による被害状況について”. 東武タワースカイツリー (2011年3月14日). 2011年3月18日閲覧。
  119. ^ 日刊ゲンダイ 2011年4月21日 5面
  120. ^ 【お知らせ】一部報道について”. 東武タワースカイツリー (2011年4月22日). 2011年4月22日閲覧。
  121. ^ a b 3年半かけ634メートル スカイツリー完成 東京新聞 2012年2月29日
  122. ^ “東京スカイツリー:完成時の634メートルに”. 毎日jp(毎日新聞. (2011年3月19日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130501121806/http://mainichi.jp/select/shakai/ 2011年4月10日閲覧。 
  123. ^ “スカイツリー、634メートルに到達 完成時の高さに”. 朝日新聞. (2011年3月18日). http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201103180299.html 2011年3月18日閲覧。 
  124. ^ 東京スカイツリーのクレーン撤去はじまる Yomiuri online
  125. ^ 【スカイツリー成長記】「腕」4基 天空の分解大作戦 東京新聞 2011年5月24日
  126. ^ こうやって下ろす…ツリーのクレーン撤去開始スカイツリー 上部の大型クレーン4基、7月中旬までに撤去 読売新聞 2011年5月23日 夕刊3版1面
  127. ^ 東京スカイツリータウンの事業概要が決定しました (PDF)”. 東京スカイツリータウン (2011年6月7日). 2011年6月8日閲覧。
  128. ^ 東京スカイツリーのクレーン撤去 2011年10月31日 YOMIURI ONLINEホーム>動画TOP>映像ニュース
  129. ^ 東京スカイツリー®のつくり方「タワークレーンの解体」”. 大林組. 2011年12月19日閲覧。
  130. ^ 東京スカイツリーのユニフォームが決定いたしました。 (PDF)”. 東京スカイツリータウン (2011年11月4日). 2011年11月5日閲覧。
  131. ^ スカイツリーをギネス認定 「世界一高いタワー」 産経新聞 2011年11月17日
  132. ^ スカイツリー、ギネス認定へ 「高さ世界一」 朝日新聞 2011年11月12日
  133. ^ 東京スカイツリー、ギネス認定で世界一! 台湾メディアが速報伝える @niftyビジネス 2011年11月20日
  134. ^ 5日に東京スカイツリーから初のフル電力試験電波/NHK、在京民放 映像新聞 2011年12月19日閲覧
  135. ^ N・キー局、Sツリー試験電波12月4日深夜 文化通信.com 2011年11月28日閲覧
  136. ^ a b スカイツリー 29日 いよいよ完成 東京新聞 2012年2月7日
  137. ^ スカイツリー:きょう午後完成 毎日新聞 2012年2月29日
  138. ^ “スカイツリー完成…震災の影響で2か月遅れ”. 読売新聞. (2012年3月1日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120229-OYT1T00860.htm 2012年3月6日閲覧。 
  139. ^ [id]=1875 東京スカイツリータウンにおける施設警備業務を開始しました”. ALSOK. 2012年3月2日閲覧。
  140. ^ 東京スカイツリー 竣工式 NHKニュース 2012年3月2日
  141. ^ 地上375メートルのお天気カメラ、いざ本番 朝日新聞 2012年3月8日
  142. ^ スカイツリー、3月11日夜に点灯し追悼 スポーツ報知 2012年2月21日
  143. ^ 東武伊勢崎線の業平橋駅、3月17日から「とうきょうスカイツリー駅」に
  144. ^ a b 東京スカイツリー展望台、第一が「天望デッキ」第二は「天望回廊」 スポーツ報知 2012年2月9日
  145. ^ 東京スカイツリーから試験電波の送信が開始 市民電子情報網、JCA-NET サービス
  146. ^ 2012年3月26日放送 『みのもんたの朝ズバッ!
  147. ^ 幻想的に染まる雲 スカイツリー 読売新聞 2012年2月7日
  148. ^ スカイツリー隣接施設潜入で初の逮捕者「夜景見たかった」 スポーツニッポン 2012年4月18日
  149. ^ ご視察(東京スカイツリー)(墨田区) - 宮内庁”. 宮内庁 (2012年4月26日). 2016年4月12日閲覧。
  150. ^ 東武鉄道グループ、放送事業関係者、岡田克也副総理石原慎太郎東京都知事ら約100人。野村萬斎らが祝いの狂言を披露。根津嘉澄東武鉄道社長があいさつ。出典:読売新聞夕刊3版12面、スカイツリー周辺施設も準備万全 開業式典開催
  151. ^ 読売新聞 2012年5月23日 13S版1面
  152. ^ 雨空に浮かぶ天の川、スカイツリー七夕点灯 サンケイスポーツ 2012年7月8日 2012年10月3日閲覧
  153. ^ 東京スカイツリーご来場者数100万人を達成! 〜 「100万人達成記念イベント」を実施しました 〜 東京スカイツリー 2012年8月1日
  154. ^ TOKYO MX * 「東京スカイツリーからの試験電波発射について」
  155. ^ a b c スカイツリー切り替え時、想定外の受信障害も 読売新聞 2012年11月2日 13S版28面
    受信障害16万件か…TV電波スカイツリー移行 読売新聞 2012年11月2日 夕刊3版18面
  156. ^ a b 在京テレビ6社、試験放送番組による「東京スカイツリー受信確認テスト」を実施 IT Pro 2012年12月8日
  157. ^ a b スカイツリーからの受信調査へ NHK 2012年11月22日
  158. ^ ツリー展望台来場500万人、開業283日目(2013年3月1日)
  159. ^ スカイツリーと台北101が友好関係締結 サンケイスポーツ 2013年5月14日
  160. ^ スカイツリーおめでとう1歳 きょうセレモニー(東京新聞)
  161. ^ 東京スカイツリーが特別ライティング 開業1周年の夜を彩る(フジニュースネットワーク)
  162. ^ a b スカイツリーへの送信所移転、31日に 総務相が容認表明 日本経済新聞 2013年5月24日
  163. ^ a b スカイツリーへ電波切り替え、31日午前9時に 読売新聞 2013年5月24日
  164. ^ a b 地デジ送信の東京スカイツリー移転は5月31日午前9時 AV Watch 2013年5月24日
  165. ^ 31日午前9時 スカイツリーから送信開始 nikkansports.com 2013年5月31日
  166. ^ 東京スカイツリー、展望台来場者が累計1000万人突破 日本経済新聞 2013年12月6日
  167. ^ 消費税率の改正に伴う東京スカイツリー®入場料金の改定について (PDF) 東武タワースカイツリー株式会社 2013年12月9日
  168. ^ 松田聖子が30年ぶりにラジオでレギュラー 日刊スポーツ 2015年9月8日
  169. ^ スカイツリー、来場2千万人突破 開業から3年半で 47NEWS 2015年11月9日
  170. ^ 新タワーの建設地が墨田・台東エリア(押上・業平橋地区)に決定しました (PDF)”. 東武鉄道、東武タワースカイツリー (2006年3月31日). 2009年5月25日閲覧。
  171. ^ a b c “新宿の超高層タワー計画 運輸省、JRに「待った」「将来の飛行経路に支障」”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2001年) 
  172. ^ AKIBAXで第2東京タワーの模型が展示中、内部は意外に詳細”. AKIBA PC HotLine!. Impress Watch (2001年7月20日). 2006年12月4日閲覧。
  173. ^ 県、新都心に病院構想-マイタウン埼玉 朝日新聞 2011年5月20日閲覧
  174. ^ a b c 網代太郎『新東京タワー-地デジとボクらと、ドキドキ電磁波』(緑風出版 ISBN 978-4846107116 2007年8月)
  175. ^ デジサポ 総務省テレビ受信者支援センター地デジ Q&A(アンテナの向きについては、送信所の方向が違う場合は、アンテナの向きを調整する必要があります。)
  176. ^ 情報通信審議会 情報通信政策部会 地上デジタル放送推進に関する検討委員会(第42回)
  177. ^ 水島朝穂 どこからでも見える「塔」の記憶--東ベルリンテレビ塔と東京スカイツリー 2010年8月23日
  178. ^ 新タワー候補地に関する有識者検討委員会 答申 (PDF)”. 墨田区役所拠点整備課 (2005年3月31日). 2010年12月26日閲覧。
  179. ^ 地元民から悲鳴 「来春まで耐えられねぇ」 日刊ゲンダイ 2011年1月7日(リンク切れ)
  180. ^ 墨田区新タワー調整課 NEWS TOKYO 2011年7月20日
  181. ^ “観光客のマナーめぐり住民と摩擦「一緒に街をつくる意識で」”. MSN産経ニュース. (2012年5月23日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/120523/trd12052320030015-n1.htm 2012年5月25日閲覧。 
  182. ^ 新タワーの問題点 2011年1月25日閲覧(苫米地英人2010年『あなたは常識に洗脳されている』大和書房 ISBN 978-4-479-79299-4
  183. ^ 2/2 東京スカイツリー雪化粧、雪片落下(動画) 2010年2月2日 2010年3月10日閲覧
  184. ^ スカイツリーから雪の塊 住宅・倉庫の屋根、車が破損 - asahi.com
  185. ^ スカイツリーの積雪見張る…監視カメラ公開 読売新聞 2012年11月20日 夕刊3版15面
  186. ^ スカイツリーのエレベーター、強風で停止 第2展望台、早めに営業打ち切り 日本経済新聞 2012年5月22日
  187. ^ スカイツリー2周年前に来場者数伸び悩み 年40日の「展望台休止」大きく響く J-CASTニュース 2014年5月6日
  188. ^ 業平橋押上地区開発事業(新東京タワー)に伴う電波受信障害について かすみがうら市環境保全課 2009年6月22日閲覧
  189. ^ (44)あと278日の回 - 東京スカイツリーで電波障害が起きる? マイコミジャーナル 2010年10月19日閲覧
  190. ^ “スカイツリー:電波障害、想定以上…機能移転大幅遅れ”. 毎日新聞. (2012年10月28日). http://mainichi.jp/select/news/20121028k0000e040163000c.html 2012年10月28日閲覧。 
  191. ^ “スカイツリー:電波障害対策100億円 NHK・民放”. 毎日新聞. (2012年11月2日). http://mainichi.jp/select/news/20121102k0000m040136000c.html 2012年11月2日閲覧。 
  192. ^ a b ツリー足元 受信障害 切り替え初日 墨田・台東・江戸川区2200件超Archived 2013年6月8日, at the Wayback Machine. 東京新聞 2013年6月1日朝刊社会面
  193. ^ 受信障害新たに2万7647件 スカイツリーで予想上回る MSN産経ニュース 2013年6月5日
  194. ^ 東京スカイツリー:開業1週間 来場者164万3000人、予想の1.5倍 ごみ、騒音問題も 毎日新聞 2012年5月30日
  195. ^ スカイツリーの景色絶賛 レディー・ガガさん 共同通信 2012年5月15日
  196. ^ a b 池田信夫 (2010年10月13日). “東京スカイツリーは21世紀のピラミッド”. 池田信夫の「サイバーリバタリアン」. アスキー・メディアワークス. 2012年6月23日閲覧。
  197. ^ 平成二十一年東京都議会会議録第十四号 桜井浩之議員の一般質問に対する答弁より
  198. ^ 特集ワイド:曽野綾子さんと考えた 東京スカイツリーなんて、いらない!? 毎日新聞 2012年5月21日 東京版夕刊
  199. ^ “Tokyo's Most Overrated Things to do”. Travel + Leisure (Time Inc.). (2015年11月30日). http://www.travelandleisure.com/articles/tokyo-overrated-things-to-do 2016年10月27日閲覧。. 
  200. ^ 怪獣絵師・開田さん、裏事情を披露「スカイツリー壊せない」 スポーツ報知 2014年2月28日
  201. ^ 劇場版『東京スカイツリー 世界一のひみつ』:角川映画
  202. ^ a b 毎日新聞』2012年5月18日付東京朝刊、29頁。
  203. ^ AKIBA SHUTTLE 運休のお知らせ (PDF) (ニュースリリース) - 日立自動車交通(2016年7月付)
  204. ^ 「こちら特報部 歌川国芳作 浮世絵に謎の塔 江戸の空にスカイツリー!?」 東京新聞 2011年2月22日朝刊 24-25頁
  205. ^ 本紙「ツリー前分室」あす開設「ツリー前分室」2010年8月7日開設 YOMIURI ONLINE 東京23区版
  206. ^ 東京村.com 読売江東支局スカイツリー前分室 2年間に45万人来訪 惜しまれつつ閉室”. 東都よみうり新聞社 (2012年7月13日). 2014年7月9日閲覧。
  207. ^ スカイツリー、完成時の634mに到達:東京スカイツリー特集:動画 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  208. ^ 「東京スカイツリー」の中国語訳は「東京天空樹」にあらず!? 2012/03/26(月) 16:46:01(サーチナ)

関連項目編集

外部リンク編集