メインメニューを開く

真部 脩一(まべ しゅういち、1985年 - 、福岡県生まれ)は、日本ミュージシャン、作曲家、作詞家、音楽プロデューサー[2]

真部脩一
別名 くそネジ[注 1]
真部デトックス脩一[注 2][1]
生誕 1985年????
出身地 日本の旗 日本福岡県
ジャンル ロックJ-POP
職業 ギタリスト
ベーシスト
作詞家
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
ベース
シンセサイザー
コーラス
活動期間 2005年 -
共同作業者 進行方向別通行区分
Vampillia
相対性理論
集団行動

目次

概要編集

大学生の時に、映像好きが高じて先輩が組んでいたバンド進行方向別通行区分のビデオ撮影をすることになり、その流れでギターとして参加するようになったのが初めてのバンド活動だった[2][3]

進行方向別通行区分がメンバーの就職活動を理由に一旦解散すると、身近な人間を集めて新たなバンド相対性理論を結成。自身も就職活動をしていたものの、すでにバンドが日常になっていたので、就職後も週末に遊びでやれるバンドとして作った。しかしメンバーの中に曲を書ける人間がいなかったので自分で作詞・作曲することになり、初期の楽曲のほとんどを手掛ける。また集めたメンバーの中にベーシストがいなかったので、相対性理論ではベースを担当している。思い出作りのつもりだったが、たまたま自主制作音源『シフォン主義』を置いてもらっていた下北沢ハイラインレコーズを訪れたレコード会社の人間からの誘いでプロのミュージシャンとして活動するようになる[2][3]

相対性理論を脱退後は、進行方向別通行区分、古都の夕べ、Vampilliaのコアメンバーとして活動しながら、フリーランスのミュージシャンとして、ハナエタルトタタンなどアーティストへの楽曲提供やプロデュース、CM映画音楽の制作などを手掛けるようになる[2][4]

正式にメンバーとなったVampilliaとは相対性理論時代に対バンした時に初めて出会い、バンドを続けながらアレンジを手伝ったりレコーディングスタジオに遊びに行ってディレクションを行ったりして交流を深めていた。諸事情で当時は頭から紙袋をかぶって顔を隠しながら「とんがりコーン」という名前でステージに立ってギターを弾いていた[4]

バンド集団行動を自身が中心となって結成。相対性理論脱退後はバンドはもういいという気分になっていたが、1人だけで仕事ができる状態になると自分以外の要素から生まれる別の音楽をやりたいと思うようになって始めた[5]

音楽性編集

言葉遊びを多用したシュールで独特のワードセンスを持ったどこか感傷的な歌詞を、ペンタトニックスケールを多用したオリエンタルで中毒性の高いメロディーに乗せる真部が作り出したポップミュージックの新しい方程式は、日本のポップスに大きな影響を与えた。[2][5]

相対性理論のメンバーとして初期の曲作りやサウンドプロダクションに大きく貢献。また世間的に「相対性理論っぽい」とされている「ペンタトニック[注 3] のいいメロディー」という要素は、進行方向別通行区分からの影響もある。進行方向別通行区分の曲作りはリーダーでボーカル・ギターの田中が行っていたが、アレンジはメンバーに丸投げだったため、そこで考えたギターのフレージングが、後の相対性理論にもつながる真部のオリジナリティーとして確立していった。田中のギターがあまりにもいろんな音を鳴らしすぎていたため、なるべく少ない音で効果的にリフを作る必要性にかられた真部が、民謡臭くなったりブルース臭くなったりしないような透明感のあるペンタトニックでフレーズを作れば格好いいのではないかと考えて曲を作るようになったからである。[2]

人物編集

  • 父が音楽好きで家に楽器があるような家庭だったので、4歳から10歳までピアノを習っていた[3]。小学生の頃からジャズが大好きだった父親のレコードを盗み聴きするようになる[2]
  • 生まれて初めて書いた曲は、相対性理論の「おはようオーパーツ[4]
  • 相対性理論の「テレ東」という曲を書いたとき、人生で一度だけ「曲が降ってくる」という体験をした。何の気なしに鍵盤を弾いていたらイントロから最後まで一気に書き上げてしまったというその体験が、自分の中ではとても大きく、モチベーションの拠り所になっているという[4]
  • 同世代のバンドの中で、純粋に感動したのは神聖かまってちゃんとVampilliaだけ[4]
  • 純粋に売れてるものが好きなので、学生の頃に心をつかまれたのは1990年代後半から2000年代にかけてのアメリカのヒットチャート[6]
  • 昔はイギリスのモノクローム・セットのような、アメリカのヒットチャートを独自解釈して違う土壌でやったら全然違うものになったというようなバンドがやりたかった[6]
  • J-POPで参考にしていたバンドはX JAPANJUDY AND MARY。本当に好きなことを突き詰めているように見えながら、ビジネスとしても成功していたイメージがあるので、それをロールモデルとしたものをやりたかった[6]
  • 西浦謙助とは真部が19歳くらいの頃に進行方向別通行区分に入ることになった時からの付き合いで、ドラマーが必要なときにまず最初に電話をかける相手。真部の中では、いわゆる“バンドメンバーの絆”のようなものを一番感じる人物。[5]

略歴編集

2005年頃、進行方向別通行区分のギタリストとして加入するが、メンバーの就職活動を理由に一旦解散。

2006年9月、相対性理論を結成し、ベーシスト兼コンポーザーとして活動を始める。

2012年3月21日、タルトタタンがシングル「しょうがないマイラブ」でデビュー。西浦謙助とともに同ユニットのプロデュースを担当。

2012年6月、相対性理論を西浦謙助とともに脱退[7]

2012年11月14日、ハナエがシングル「神様はじめました/神様お願い」を発売。真部は同シングルのプロデュースを行い、以降、2015年のアルバム「上京証拠」までハナエのサウンドプロデューサーを担当。

2013年、Vampilliaに正式加入。BiS戸川純をボーカルに迎えた「bombs」シリーズにおいて作詞と歌メロを担当する[8]

2017年、集団行動を結成。

作品編集

  • タルトタタン - シングル「しょうがないマイラブ」からアルバム「テトラッド」までの全作曲・プロデュース[9]
  • SKY-HI - 「糸」[注 4]の作曲。
  • ハナエ - シングル「神様はじめました/神様お願い」からアルバム『上京証拠』までの全作詞・作曲[注 5]・プロデュース。
  • IA - 「身代わりキボンヌ」[注 6]の作詞・作曲・編曲。
  • V6 - 「GOLD」[注 7]の作詞・作曲(編曲:トオミヨウ)。
  • 寺嶋由芙 ‐ 「天使のテレパシー」[注 8]の作詞。

CM音楽編集

作曲編集

所属グループ・ユニット編集

  • 進行方向別通行区分(2005年 - ) - 田中(Vo./Gt.)、真部脩一(Gt.)、西浦謙助(Dr.)、橋本アンソニー(Ba.)から成るインディーズバンド。前任のギタリストに代わって加入。真部の中学時代の先輩だった田中がリーダーで作詞作曲を行う[2]
  • 相対性理論(2006年 - 2012年) - 真部が声をかけて結成。2012年、脱退[注 9][注 10]
  • TUTU HELVETICA(2009年) - やくしまるえつことのユニット。
  • アゼル&バイジャン(2012年) - 真部脩一、西浦謙助によるプロデュース・チーム。ベースでアンソニー橋本が参加。タルトタタンをプロデュースした。
  • Gameni(2013年) - IAの「身代わりキボンヌ」をプロデュースした真部のユニット。ドラマーとして赤い公園の歌川菜穂が参加している。
  • 古都の夕べ(2013年 - 2014年) - 進行方向別通行区分のボーカル・田中とのユニット。2016年からは、田中のソロプロジェクトとなっている。
  • Vampillia(2013年 - ) - 総勢10人+αのブルータルオーケストラ[2]。2013年に正式に加入。
  • 集団行動(2017年 - ) - 真部が声をかけて結成。自身が中心となってバンドを結成したのは相対性理論以来10年ぶり2回目となる[5]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 進行方向別通行区分参加時に使用。
  2. ^ Vampillia参加時に使用。
  3. ^ 1オクターブに5つの音が含まれる音階。
  4. ^ 「SKY-HI presents FLOATIN’LAB」に収録。
  5. ^ 「神様お願い」を除く。
  6. ^ 「IA/02 -COLOR-」に収録。
  7. ^ 48thシングル「COLORS/太陽と月のこどもたち」に収録。
  8. ^ 6thシングル「天使のテレパシー」、2ndアルバム『きみが散る』に収録
  9. ^ 同年6月9日にバンドのオフィシャルサイトで発表されたライブの出演メンバーに真部と西浦謙助の名前がなく、『相対性理論のメンバーは流動的である』とされたのを最後に関係を終了した[10]
  10. ^ 真部自身は「相対性理論」のブランドは自分に属するものと思っていた[4]

出典編集

  1. ^ PROFILE | Vampiilia
  2. ^ a b c d e f g h i あの人の音楽が生まれる部屋 (2015年9月9日). Vol.25 真部脩一 (1/3). インタビュアー:黒田隆憲. CINRA.NET.. https://www.cinra.net/column/otoheya/vol25-1 2017年8月21日閲覧。 
  3. ^ a b c 真部脩一 (2015年9月7日). 真部脩一が考える、“相対性理論”以降のポップミュージック「やり残したことがあると感じている」. インタビュアー:神谷弘一. リアルサウンド.. http://realsound.jp/2015/09/post-4481.html 2017年3月21日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f あの人の音楽が生まれる部屋 (2015年9月9日). Vol.25 真部脩一 (2/3). インタビュアー:黒田隆憲. CINRA.NET.. https://www.cinra.net/column/otoheya/vol25-2.php 2017年8月21日閲覧。 
  5. ^ a b c d 集団行動 (2017年7月3日). 集団行動「集団行動」インタビュー (1/3). インタビュアー:橋本尚平. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/syudan 2017年3月18日閲覧。 
  6. ^ a b c 集団行動 (2017年7月3日). 集団行動「集団行動」インタビュー (3/3). インタビュアー:橋本尚平. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/syudan/page/3 2017年3月21日閲覧。 
  7. ^ 相対性理論が新曲公開、ライブは真部&西浦不参加の新編成”. 音楽ナタリー (2012年6月9日). 2016年8月3日閲覧。
  8. ^ Vampilliaリーダー&真部脩一登場!「ラッピングされてマーケットに乗り、それに耐えうるものがポップス」”. リアルサウンド (2014年4月9日). 2017年8月21日閲覧。
  9. ^ タルトタタン・テトラッド
  10. ^ 相対性理論が新曲公開、ライブは真部&西浦不参加の新編成”. 音楽ナタリー (2012年6月9日). 2017年9月1日閲覧。