メインメニューを開く

TOMZUIN H(トムズィン・エイチ、1970年 - )は日本の音楽家、音楽プロデューサー作曲家編曲家、エレクトロニック音楽演奏家。 本名 原田智弘(はらだ ともひろ)。TOMZUIN Hの名付け親は音楽家のホッピー神山日本大学芸術学部演劇学科卒業。

経歴編集

大学卒業まで編集

13歳よりシンセサイザーを所有、10代はバンド活動と並行してカセットMTRによる多重録音を行う。 大学在学時よりCM音楽作曲、サウンドプログラミングなどの仕事を経験。 大学卒業後20代前半は外部サウンドデザイナーとして楽器メーカーのシンセサイザー研究開発、サウンドプログラミングに携わる。

有限会社イニス設立編集

1998年姉原田雅子、矢野慶一らと有限会社イニス(現在の株式会社iNiS)を設立、マルチメディアコンテンツ、ゲーム、サンプリング音源ライブラリの開発を行う。 代表作はギタルマン(PS2)、ギタルマンLIVE(PSP)、サンプリング音源 FUELシリーズ(AKAIS3000、YAMAHA A4000、ACID)など。 サウンドプロデューサーを努めたギタルマンで音楽を担当したCOIL(岡本定義、佐藤洋介)に感銘を受け、その後COILの作品、元ちとせの作品にも関わる。 この制作活動をきっかけに宅録の原点に回帰、音楽にプライオリティを置いた活動するため独立、SONICA CO., LTD.を設立する。

有限会社ソニカ設立編集

2001年、音楽コンテンツ制作、サウンド&テクノロジー開発、ソフトウェアの開発をする会社、SONICA CO., LTD.を設立。 楽器メーカーへのコンサリューション、研究開発、商業音楽の制作受注を基盤にしながらも音楽アーティストとのコラボレーションを重視した活動に移る。

この頃、前述のホッピー神山との出会いもあり、様々なアーティストとの繋がりも増えた。同時にTOMZUIN H名義でのアーティストとしても活動を開始。

ディスコグラフィ編集

  • 『bird people』
    2004年、1stソロアルバムリリース。共同プロデューサーはホッピー神山。ゲストアーティストに原田郁子クラムボン)、ヤドランカBradford Reed、バンドウジロウ(exカーネーション)らを迎えた意欲作。箱庭的でないエレクトロニカとして好評を博す。
  • 『savon』
    2005年、ロボピッチャー京都町内会バンドでも活躍するベーシスト有田さとことの2人グループ『ANT★LION』を結成し、『savon』をリリース。TOMZUIN HによるRhodes(ローズ・ピアノとMinimoog(モーグ・シンセサイザー)の演奏と有田さとこの有機的なベースが合わさってサイケデリックなバンド指向のサウンドを打ち出す。
  • 『Ring』
    2013年、9年ぶりのソロアルバム「Ring」を発表。「長い音」をコンセプトに、ロングトーン、ポルタメント、レガート音を持ち味とする演奏家や楽器を主人公にオリジナリティ溢れる楽曲を構築。日本屈指のミュージカル・ソー演奏家・音楽家、サキタハヂメによるノコギリ演奏、雅楽界から先鋭的演奏家 石川 高によるの演奏、クラシック音楽界から作曲家でもある筒井香織によるクラリネット演奏、映画界からスーパーヴァイジング・サウンドエディター勝俣まさとしによるSound FX、大野雄二氏率いる「Lupintic Five」のメンバーとして頭角を現した天才ギタリスト和泉聡志によるエレクトリック・ギター、愛機「Prophet-5」が演奏家として参加。

アレンジ・プロデュース・外部演奏活動編集

作品のリリースがきっかけにシンガーソングライターの大木彩乃種ともこ笹野みちるニルギリスヨーコトリヤベFayrayアルケミスト、原田博行らからのオファーに応え、アレンジ、サウンドプロデュース、ツアー参加(キーボーディストとして)など積極的に関わる。 特に大木彩乃作品では作品づくりからライブまで深く関わり独特の音世界を築いた。

  • 元ちとせ
    2002年「ハミングバード」 エレクトロ・トラック・アレンジ、プログラミング。<シングル「この街」C/W>
  • 大木彩乃
    2005年「月とダンス」プロデュース/編曲/プログラミング/Mix
  • Fayray
    2006年「光」(TBSドラマ『笑える恋はしたくない』主題歌) 編曲・プログラミング。
    同年「ひとりよりふたり」(NHK連ドラ『いもたこなんきん』主題歌) 編曲/プログラミング。
  • リア・ディゾン
    2007年編曲家のha-jからの呼びかけで"Again and again" (アルバムDistiny Line収録)を共同アレンジ。
  • ジャニーズ事務所関連
    2007年JOHNNYS 2007ジュニアコンサート@お台場:オープニング 編曲(オーケストレーション)
    同年JOHNNYS World Wing 翼 Premium2007:劇中歌 編曲
    2008年JOHNNYS タッキー “滝沢演舞城”「星をめざして ジュニアバージョン」編曲 他多数
  • Eテレシャキーン!」
    2008年オープニング楽曲、キーボード参加。
    2009年「クラッパラ!」、TDエンジニアリング/キーボード
  • アルケミスト
    2007年メジャーデビューアルバム「ミズキリスタート」に編曲とサウンドプロデュースを担当。以後アルケミストの全作品のプロデュースとアレンジを努める。
    2011年積水ハウスCM 「積水ハウスのうた “僕らの街”バージョン」編曲
  • rica tomorl(ex 東京エスムジカ
    2008年ソロデビューアルバム「shell works」で2曲アレンジを担当。以後、永田"zelly"健志(音楽プロデューサー/ギタリスト)とともにrica tomorl作品に深く関わるようになる。

サンプリング音源開発編集

Sonica Instruments編集

運営するSonica社内にSonica Instrumentsを設立。得意とするサンプリング音源の開発をスタート。

  • 第1作「Japanese Taiko Percussion for BFD2.1」
    2008年、FXpansion BFD2.1専用ライブラリーとして世界初の和太鼓音源ソフトを開発。世界で販売され和太鼓音源の定番として評判になり、3D映像が大きな話題となった某ハリウッド映画内でも使用された。
  • 第2作「KABUKI & NOH PERCUSSION for BFD2.1 BFD Eco」
    2012年、歌舞伎の囃子に不可欠な鼓、大鼓、締太鼓、そして能管、かけ声(ヤ声、ハ声)、鳴り物(打楽器)の 他、足拍子や附け打ちなど56種の貴重な楽器を収録。

サウンドプロジェクション開発編集

ソラソレ堂編集

  • 2013年6月Sonica社内に音サイネージとサウンドプロジェクションを事業化する「ソラソレ堂」を設立。
  • 2013年8月、タケオキクチビル(渋谷区神宮前)内の西山逸成シェフのお店「RÉFECTOIRE」にて開催される「大人の文化祭」に初出店。平面波を出すTLFスピーカーなどを使って音を投影するという、新しい試みを開始。

外部リンク編集