メインメニューを開く

大野雄二

日本の作曲家、編曲家、ジャズピアニスト (1941-)

大野 雄二(おおの ゆうじ、:Yuji Ohno 1941年5月30日[1] - )は、日本ジャズピアニスト作曲家編曲家静岡県熱海市出身[1]

大野 雄二
別名 ピーター・ストーン
生誕 (1941-05-30) 1941年5月30日(78歳)
出身地 日本の旗 日本, 静岡県熱海市
学歴 慶應義塾大学法学部
職業 作曲家
編曲家
ピアニスト
担当楽器 ピアノ
レーベル バップ
共同作業者 You & The Explosion Band
公式サイト http://www.vap.co.jp/ohno/

日本テレビ音楽専属、フリーを経て、現在はバップ専属で活動している。

目次

来歴編集

青少年期編集

実家は静岡県熱海市の老舗旅館として知られる「ホテル大野屋」の創業家一族。小学生の時からピアノを初め[1]慶應義塾高等学校時代、同級生だった明石勇クラリネット担当、後にNHKアナウンサーとなる)らと「ジュニア・ライト・ミュージック」を結成[1]。同時期に、独学でジャズを学ぶ[1]慶應義塾大学法学部に入学後は、名門ビッグバンド「慶應義塾大学ライトミュージックソサエティ」に所属[1]鈴木"コルゲン"宏昌佐藤允彦らと共に「慶應のピアノ三羽烏」と呼ばれた。佐藤は『証言で綴る日本のジャズ史』の中でバークリーで学んだときに、慶應在学中に大野と「この音とこの音をかさねたんだ」「カッコイイ」と遊びながら和音をつくっていたときを思い出したと証言している。

音楽家デビュー編集

大学在学中、渋谷毅の推薦で藤家虹二クインテットに所属し、プロ・ピアニストとなる[1]。その後白木秀雄(大野のアルバム・デビューは、東芝から発売された白木秀雄クインテットでのLP『HIDEO SHIRAKI MEETS YUZO KAYAMA』)のバックを経て、自らのバンド「大野雄二トリオ」を結成する[1]

1970年代前半にピアニストを休業し、作曲家活動に専念[1]。テレビドラマや映画の劇伴やCM音楽を手がけ始める。

1976年、映画『犬神家の一族』の音楽を担当[1]。なお、『犬神家の一族』に主演した石坂浩二は慶應義塾高等学校・慶應義塾大学法学部の同級生であり、アルバム『音楽と幻想』をリリースしている。劇場公開時のパンフレットには、石坂が大野のレコーディングスタジオを訪ねた記事が掲載されている。2006年に同監督同主演で『犬神家の一族』がリメイクされた際も音楽監督は谷川賢作であったが、主題曲は前作と同じ大野の楽曲が使用された。

1977年には『ルパン三世』の音楽を担当[1]。同時期に、当時「ジャズロック」「クロスオーバー」と呼称されていたフュージョンのスタイルで楽曲を発表し始める。

You & Explosion Band編集

松木恒秀(G)、長岡道夫(Bass/SHOGUNミッチー長岡)、数原晋(Tp)、渡嘉敷祐一(Dr)、市原康(Dr)などと結成した「ユー&エクスプロージョン・バンド」はテレビ番組、松田優作に関わる作品が多い。テレビアニメでは『ルパン三世』『海底超特急マリンエクスプレス』など、テレビドラマでは『大追跡』『大激闘マッドポリス'80』など、松田優作主演の映画『最も危険な遊戯』に始まる遊戯シリーズの劇伴、バックバンドとして参加した松田のアルバム『Uターン』、後述の『24時間テレビ』のサントラ(クレジットは「大野雄二とユー&エクスプロージョン・バンド」)などがある。また、『犬神家の一族』に始まる初期角川映画3作品、テレビアニメ『キャプテンフューチャー』『ルパン三世 PartIII』は、バンドのレギュラーメンバーが参加しているが、原盤権が日本テレビ音楽(後述)ではないためクレジットではバンド名が異なっている。2015年放送開始のテレビアニメ『ルパン三世 PART IV』では数十年ぶりに「ユー&エクスプロージョン・バンド」の名義が使用され、市原康、渡嘉敷祐一、岡沢章(Bass)といった当時のメンバーが再集結した。

「ユー&エクスプロージョン・バンド」は大野の所属事務所であった日本テレビ音楽がプロデュースした作品で便宜的に使用される名義で、『ルパン三世』のセカンドシリーズでサントラを発売する際、名義が必要になったため形式的に名付けられたのが起源である。このため、制作作品に合わせて大野がセクションごとにミュージシャンを選抜し、恒久的なメンバーはいない。オリジナルアルバムとしては『SPACE KID』(2007年にCD化)・『FULL COURSE』などをリリースしている。後年の『ルパン三世』TVスペシャルのサウンドトラック録音でも、数原晋、杉本喜代志(G)ら、1970年代当時のメンバーも多い。

音楽性と特徴編集

大野の音楽は、当時国内最高水準にあったミュージシャンを惜しげもなく登用し、自身の鍵盤(主にフェンダー・ローズによるもの)に加え、リズムセクションにジャズ出身ならではのホーンセクション・ストリングセクションをアレンジするバンド編成で、従来の日本のフォークにない複雑な調性和音リズムを導入した。

劇伴の世界で名を馳せた大野であるが、しばたはつみ弘田三枝子ソニア・ローザといった歌手のプロデュースも手がけ、成功を収めている。これらの作品は1990年代にレアグルーヴとして再評価され、一時期はDJやコレクター達の間で沸騰した。

また、電子音楽のレーベル「トランソニック」主宰の永田一直によるドラムンベース・プロジェクト「FANTASTIC EXPLOSION」は、1970 - 80年代のTVCMなどの音ネタと共に、大野やYou & Explosion Bandが手がけた作品の多くをサンプリングして使用し、1990年代後半に話題となった。ルパン三世のリミックスアルバム「PUNCH THE MONKEY!」では「非常線突破」のリミックスを(YOU & FANTASTIC EXPLOSION MIX)と題し手がけている。

ルパン三世編集

ルパン三世を通じて山田康雄小林清志納谷悟朗らレギュラー出演者と交流があり、特に山田とは自宅兼スタジオ「STUDIO YOU」に招いて酒を酌み交わすほど親しい仲であった。1992年には、山田のCDアルバム制作で自宅スタジオを使い、劇中の台詞に「大野雄二」を呼ぶアドリブがある。1995年に山田が亡くなり、翌年のGWに公開された劇場映画第六作『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』並びに毎年恒例となっているTVスペシャルの第八弾『ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密』の音楽担当は辞した[注 1] が、翌1997年には復帰している。PS2専用ソフト『ルパン三世 ルパンには死を、銭形には恋を』では劇中やクリア特典にポリゴンモデルとしてカメオ出演している。

その他作品編集

テレビ音楽では主に日本テレビとNHKでの仕事が多い。『ルパン三世』の他には、NHK連続テレビ小説『マー姉ちゃん』『いちばん太鼓』、SFアニメ『キャプテン・フューチャー』、『おひかえあそばせ』にはじまる石立鉄男ドラマ、NHKの紀行番組『小さな旅』、特撮ヒーロー『星雲仮面マシンマン』、NHKテレビアニメ『学園戦記ムリョウ』、テレビドラマ『俺はご先祖さま』『外科医 有森冴子』、NHK報道番組「ニュースセンター9時」(2代目テーマソング)『海外ウィークリー』『サンデースポーツ』『ニュースTODAY』なども担当。フジテレビでは時代劇『戦国ロック はぐれ牙』、テレビアニメ『スペースコブラ』の主題歌(劇中音楽は羽田健太郎)を手がけた。映画音楽では『犬神家の一族』『人間の証明』『野性の証明』『黄金の犬』のほか、劇場版『義務と演技』、にっかつ映画『おさな妻』などがある。映像作品における共同作業者のひとりとして、音楽演出家・プロデューサーの鈴木清司がいる。

毎年夏恒例の日本テレビ24時間テレビ 「愛は地球を救う」の第1回放送(1978年)では、ピンクレディーの曲を除き、テーマ曲「LOVE SAVES THE EARTH」からコーラス曲、手塚治虫のアニメに至るまで、音楽監督的な立場で参加。第2回以降も大野の音楽は使用され、第14回まで携わった。

CM音楽では、「きのこの山」・「たけのこの里」(以上、明治製菓)・「レディーボーデン」(明治乳業、のちにロッテ)・「アイリス」(大正製薬)・エアコン「楽園」(松下電器)、セシールなど、数え上げれば枚挙に暇が無い。日産自動車グループの「世界の恋人」(作曲は芥川也寸志、歌はシンガーズ・スリー)のアレンジでも知られる。

イベントへの音楽提供としては1981年の「ポートピア'81」において神戸館の「神戸プラネタリウムシアター」の音楽を担当(アルバム『COSMOS』)や、ハウステンボスのエッシャー館の上映フィルムの音楽などがある。また、ファミリーレストランロイヤルホスト店内で、毎正時などに流れるオリジナル曲も担当し、長年にわたって使用されている。

大野雄二トリオ・Yuji Ohno & Lupintic Five編集

2000年代は作曲活動を極力抑え、井上陽介(Bass)、江藤良人(Dr)(Bassは2010年4月まで俵山昌之、Drは2007年3月まで村田憲一郎)とともに「大野雄二トリオ」として、また、2006年にはトリオに加え、松島啓之(Tp)、鈴木央紹(Sax)、和泉聡志(Eg)の3名を含む計6名で「Yuji Ohno & Lupintic Five」を結成し、全国でライブ活動を行っている(2015年末に一度解散)。 2016年には上記の松島・鈴木・和泉と、新たにドラムスに市原康とベースにミッチー長岡という大野の古くからの盟友2人、若手キーボーディストの宮川純をハモンドオルガンとして迎え、「Yuji Ohno & Lupintic Six」として活動を再開した。

2005年に発売されたアルバム『Made In Y.O.』は、大野のこれまでの曲を、全て再アレンジの上で新規録音された。大野はアルバム制作のため、ライブ活動を3ヶ月休止した。

楽曲提供アーティスト編集

主な作品編集

リーダーアルバム編集

劇場作品編集

テレビ作品編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ・特撮編集

その他編集

ビデオ作品編集

イメージ作品編集

ドラマCD編集

ゲーム音楽編集

その他編集

著書編集

受賞歴編集

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ この2作のみ根岸貴幸が担当

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k ガモウユウイチ「大野雄二」『昭和歌謡 職業作曲家ガイド』馬飼野元宏(監修/編集)・真鍋新一(編集)、シンコーミュージック・エンタテイメント、2018年4月15日、初版、190-191頁。ISBN 978-4-401-64371-4
  2. ^ 新「ルパン三世」ED曲は石川さゆり×つんく×大野雄二”. 音楽ナタリー (2015年8月26日). 2015年8月26日閲覧。
  3. ^ “作品ラインナップ”. 金曜ロードシネマクラブ (日本テレビ). https://kinro.jointv.jp/lineup/160108 2015年12月14日閲覧。 
  4. ^ NHK特集 富士山 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

外部リンク編集