TRAIN-TRAIN (アルバム)

TRAIN-TRAIN
THE BLUE HEARTSスタジオ・アルバム
リリース
録音 SONY ROPPONGI STUDIO
音響ハウス
ジャンル パンク・ロック
時間
レーベル メルダック
プロデュース THE BLUE HEARTS
谷川千央
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 登場回数44回(オリコン)
THE BLUE HEARTS 年表
YOUNG AND PRETTY
1987年
TRAIN-TRAIN
1988年
BUST WASTE HIP
1990年
TRAIN-TRAIN収録のシングル
  1. TRAIN-TRAIN
    リリース: 1988年11月23日
  2. ラブレター
    リリース: 1989年2月21日
  3. 青空
    リリース: 1989年6月21日
テンプレートを表示

TRAIN-TRAIN(トレイン トレイン)は、THE BLUE HEARTSの3rdアルバムである。

2007年に「アナログジャケット完全復刻!」として年内限定発売(再発)された。その後2010年に、25周年企画の一環で、再び期間限定で再発が決まった。

2011年1月12日に、結成25周年記念として、メルダック時代のアルバム3作品(THE BLUE HEARTSYOUNG AND PRETTYTRAIN-TRAIN)がデジタルリマスタリングされて、発売された。メルダック作品以降の作品はデジタルリマスタリングされて発売されたが、メルダック作品は長年リマスタリングされなかったため、ファンにとっては待望の一枚である。

内容編集

甲本と真島の共作が入っている。また、歌詞が共作ではあるが初めて河口作曲の歌が収録された。作詞クレジットの数で甲本が真島を上回る唯一のアルバムである。シングル「TRAIN-TRAIN」と同時発売。

プロデューサーの谷川千央のアイデアによりコンセプト・アルバム的な構成がなされた。汽車の切符をイメージしたジャケット・デザイン、汽車が疾走していくようなブルースハープソロから一曲目へと繋ぎ、最後の曲のあとには「TRAIN-TRAIN」のサビの一部と冒頭のハープのソロが再び流れる構成になっている。

前作までのパンク中心からブルースフォークカントリー等のルーツ・ミュージックを反映させた多彩な楽曲群、そして様々なゲスト・ミュージシャンが参加している。

収録曲編集

  1. TRAIN-TRAIN
    作詞作曲真島昌利
    歌詞カードではサビの部分が、「TRAIN-TRAIN 走ってゆけ」となっているが、CD及びライブなどでは、「走ってゆく」と歌われる。(しかし真島のコーラスは、「走ってゆけ」と歌われている。)
  2. メリーゴーランド
    (作詞・作曲:甲本ヒロト・真島昌利)
    甲本、真島の初の共作。「ドブネズミの詩」の中に真島の手書き文字で『金沢のボウリングで遊んで帰ってきた夜、僕とヒロトはメリーゴーランドを書いた』とある。
  3. 電光石火
    (作詞・作曲:甲本ヒロト)
    「ラブレター」のカップリング曲。
    88年の「PRETTY PINEAPPLE TOUR」中に発表された当初は音源化分の後にも歌詞があったが、ステージを重ねる内に歌詞が削られた。
  4. ミサイル
    (作詞・作曲:甲本ヒロト)
    NHK教育テレビ「人間講座」において、ねじめ正一が「言葉の力・詩の力」という講義にて取り上げられた。
  5. 僕の右手
    (作詞・作曲:甲本ヒロト)
    当初、ファンクラブの会報等で発表されていたタイトルは「僕の右手を知りませんか」だった。
    この歌のモデルになったのは、甲本の友人でハードコアパンクバンド「GHOUL」の「片手のパンクス」ことMASAMI(細谷雅巳、小学1年の頃、ダイナマイト遊びをして右手首から先を失い義手となった。89年にステージで倒れ、昏睡状態のまま92年9月に死去)といわれる。甲本は彼の追憶ライブに出演した際に、この曲を泣きながら歌っている。[要出典]映画『リンダリンダリンダ』の挿入曲。
  6. 無言電話のブルース
    (作詞・作曲:真島昌利)
    「TRAIN-TRAIN」のカップリング曲。
    真島の実話を元にしている。
  7. 風船爆弾(バンバンバン)
    (作詞:河口純之助・甲本ヒロト / 作曲:河口純之助)
    メジャーデビューして初めて河口が作詞作曲した歌。
    作詞は河口と甲本の共作という形になっているが、甲本が作詞したのは曲終盤の「明日に何が見える~」以降のみである。
    風船爆弾」とは実在した日本軍の兵器で、その詳細が書かれた同名の本を甲本や真島が読んでいた。
    本当は「恋は風船爆弾」というタイトルだったが、何かの手違いで「恋は」が取れてしまった。ライブ中の甲本は「恋は風船爆弾」と曲名を言う場合が多かった。
  8. ラブレター
    (作詞・作曲:甲本ヒロト)
  9. ながれもの
    (作詞・作曲:甲本ヒロト)
  10. ブルースをけとばせ
    (作詞・作曲:真島昌利)
    真島がメインボーカルをつとめる。
    ライブでは「マイク・タイソンみたいに~」の部分を「ジョージ・フォアマン」や「ウルトラセブン」に替えて歌われることもあった。
  11. 青空
    (作詞・作曲:真島昌利)
    アルバムの挿絵には楽曲にちなんだバスが描かれており、嘘つきの乗車お断りという英文が書かれてある。曲名は「あおいそら」と読むのが正式。
  12. お前を離さない
    (作詞・作曲:真島昌利)
    曲が終わると、最後にTRAIN-TRAINのサビの部分が流れ、次に頭の部分が流れる。