YOUNG AND PRETTY

THE BLUE HEARTSのアルバム

YOUNG AND PRETTY(ヤング・アンド・プリティ)は、日本のロックバンド、THE BLUE HEARTSの2枚目のアルバムである。1987年11月21日にメルダックよりリリースされた。

YOUNG AND PRETTY
THE BLUE HEARTSスタジオ・アルバム
リリース
録音 MUSIC INN YAMANAKAKO STUDIO
SOUND INN.
ジャンル パンク・ロック
時間
レーベル メルダック
プロデュース THE BLUE HEARTS
佐久間正英
チャート最高順位
THE BLUE HEARTS 年表
THE BLUE HEARTS
1987年
YOUNG AND PRETTY
(1987年)
TRAIN-TRAIN
1988年
『YOUNG AND PRETTY』収録のシングル
テンプレートを表示

2007年に、「アナログジャケット完全復刻!」として年内限定発売(再発)された。その後2010年に、25周年企画の一環で、再び期間限定で再発が決まった。

2011年1月12日に、結成25周年記念として、メルダック時代のアルバム3作品(THE BLUE HEARTSYOUNG AND PRETTYTRAIN-TRAIN (アルバム))がデジタルリマスタリングされ、発売された。メルダック作品以降の作品はデジタルリマスタリングされて発売されたが、メルダック作品は長年リマスタリングされなかったため、ファンにとっては待望の一枚である。

目次

内容編集

収録曲の約半分は、アマチュア時代からの曲。前作との違いはプロデューサーに佐久間正英を起用、真島がメインボーカルを務める曲が初収録、甲本のブルースハープの使用曲が多いこと、そしてキーボードの導入などが挙げられる。

このアルバムのための新曲は、「遠くまで」「星をください」「英雄にあこがれて」の3曲。収録予定が告知されていたインディース時代からの楽曲「窓をあけよう」「ほんの少しだけ」は収録を外され、そのまま未発表となった。

8ビート以外のリズムの楽曲が増えたことにより、レコーディング作業は難航。なかなかOKを出さない佐久間に甲本は、「ブルーハーツのレコードなんだから、等身大の技術でええんじゃないの」と弱りきるなど、このアルバムのレコーディングでメンバーは、自分達の技術不足を思い知ったという。

収録曲編集

  1. キスしてほしい (トゥー・トゥー・トゥー) (3:15)
    作詞作曲甲本ヒロト / 編曲:THE BLUE HEARTS)
  2. ロクデナシII(ギター弾きに部屋は無し) (2:15)
    (作詞・作曲:真島昌利 / 編曲:THE BLUE HEARTS)
    歌詞は真島が部屋を探していた際、不動産屋に尽く断られたという実話が元になっている。
  3. スクラップ (2:40)
    (作詞・作曲:真島昌利 / 編曲:THE BLUE HEARTS)
    収録曲の中では「ロマンチック」に次いで古い、ブルーハーツ結成時からの曲。
  4. ロクデナシ (3:18)
    (作詞・作曲:真島昌利 / 編曲:THE BLUE HEARTS)
  5. ロマンチック (3:50)
    (作詞・作曲:甲本ヒロト / 編曲:THE BLUE HEARTS)
    収録曲の中では一番古い。ヒロトの前バンド「ザ・コーツ」時代の曲。
  6. ラインを越えて (6:40)
    (作詞・作曲:真島昌利 / 編曲:THE BLUE HEARTS)
    初めてオリジナルアルバムで真島がメインボーカルをとった曲である。
  7. チューインガムをかみながら (2:43)
    (作詞・作曲:真島昌利 / 編曲:THE BLUE HEARTS)
  8. 遠くまで (3:21)
    (作詞・作曲:真島昌利 / 編曲:THE BLUE HEARTS)
    ライブで演奏されてきたレパートリーではなく、アルバム用の新曲としてレコーディングされた。
    それまでのブルーハーツには無いリズムで、ドラムの梶原は何度となく佐久間氏にダメ出しをされたと、当時、マネージャー・谷川氏は話していた。
  9. 星をください (3:01)
    (作詞・作曲:甲本ヒロト / 編曲:THE BLUE HEARTS)
    「遠くまで」と同じく、アルバム用の新曲。野外でのライブ・イベントで演奏される事が多かった。
    2000年に映画「不貞の季節」(原作:団鬼六、主演:大杉漣)の主題歌に起用された。
  10. レストラン (3:02)
    (作詞・作曲:甲本ヒロト / 編曲:THE BLUE HEARTS)
    85年結成当初から演奏されてきた曲で、ブルーハーツにとっては初めてのスカ・チューン。
  11. 英雄にあこがれて (3:50)
    (作詞・作曲:甲本ヒロト / 編曲:THE BLUE HEARTS)
    アルバム用に作られた新曲。ライブで演奏された際は間奏時にメンバー紹介が行われる事が多かった。
    2015年1月期の独立局系深夜アニメ『ローリング☆ガールズ』の挿入歌としてTHE ROLLING GIRLS(小澤亜李日高里菜種田梨沙花守ゆみり)がカヴァーしている。
  12. チェインギャング (5:58)
    (作詞・作曲:真島昌利 / 編曲:THE BLUE HEARTS)
    「キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー)」のB面曲。
    歌詞が問題となり、ファーストに収録されなかった曲。メジャーデビュー前の歌詞と少し違うバージョン。
    曲名はサム・クックの同名曲からとられている。
    後年SMAP中居正広がテレビ番組で歌い、話題となった。

参加ミュージシャン編集

脚注編集